森の家具工房 in山梨で“木皿(パン皿)”タグの付いているブログ記事

2009年10月 7日

ただいま工房では ー木皿(パン皿)製作中ー

 個人のお客様を中心にお引き立て頂いている活木工舎の木皿製品。
 このたびご縁があって、京都にある某パン工房さまの新店舗オープンに伴って、什器としてお納めいたしました。 
 その店舗設計のコンセプトとして、焼きたてのパンが美味しく感じるシズル感を大事になさったそうで、その演出に多少なりとも木皿製品が貢献できているようです。 
 インターネットの数あるサイト、商品から活木工舎の木皿(パン皿)を見出してくださったデザイナー様に感謝しております。
 ということで、急に在庫が寂しくなりましたので、工房では木皿の新作製作に入りました。
木皿手彫り場面 忍び寄る老い。四十肩に悩まされながら(いやもう数年すれば五十肩になるのでしょう)、腰痛を抱えながらも、一人工房でノミを手に彫り進めます。
 ザクッザクッと音が一彫りずつ響きます。
 
この秋、無垢材の家具製作に携わって職歴満20年を迎える木を活かす家具職人です。
 木皿製作に伴う労力は加齢と共に辛さも加わります。
 実に家具製作の傍らで製作していることもありますが、手彫りの木皿は大量生産できない少量生産の商品です。
 手仕事をわかってくださる方、ご愛用くださる方へのお手元へとお届けしたい木皿です。
木皿製作手彫り場面2
現在、大型の台風に伴い既に被害に見舞われた地域の皆様もいらっしゃるかと思います。
お見舞い申し上げます。
 当地含め関東甲信越にもそろそろ近付いてきており、勢力が弱まってくれることを祈念するばかりです。