ブログ”お誂えの家具”タイトル画像
 

”お誂え品の製作作業場面をお伝えするブログ”

 

 ”活木工舎”のお客様にご注文品のオーダー家具が完成に至る過程をお伝えしていきたいという思いで綴っています。(記事掲載に際し、事前にお客様からの承諾を得ております。)
 実際に"木を活かす職人"がどんな仕事をしているのか、またどんな過程を経て家具が出来上がるのかご覧ください。 -”お誂えの家具”ブログ開設への思い-

<掲載対象について>
 誠に勝手ながら対象抽出は製作者の判断を第一に優先し、かつ施主様にご了承頂いたものに限り掲載しております。
 当ブログ掲載以外のご注文の製作場面につきましては不定期ですが店長ブログ「森の家具工房in山梨」においてもご紹介しております。併せてご高覧くださると幸いに存じます

-無垢を使った手づくり家具木工房活木工舎-
-活木工舎の家具職人ブログ”木になる木の話”-


2010年4月15日

タモのパソコンデスク製作場面(7) 納品後 

M様

 寒暖差のある日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
 先日は写真撮影の件、ご快諾頂きましてありがとうございます。

  改めましてこのたびは デスクトップ型パソコン対応のデスク・ワゴンチェスト・椅子の3点をセットの製作ご注文を賜りましてありがとうございました。

  お部屋にすっかり馴染んでいる様子に、とても嬉しくなりました。
  実際に配置され、ご使用頂いている状態を拝見できましたこと感謝いたします。
  100409オーダーパソコン用デスクセット施主様宅にて  メールで頂いたご感想で、使い勝手や室内空間との調和にご満足いただけるものとなり、私共としてもお客様のご要望を叶える事ができましたこと安堵しております。 

  オーダー家具は施主様のご要望を受けて、具現化するお手伝いをする仕事。
  まさに施主様側のお考えと共に一緒に初めて生み出された家具
  お客様の想像力をお借りしながらの製作です。
   
  撮影をしながら、デスクを板脚になさったことの意図が伝わってきました。
  実にすっきりした印象を与えてくれます

 こちらのオーダー家具製作は活木工舎事例集 オーダー製作パソコン用デスクに掲載しております

2010年3月17日

タモのワゴンチェスト製作場面(7) 納品前(完成)

M様

 パソコンデスクとご一緒にお使い頂くワゴンチェストですが、こちらも完成いたしました。

 ご注文賜りましたパソコンデスク本体、ワゴンチェスト、MOMOチェアの3点を一緒にセッティングをして撮りたいところですが、ご納品の折に実際にお手に触れてご確認頂く日までのお楽しみとさせていただきます。
 
 やはりお使いになる室内空間においてこそ、家具が生きてくるので その瞬間の日までこのままお預かりいたします。 

ワゴンチェスト完成品
ワゴンチェスト引き出し 金具スライドレール採用

タモのパソコンデスク製作場面(6) 完成(納品前)

M様

 今朝は晴天の青空に南アルプスも八ヶ岳が映え、眺めていると気持ちが良い1日の始まりとなりました。
 このたびは早々にお気遣い頂きましてありがとうございます。

 長らくお待ち頂きましたが、ご注文賜りましたパソコンデスクを含め全てのお誂え品が完成しました。 
 先に昨年末に作り終えたMOMOチェア(タモ仕様)とご一緒にお納めできる日が近付いているかと
思うと、感慨深いです。

 作業場での撮影でライティングに問題がありますが その姿を少しだけ
パソコン用机(パソコンデスク)

デスク引き出し

2010年3月16日

タモのワゴンチェスト製作場面(6)

M様

 すっかり陽気で春霞となり、朝のうちだけ南アルプスの眺望を楽しんでおります。
 当地では先日の大雪の名残り雪も解け、ぽかぽかとして日々を過ごしています。

  塗装を終え、昨日午前中からワゴンチェストの引き出しの取っ手や金具スライドレール取り付け作業を済ませ、午後にはご注文賜った全てのお誂え品の組み作業を終え、完成いたしました。
  (完成品の姿の撮影は明日の予定です。)


