森の家具工房 in山梨で“幼児用テーブル・幼児用机・幼児用椅子”タグの付いているブログ記事

2009年7月 1日

子ども家具(スタッキングテーブル・椅子)

スタッキングした状態の  活木工舎では幼児用家具として、スタッキングが可能な子供用テーブル(机)と椅子の製品化をいたしました。
子供用くもチェア  こと保育施設の保育園や幼稚園、幼児教室など複数のお子様が集まる場でお使いいただく場合に求められる収納性としてスタッキング機能を意識しました。 
 またご家庭で兄弟姉妹のお子様達が使いになられる場合にも、"スタッキング"の利点を感じていただけることと思います。

 


子ども椅子と幼児用机
 子ども用のテーブルや机があると、絵本を拡げたり、おやつを食べたり、工作の作業台としてお絵かきや貼り絵、折り紙などに落ち着いて取り組むことができます。
 自分だけの領域。
 おもちゃを飾ってみたり、お店屋さんの台にしてみたり。
 また自分の身長に合った椅子だと、床に足をつけることも容易で落ち着いて座っているのでしょう。 
くもチェアの背面を前にして座る子供
  我が家では、息子を0歳児から保育園に預けています。
 おのずと保育園や幼稚園で使われている幼児用家具を使って毎日を過ごしています。
 幼児期の多感な成長の時期に、体に合ったサイズの子どもにとって扱いやすい家具を与えてあげることで、生活空間における自分の遊び場所や持ち物の管理領域などの意識も高まってくるのだろうと感じる次第。
 子どもサイズは子ども達にとって「自分で動かせる」「自分で椅子を引いたり押したり持ち上げることができる」ので自信にもつながり、また使っていて落ち着くようです。

 図書館の児童コーナーも子ども目線の高さに工夫されている所をよくみかけますよね。
 
 小学生以上になると一緒にダイニングテーブルでそれぞれが読書しながら一家団欒も増えてくると思いますが、幼児の時期はまだまだダイニングテーブルが高く感じてしまうようです。

<当商品のご案内>
スタッキング可能な幼児用(子ども)"KUMOくも"テーブル(机)製品詳細ページ
スタッキング可能な幼児(子ども)"KUMOくも"チェア(椅子)製品詳細ページ
(活木工舎の通信販売オンラインショップ"無垢クラフト"のHPへ移動します)