お誂えの家具 で“SRチェア”タグの付いているブログ記事

2008年3月23日

ぷれっちぇる様お誂えの家具

天然酵母パン教室/天然酵母と国産小麦の自然派パン工房ぷれっちぇる様

このたびは、お誂えの家具である
”パン教室作業台兼ダイニングテーブル”と”ダイニングチェア”の家具製作のご注文を賜りましてありがとうございました。

メープル材のぷれっちぇる様のオーダーテーブルは、パン教室としての使途を考慮し、樹種選択に際しては、木の性質として導管が少なく、粉など目詰まりしくにいものとして、数種ご提案をした経緯がございます。
メープル材をお選びいただきましたが、いかがでしょうか?
2ヶ月前に遡りますが、とても最適、最良な選択をして頂けたと考えております。
活木工舎樹種見本”メープル”に以下のように掲載しておりますが、
木目はおとなしく通直な物が多いが、木理が波を打ち、あたかもデコボコしてるような立体感のある独特な木目の物もある。

pmatable.jpg画像では実際の美しさをお伝えできないのが残念でなりませんが、独特な杢目がきれいな部分があるテーブル天板に仕上がりました。
きっと、今後どんどんお使いになられる中で、無垢の木も経年変化で味わい深いものになっていくと思います。お気に召して頂けたこと、とても光栄に存じます。
 是非、ぷれっちぇる様のパン教室を受講される方がいらっしゃいましたら、杢目をご覧頂けると嬉しいです。

活木工舎オリジナルデザインのSRチェアは、ご要望にあわせた高さに仕様変更をいたしました。
高くなった分、オリジナルにはない足掛け部分を新たに設け、ぷれっちぇる様仕様のお誂え品となりました。
psr.jpg
まさに世界にたった一つのテーブルと4脚の椅子です。
天然酵母のパンと紡ぐ素敵な空間での主要なテーブルと椅子を、当工房にご用命くださりましたこと、また、ぷれっちぇる様やご家族、また教室受講の皆様にご愛用くださることに、深く感謝しております。
 そして木皿や雑貨等も併せてお求め頂きまして、ありがとうございます。
 
活木工舎の製品は、製作者である活木工舎代表赤石浩之が責任持って、可能な限り対応いたします。
今後とも、よろしくお願いいたします。
◆本製品の詳細ページご案内◆
◇テーブル家具等製品例>テーブル・座卓・デスク<オーダー>メープル材パン教室兼用ダイニングテーブル
◇椅子     家具等製品例 >椅子・ベンチ・スツール<オーダー>高椅子SRチェア仕様変更
製作者コメントが記載されております。併せてお読み頂けると光栄です。

2008年2月13日

天然酵母と国産小麦の自然派パン工房”ぷれっちぇる”様仕様モデル”SRチェア”(5)ー脚加工ー

天然酵母と国産小麦の自然派パン工房”ぷれっちぇる様”

現在工房では、組み作業に入り椅子らしく形になってきています。
(撮り貯めていますので、後日ご紹介します)

さて、今日は"脚作りの作業場面"をお届けします。曲面を持つ部材を仕上げていきます。
psr_ashi1.jpg
木取り作業で実寸よりも大きめに裁断し、ホゾ加工を済ませた後で、脚の曲線を持つ部分の加工をします。
上の画像の右側、これが背側の脚の構成部材(8本)です。
psr_ashi2.jpg psr_ashi3.jpg
図面を確認し、墨付けをしています。
psr_ashi4.jpg psr_ashi5.jpg
このあと、バンドソーという工作機械で裁断します。どことなくミシンかけに似ている体勢です。
裁断してから、鉋がけをし、更にヤスリを手にサンディングし、曲面を滑らかにしあげます。
 
psr_ashi6.jpg実は、椅子は構成部材が多いので、まとまってご注文頂けると作る際に、非常に効率がいいのです。
そのこともあって、4脚以上のご注文の場合、お値段の方をお勉強させて頂いています。
これが1脚だけだと、手間がかかってしまい工数的に割り高に...(泣)という世界なのです。

psr_ashi7.jpg




2008年2月 8日

天然酵母と国産小麦の自然派パン工房”ぷれっちぇる”様仕様モデル”SRチェア” (1)

天然酵母と国産小麦の自然派パン工房ぷれっちぇる様へ
 srchair.jpg 大変お待たせしております。 
天然酵母と国産小麦のヘルシーパン教室開校に向けて、ご準備の日々。いかがお過ごしでしょうか?
 パン教室でお使い頂くことを主眼となさったメープル材のテーブルとダイニング用椅子”SRチェア”のお誂え品のご注文を賜りありがとうございます。
今月初旬から、ご注文のお誂え品のまずSRチェア(セミオーダー)の製作から、取り掛かり始めました。
 
 製作作業の工程に合わせて、可能な限り撮影をしていきます。
作業を全て撮る事が時間的に困難の折は、途中工程が飛んでしまいますが、文章で埋めていければと考えております。

 よろしくお願いいたします。
 
 
 楽しみにして頂いているのに関わらず、本ブログの立ち上げが当初より遅れてしまいましたこと合わせてお詫び申し上げます。撮り貯めた画像を早めにアップしていく所存です。