 昨日の作業より
ワゴンチェスト スライドレール取り付け作業後 
 乾燥を終えたワゴン取っ手
引き出し取っ手材

これを引き出しの箱に取り付けます
取っ手取り付け

 この後、私が県デザインセンター主催セミナー受講で外出してしまい、完成品に仕上げる組み作業場面を撮影できませんでした。
 大変申し訳ございません。

2010年3月11日

タモのワゴンチェスト製作場面(5)

M様

 間があいてしまい申し訳ございません。
 その後お変わりございませんか?
 春の陽気から一転して寒が戻り、また温暖にとめまぐるしい3月となりました。
 当地では小規模ではありますが梅が数本ごとにまとまって植えてある場所が、あちらこちらにあり梅花が賑やかな里山を楽しむことができます。

  さてお誂えのワゴン、デスクですが、先日1回目の塗装を終え、乾燥期間に入っておりましたが、本日いよいよ2回目の塗装に入ります。

これは1回目塗装後の"引き出し前板部分"

引き出し前板一回目塗装後 
前板の塗装を終え乾燥後は、無塗装の"引き出し箱部分"と組むことで、引き出しが完成となります。
1003引き出し箱無塗装

2010年3月 1日

タモのワゴンチェスト製作場面(4)

M様

 今日は3月1日。新しい月のはじまり。
 先日はわざわざ遠方よりお越し頂きましてありがとうございます。
 まだ製作過程ではありますが、途中経過をご確認頂ける貴重な機会となり、製作者共々嬉しかったです。

  ちょうどお越し頂いている時にしていた引き出しの各構成部材の面取り作業を終え、今日は箱の組み作業に入りました。
引き出し組み作業1
 釘打ちを済ませるとプレス機で圧をかけます。
 その後の確認作業(直角になっているかどうか)をしています。↓
100301引き出し組み直角確認
  引き出しの箱が組み終えた姿です。
ワゴン引き出し、机引き出し さらにサンドペーパーや工具トリマーなどで仕上げていきます。
引き出し箱もの作業 まだこの段階では引き出しの正面となる側に前板は組まれていません。
 

2010年2月24日

タモのパソコンデスク製作場面(5)

M様

 春の陽気でストーブも消して日中を過ごしております。

  今日は少しずつ構成部材をパーツごとに組み始めています。
200224机構造

面取り  工具トリマーで面取りをし、サンドペーパーを手にサンディングしながら仕上げていきます。
100224面取り加工

2010年2月23日

タモのパソコンデスク製作場面(4)

M様
 
 お待たせしております。
 すっかり春の陽気となり、思わずチューリップの芽がどこかにいないかと探してしまいました。
100222天板加工
 天板を含めて構成部材となるよう加工が続いています。
 
 トリマー、ルーターなどといった電動工具も用いますが、下のような手道具も使って作業しています。
手道具類
 木取りして木造りで仕上げ寸法にした材を加工していきます。
 構成部材はこれ以外にもあります。一つずつ確認しながら進めております。
構成部材加工
これらが揃い、組み作業を済ませるとお誂え品の姿が見えてくるようになります。

 あともう少し、お待ちください。

2010年2月19日

タモのパソコンデスク製作場面(3)

M様

 大変お待たせしております。
 本日より製作が再開いたしました。

 デスクやワゴンチェスとの構成部材の荒木取り、木造り作業をしています。
 いろいろ機械の間を動き回って作業しています。

 昇降盤で材を裁断
 
20100219昇降盤作業
  下画像 奥: 手押しプレーナーで作業 手前:既に準備した構成部材の一部
100219荒木取り・木造り
自動プレーナーで面をプレーンに整えています
作業自動プレーナー
 

2010年2月15日

タモのパソコンデスク製作場面(2)

M様

 朝から小雪が舞っていますが、積もるほどもなく地面に着くや解けていき、ただ寒の戻りを感じております。
 さて、先日荒木取りを済ませた材は"接ぎ"工程に進みました。
 
100210接ぎ1 
 接着剤(ボンド)をつけ、固定するよう締めて乾燥させます。
 乾燥後に工具"バンカキ"で接ぎ合せた箇所を削ります。
 そして更に鉋で削って仕上げていきます。
100210接ぎ2 メールでお伝えしましたように、こちらの作業を少しお休みします。
 ここから先は作業再開しましたらご案内いたします。
 

