森の家具工房 in山梨で“自由学園幼児生活団通信グループ”タグの付いているブログ記事

2011年11月26日

自由学園幼児生活団通信グループ

  来年から開講される自由学園幼児生活団通信グループのご案内です。

  自由学園幼児生活団通信グループ2012年春開講案内リーフレット 当時息子が3歳。保育園の年少組に進級する春、親子で一緒に造形的なことに取り組める通信教材を探して出会ったのが雑誌"かぞくの時間"や"婦人の友"に掲載されていた"自由学園の幼児生活団通信グループ"の記事でした。心と体のひとり立ちをめざしている内容は、保育園帰宅後や休日の時間の家庭での生活習慣を促すことへの母として拠り所に感じました。 

  特にハサミ大好きだった息子にとって、"切る、貼る"作業を伴う教材として最適でした。

 月2回息子宛に送付される教材の生活習慣への励み表、その励み表に貼るシール替りの絵を切り抜き紙片にする作業があるのです。その絵は幼児生活団の子供たちの絵や、先生方の手書きイラストによるもので、絵本の絵を楽しんでいるようなウキウキした気分となります。手作りの教材だからこそ、携る先生方のお気持ちと温もりが、しっかり子供にも伝わっていました。

  手作りの教材は、美術教材の場合必要材料の紙や毛糸など小分けにセットされていたり、励み表の手書きイラストや手作りシールなど、多岐に渡ってとても手間がかかったものばかり。教材作り、印刷、封入など関わっている方達の思いが伝わってき、手作業で営まれている教材の魅力は小さな子供に温もりを与えてくれます。通学コースの幼児生活団の教材が生かされているので、遠方で通園することが不可能でも、良い教材と触れる貴重な機会となり、長く継続して存在してくださることに、とても有り難く思いました。

 教材に関しては自由学園幼児生活団通信グループのホームページ内で保護者の声と共に紹介されていますので、良かったらご覧ください。

 手洗い、うがい、歯磨き習慣、着替え、衣類のおたたみ、お箸などは既に保育園で仕込まれていたのですが、家庭では緊張感が抜けてしまい、甘えから取り組む意欲が減退していがち。 教材全ては完全にはできませんでしたが、折に触れて"励み"を意識するようになってくれました。受講対象年齢が、4歳、5歳向け限定された生活基礎習慣に対する通信教材ではありますが、息子自身が就学前のおさらいとして確認し、自己の成長を振り返って時々眺めています。

 今回、以前受講したことが経緯で、弊舎の工房にて少しだけ掲載画像のリーフレットなどを数部程度ですがお預かりしています。僅かですがお分けできますので、ご希望がありましたら弊舎工房まで直接お気軽にお立ち寄り頂ければお渡しすることもできるかと思います。

 ※リーフレット郵送、また内容については、弊舎では対応出来かねますので、恐れ入りますが、直接自由学園幼児生活団通信グループのホームページまでお願いいたします。

  自由学園幼児生活団通信グループ2012開講案内