森の家具工房 in山梨で“美術鑑賞”タグの付いているブログ記事

2012年2月18日

ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ展

 

 先月の末に原美術館で開催中の"ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ"展に行ってきました。

 会期が3月11日迄です。

 詳細は原美術館プレスリリースをご参照くださいhttp://www.haramuseum.or.jp/jp/common/pressrelease/pdf/hara/_jp_hara_pr_JMO_120112.pdf

 

2012janothoniel-hara1  2011年春にパリのポンピドゥセンターで開催されたジャン=ミシェル オトニエルの回顧展"マイウェイ"を原美術館の展示スペースに合わせて再構成されたものだそうです。

 大型立体のものもありますし、ガラスの作品が多く展示されているので、小さい子ども連れにとって手をつないで鑑賞する注意は必要です。

 プレスリリースに掲載の日曜・祝日の午後2時30分から学芸員によるギャラリーガイドに合わせて入館しました。ガイドは30分程度の案内だそうですが、大型立体作品の「ラカンの結び目」の前での説明が15分程経過したところで、6歳児は作品を見たくてウズウズしてきたので失礼しました。

 2012janothoniel-hara2.jpgガイドでは、オトニエル氏の初期から始まりムラーノ島のガラス工房で廃棄された端材ガラスとの出会いから生まれだした作品の経緯や変遷など、そして今回の展示にあたっての工夫なさっていることなど知ることができました。

 もし行かれるのであれば、庭に特別に展示している作品が午前中の陽光に照らされている姿が美しいそうなので、早めのお時間から入館されてみると良いとのことでした。

 

キラキラとして色が綺麗なガラス作品を鑑賞でき、また他の常設展示を楽しんで息子は大喜びでした。 どうもコンテンポラリーアートの方が息子をみていると直感的にピンと来るようです。

 同時開催の子ども向けワークショップ「ふしぎな現実」

会場入口で貸し出されるバーゴードのカードを会場内のカメラに向けると、モニタースクリーンに3D画像になったオトニエル作品が映し出されます。カードの角度を変えると立体的に楽しめるしくみです。またオトニエル作品の塗り絵を楽しめるコーナーもあります。

 

2012原美術館ワークショップにて