2010年2月10日

タモのパソコンデスク製作場面

M様
 昨日は啓蟄のような暖かさで緩んだ土。
 今朝はどうやら雀達もおいしいご馳走を見つけたようで庭の土をくちばしでつついて8羽の連隊で朝食を摂っていました。

 今日は工房では、ワゴンチェスとの引き出し部分とパソコンデスク用の木取り作業に入っております。
 荒木のタモ材を大まかなサイズに荒木取りをし、木造り作業と並行しながら木取りを済ませていきます。
100210木造り 手押しプレーナーにて
 横切り盤で材を切断した後は、手押しプレーナーと自動プレーナーで材をプレーンな状態にしていきます。上の画像の手前は手押しプレーナーの機械です。
100210木造りを終えた材
 そして更に昇降盤も用います。
 大まかに荒く木取りをした材を、家具製作の実際の仕上がりサイズとなるように微調整しながら
木取り作業を進めていきます。
100210木取り作業
 これらの作業で工房は機械音と木材が切断される大きな音が響き渡ります。
100210荒木取りから木取りへと

2010年2月 9日

タモのワゴンチェスト製作場面(3)

M様
今日は小春日和となり、庭の土はぬかるみふかふかした感触を楽しみました。

 ワゴンチェストの製作は、先日箱を組み終え接着剤の乾燥期間を経て、今日はサンディング作業を行っておりました。
100207kumi.jpg
 サンドペーパーを手に、また工具サンダーを用いてと。
 100209サンディング2 
面取りも含めて、ワゴンの箱全体を仕上げていきました。

100209ワゴン箱 サンディング仕上げ中
素手で仕上がりを確認しながら作業を
100209手で確かめながら 100209sanding3.jpg
この後は引き出し部分の製作に入ります。

2010年2月 6日

タモのワゴンチェスト製作場面(2)

M様

 当地では昨日より八ヶ岳おろしで冷たい強風が頬をさします。
 今日も晴天ではありますが、曇りがちで部屋の暖房も20度に設定していますが18度のままあがりません。

 昨日の工房から "接ぎ"をしていた場面です。
 100205接ぎ  100205接ぎ 接着剤乾燥中
上画像左)①接ぎ面に接着剤を塗布しています 
上画像右上)④この状態で接着剤を乾燥します。
上画像右下)③外しながらクランプを手入れ(付着した接着剤を拭き取ります)
下画像)②上画像左の作業のあと、クランプ、ハタガネを用いて固定させるために締めます。
 作業の順は①~④の流れです。レイアウトの都合でで前後しております
100205接ぎ ハタガネ・クランプ締める
 このあと鉋がけをし、材を整えていきました。

2010年2月 4日

タモのワゴンチェスト製作場面(1)

M様

  その後お変わりございませんか?
 大変お待たせしております。
 立春を迎え、梅の便りに少しずつ次の季節の訪れを感じております。

 このたびはご厚意を賜り納期までのお時間を頂きましてありがとうございます。
 お言葉に甘えて、弊舎家具工房の製作スケジュール調整を図りながらお誂えの家具の製作を進めております。
 既に椅子は塗装乾燥期間を終え完成しております。
 
20100204ワゴンチェスト木取り1 さて本日よりワゴンチェストの製作に入りました。
 まずは木取り作業となります。
  使用している機械は"横切り盤"です。材を載せた台を前後に動かし、
 横の回転している刃に材を当てて材を裁断します。
10020420100204ワゴンチェスト木取り2
 後の工程で木造りをして、実際の出来上がり寸法になるようにしますので、最初の段階は"荒木取り"となり後で切り落とすと言うか削り落とす余白を含めた寸法で行います。
20100204ワゴンチェスト木取り3

