2009年4月29日

鯉のぼり

鯉のぼりを買いました。勿論息子のために。
息子は三歳ですが、4月の中旬ごろ、母親に、うちの鯉のぼりは何時出すのと聞いてきたそうです。
近所で鯉のぼりを飾るおうちが出てきて、それを見て、暗に「買って」を遠まわしに言ったのか
子供のいるうちには、必ずあると思い込んでいるのか、
本当のところは定かではないのですが、
買わなくてもいいだろうと勝手に考えていましたが、
とにかく買うことになりました。
鯉のぼりさて、どのくらいの大きさの物を、どこに設置しようか。
地面にポールをどう固定するのか考え出すとこれが意外と簡単ではなさそうな予感。
地面がだめなら、ログハウスの家になんとか、固定すればいいやとゆう安易な考えで
五色吹流し3m、鯉3匹(最長のもの3m)ポール6mのセットを買いました。
ポール6mは正直短いです。「屋根より高い鯉のぼり♪~♪」になりません。
ポールを地面に固定するための杭もつなげて使って7m
地面より2m程度高くして建物に固定して9m
やっと、「屋根より高い鯉のぼり♪~♪」になりました。
さていよいよ、吹流し、鯉3匹の取り付けです。
吹流しを高くしすぎると矢車にあたる。
低くすると屋根に鯉がこすれる。
吹流し、鯉3匹の間隔を狭くすると、上手く泳いでくれない、見栄えが悪い。
何度か修正してまーこんなもんだろうとゆうところで設置完了のはずだったのですが
しばらくして見てみると鯉がポールにからまっている。
ま、多少はしょうがないよと言い聞かせ仕事をするが、気になってしょうがない。
そんなこんなで、雨が降り、強風が吹きすさび、
とうとう、吹流しが矢車に何重にも絡み付くは、鯉もポールにからむはで、
みっともなくてしょうがない。
ロープを動かそうにも動かせなくて鯉を外すこともできない、
鯉のぼりを上手に泳がせるのは、実に難しいです。
しょうがないので、振り出し式のポールだったので設置した状態で
徐々にポールを短くしていき、鯉をはすしていき、
矢車に絡んでいる吹流しを地上4mのところで
必死にはずし、ポール等々も全部はずして最初からやり直しです。
まさに仕切りなおし。
吹流しや鯉がポールに絡まなくするにはどうしたらよいか、
どうも、ロープに結ぶやり方が良くないようです。
ロープに鯉の口を最大限近づけた方が絡みにくいのではなかろうかと思い、修正。
矢車と吹流しの間隔も若干広げる形で、再掲揚。
ようやく、上手に泳いでくれています。
やっと、気にならずに仕事ができます。
たかが鯉のぼり、されど鯉のぼり。
侮れません、初めてのことは何でも難しいです。

コメント

お疲れ様です。鯉のぼりを掲げられるのは、息子を持つ親の特権ですよね。四季の移り変わりが豊かな日本の季節の中でも、この時期は特別で、新緑と様々な花が咲き乱れて美しくまた気持ちの良い日々が続きます。青空に泳ぐ鯉のぼりを見るのはいいものです。最近では、不要になった鯉のぼりを集めて川などに渡して地域興しに一役買っている所も多いようです。当地、相模原市では田名の高田橋際の相模川に、1500匹の鯉のぼりが薫風に泳いでいます。これは有名ですよね。しかしあまり有名ではありませんが、藤野町佐野川地区の沢井川にも150匹のそれが陣馬山の麓の小さな部落の谷間に泳いでいます。我が家でも昨年まで7年間掲げていたのですが、今年から佐野川地区のその場所で仲間入りをさせて頂きました。たまたま知り合った地区の自治会長さんにお願いしたら、快く受け入れて下さったのです。5月3日に家族で見に行くつもりです。

→サンセットメモリーさんへ
コメントありがとうございます。
私が小さい頃、家には鯉のぼりが無かったので、息子が生まれた当初余り必要性を感じてなかったのですが、嫁さんのお母さんは、そのうち欲しがる様になるだろうと予想していたようです。
嫁さんのお兄さんが、4歳ごろそうだったらしいです。
実際揚げてみると、自分自身が揚げることにワクワクしたり、上手に泳いでくれてる姿をみて、一人で悦に入っている状態です。ひょっとしたら、息子より喜んでるかも?
うちのほうでも、南清里の道の駅でかなりな数の鯉のぼりを洗濯物干すように飾ってます。
保育園でも、色あせた、年季の入った鯉のぼりが垂れ下がってます。
全国的に流行みたいですね。

こんにちは 木を活かす職人さん

子供達が小さかったころ同じ様に気になっていた自分を思い出しました

うちは場所がなかったのでベランダタイプでしたが、可能な限り時期には揚げていました。
きっとお父さんの悪戦苦闘のシーンを子供さんは大きくなっても覚えていてくれるでしょう(^^)

→木仙人さんへ
こんにちは、ブログご訪問ありがとうございます。
>子供達が小さかったころ同じ様に気になっていた自分を思い出しました。
やはり、同じですか。ちゃんと元気に鯉が泳いでるのを子供に見せたいですからね。
子供には、愛情をかけてやればそれなりに返ってくると思ってがんばっています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)