2009年9月19日

ウォールナットの子ども家具製作(34) 納品

W様

 先日の納品の際には、ご家族皆様いろいろとお心遣い賜りましてありがとうございます。
  
 翌日の大安吉日よりお使いはじめになられるとお伺いいたしましたが、いかがでしょうか?
 お写真でお子様の姿を拝見し、既にご自分の家具と自覚されていらっしゃることが伝わってきます。
納品 子ども用机・椅子 お客様デザイン 
ブラックウォールナット無垢材の天然固有の色合いも、長くご愛用頂く中で更に味わい深いものに経年変化していくことと思います。
 またお子さまのご成長の証として、たくさんの思い出も刻み込まれていかれることなど、とても楽しみですね。
納品 整理棚他
 W様ご夫妻がいろいろ試行錯誤なさって細部にわたり、デザイン・設計されたお子様用の家具。
 ご両親の想いを汲んだ家具をご愛用なさりながら成長されるお子様。
 その具現化のお手伝いを私ども活木工舎に託して頂きまして、ありがとうございました。
納品 ハンガーラック

このたびお誂えした"4種類の子ども家具シリーズ"は、施主様のデザインによるものです。
ぞれぞれの家具につきまして、活木工舎オーダー製作家具実例集の以下リンク先にて、
製作者のコメントと共に再度掲載ご紹介をしております。
お子様用机 お子様用椅子、 お子様用整理棚お子様用ハンガーラック

2009年9月15日

ウォールナットの子ども家具製作(33) お子様用椅子完成

W様

 お子様用の椅子です。
 デザインなさったイメージに近づけたでしょうか?

 特に椅子はアングルを変えるだけで広角レンズの影響で表情が違ってみえるので、実物をご覧いただく方が一番なのですが、三脚を低めに撮影してみました。

お子様用椅子1
お子様用椅子背面お子様用椅子2撮影時の光の関係で一番上の画像が実物の印象よりも明るくなっております。
椅子の背板にきれいな杢が出ているものを用いています。
 実は木造りされた材の時から、この杢の存在に撮影中に気付いて以来、私は完成した姿を特にとても楽しみにしていました。その光沢が美しくつい眺めていたくなる感じです。
とはいっても私のカメラの腕前では、画像では白っぽい横に帯状のものにしか写っていませんが...
 是非、実物をご覧になる時にご確認くださいませ。
子ども用椅子 脚・杢 お誂え品製作を無事完了いたしました。いかがでしょうか?
 恐れ入りますが、あとは納品日に実物でご確認くださいませ。

この後は、納品日に向けて自家用車に慎重に積載し、配達にお伺いする準備となります。
実際に、W様の室内空間で初めて息吹が吹き込まれる日まで、ほんのしばらく弊舎でお預かり致します。

ウォールナットの子ども家具製作(32) お子様用机完成

W様

 お子様の机です。
 
子ども用ウォールナット机1ご両親がデザインなさった世界でたった一つしかない机。
絵本を拡げたり、お絵描きやお勉強をなさっていくのですね。
時にはおやつはここで!となるかもしれないですね。
何よりもお子様の反応が一番楽しみですね。
幼児用机オーダー製作
お誂えの子ども用机

2009年9月14日

ウォールナットの子ども家具製作(31) お子様用ハンガーラック完成

W様

 お待たせいたしました。
 ハンガーラックです。背景のプレハブ倉庫内が雑然としており、申し訳ありません。
ハンガーラック完成1 ハンガーラック完成品2
 この画像ではわかりにくいのですが、実物にところどころ杢が出ている箇所があります。
 杢が放つ光沢もありきれいです。
ハンガーラック下部

ウォールナットの子ども家具製作(30) ハンガーラック用ポール

W様

 息子を寝かしつけていたら、私もついうたた寝してしまいました。
 さて、今日ハンガーラックの仕上げとして、ジョイントコネクターボルトで取り外せるようにしましたポールを取り付けました。
 
 ポールとダボ穴用の棒を今回の一連の製作作業の中で、遡ること8月19日に一番最初に加工しはじめていました。機械で16角になった状態の棒を面取りして丸棒に加工していきます。
 
ポール加工16角を削る1
ポール加工16角を削る2
このあと鉋がけをして丸棒に仕上げていきます。
同じようにダボ打った穴を埋める細い棒も作りました。鉋がけの様子の画像です。
細い丸棒を加工して作る
そして端はジョイントコネクターボルトに合わせて加工してから、ハンガーラック用の丸棒は単体で塗装し、本日ハンガーラック本体へに取り付けられたのです。
その完成した姿は次回掲載します。

ウォールナットの子ども家具製作(29) お子さま用整理棚完成

W様

 本日はメールを頂きましてありがとうございます。
 いろいろお心遣い賜り、お礼申し上げます。
 
 先ほど今回承りましたお子様用のお誂えの家具<整理棚、ハンガーラック、机、椅子>につきまして完成いたしました。いよいよ明日には配達の準備で、車載いたします。

 事前に、納品前の姿を、塗装工程を実施したプレハブ工房の方で撮影いたしました。

 まずは整理棚から。
お子様用整理棚お誂え家具完成品1
オーダー子ども用整理棚お誂え製作オーダー製作お子様用整理棚扉開 
W様ご夫妻でデザインなさったイメージ図が具現化した姿となりました。
撮影場所がくらいため、自然光があたっての撮影となりました為、実際の色みよりも明るく彩度明度が高めの画像です。
実物はオイル塗装でより、しっとり感のあるウォールナット独特の深い味わいのある濃茶です。

ウォールナットの子ども家具製作(28) 整理棚扉(框構造)

W様

 当地では昨日から秋晴れです。
 庭のコスモスも賑やかに咲き始めました。

 いよいよ納品日までカウントダウンとなりました。
 工房では途中まで組んだもの、部材それぞれの塗装期間を終え、本日は最終仕上げ作業をしています。
 午前中には、整理棚の背面をつけ、その後は扉を作り終えました。

 框組み構造の扉なので、あらかじめ組み終えた框に鏡板をはめ込みます。
ではその作業を
整理棚扉框
扉鏡板取り付け作業1扉鏡板取り付け作業2
扉鏡板取り付け作業4扉鏡板取り付け作業5 
そして蝶番金具を取り付けました
扉蝶番取り付け後

2009年9月11日

ウォールナットの子ども家具製作(27) ーオイル塗装2回目ー

W様

 当地では一段と冷え込みが厳しく、秋が深まっていくことを感じます。
 庭のコスモスも日を追うごとに1輪ずつ咲き始めました。

 工房では今日は2回目のオイル塗装をいたしました。

 1回目の塗装を終え、中一日乾燥させた状態で一度サンディングします。
塗装後のサンディング
そして2回目のオイル塗装をします。取っ手部分は細い筆を用いました。
引き出し前板塗装1
塗装したらすぐにウェスで拭き取ります。
引き出し前板塗装2
オイル塗装でしっとりとした深みのある色味となりました。

2009年9月10日

ウォールナットの子ども家具製作(27) ー整理棚 塗装ー

W様

 今日は当地では一段と冷え込みがきつくなりました。
そろそろ半袖では肌寒さを感じます。
 そちらはいかがでしょうか?

 昨日、このたびご注文賜りましたお誂えの家具の1回目のプラネットカラーオイル塗装をし、乾燥期間に入っています。
 塗装はプレハブで作業をしている為、光源が悪くため場所によって撮りにくいため、一部だけのご紹介となり申し訳ございません。
 
ということで、昨日撮影した既に塗装を終えた整理棚の扉の框組の部材 外枠と中です。
整理棚用扉の框組み枠
整理棚用扉の框組中央部材
そして整理棚の姿をお届けいたします。右手前にハンガーラックがあります。
 
整理棚塗装1回目また2回目の塗装の際に、撮影をいたします。

2009年9月 9日

ウォールナットの子ども家具製作(26) ー子ども用椅子 塗装

W様

 さて今日の塗装作業より。

 お子様用の椅子の塗装作業場面からお届けします。
 ウォールナットは特に塗装をすると、塗装前の雰囲気とは一転します。

 それがW様にお伝えできるようにわると思いながら撮影しましたが、どうでしょうか?

子ども用椅子 ウォールナット 塗装1
子ども用椅子 ウォールナット 塗装2 そして塗装後(さらにウェスで拭き取った)姿です。

子ども用椅子 ウォールナット 塗装3

これは第一回目のプラネットカラーによるオイル塗装となります。
 

ウォールナットの子ども家具製作(25)ー子ども用机 引き出しー

W様

 こんにちは。
 ご連絡ありがとうございました。

 申し訳ございませんが、実作業に1日遅れで掲載しています。
 今日は、1回目のオイル塗装をしました。その作業は次回掲載します。

 昨日お子様用の机の引き出しを組んでいる作業をしている場面を撮りました。
子ども用机の引き出し製作ハタガネで固定しながら、釘を打っていきました。
引き出し↑その完成した姿は、今日塗装直前に撮りました。

2009年9月 8日

ウォールナットの子ども家具製作(24)ー整理棚 扉取っ手ー

W様

 日中は未だに蝉の声を、夜は草むらに住むキリギリス系の鳴き声を耳にし、季節の終わりと始まりを感じます。

 さて、工房では整理棚の扉や引き出しなどの製作に入りました。

  普段作りなれている活木工舎オリジナル家具製品とは異なりオーダー家具製作は、初めて作る一品限りのものという性質上、工房で職人は緊張を高め集中して取り組むため空気が張り詰めていることが多くなります。
 ここ数日は工房に何となくその雰囲気が強く受け止められ(私の問題ですが)、ショット数が落ちております。申し訳ございません。

  昨日、扉の框組みの加工を済ませた部材に、取っ手の加工をしました。
框組扉 取っ手加工準備1
框組扉 取っ手墨付け準備2↑取っ手部分の墨付けを行うため、図面を確認しながら印付けを行う準備場面より。

框組扉部材加工↑工具トリマーで面取り作業中。

框組扉 取っ手加工

2009年9月 7日

ウォールナットの子ども家具製作(23)ーキッズチェアー

W様

 いかがお過ごしでしょうか?
 日を追うことに日の入りが早くなっていくことを毎夕感じます。

 先日のお子様用の椅子製作の続き作業場面です。
椅子部材サンディング
 サンドペーパーで面取りした部分をさらにサンディングします。
子ども用椅子組み
 そして組みました。
 クランプで留めて固定させています。

 

2009年9月 5日

ウォールナットの子ども家具製作(22)ーキッズチェア 面とりー

W様

 今日は快晴でしたが、徐々に曇り空になってまいりました。
 蝉時雨も少しずつ音が小さくなり、蜻蛉が舞う空は秋空。
 工房の庭のコスモスがようやく1輪だけ開花しました。

 
 キッズチェアの面とり作業場面をお届けします。
 
椅子面取り作業1  トリマーという工具を用いて作業を進めますが、
 箇所によっては必要に応じて、鉋やサンディングも併用しているようです。
面取り 鉋がけ

サンデディング
トリマー使用  これがトリマーです。

ウォールナットの子ども家具製作(21)ーキッズチェアー

W様

 昨日の停電中は、工房ではカンナの刃砥ぎをしている最中だったようです。

 キッズチェアの製作にも取り掛かかりました。
 背板の加工をしている場面から
キッズチェア背板部材サンディング1サンディング
キッズチェア背板部材サンディング2そして鉋がけです。
道具鉋

鉋はこのような複数種類を駆使して、一番目の画像の部材が、下の画像のように加工されます。
キッズチェア背板部材鉋がけ1キッズチェア背板部材鉋がけ2キッズチェア背板部材鉋がけ3 ウォールナットは硬い材ということもあり、作業の途中で鉋の"刃"の砥ぎもしながら作業が進んでいきます。

2009年9月 4日

ウォールナットの子ども家具製作(20) ー机ー

W様

 こんにちは。
 今日は天候が不順な1日でした。 
午前中に雷鳴はしていたのですが、さほど気に留める程でもありませんでしたが、17時半頃には稲妻と雨音が激しくなり、ほんの数分程度停電してしまいました。

 お住まいの地域はいかがでしたでしょうか?

 さて、工房では今日はデスクの製作に入っておりました。
机部材のサンディング工程1組み作業に入る前に、各構成部材のサンディングをし
机部材のサンディング工程2組みながらハタガネやクランプで固定をしていきました。
子供用机の組み作業より1
子供用机の組み作業より2
 組み作業の時は、製作者の頭の中では、思い描いている作業手順のイメージがあるので、その集中が切れないよう、工房への立ち入りも手短に済ませました。
 ついては、未撮影の割愛されている作業工程がございますことお許しくださいませ。