森の家具工房 in山梨で“ラベンダー”タグの付いているブログ記事

2012年7月18日

ドライラベンダー

 

 先月から庭のラベンダーの穂先のつぼみが膨らみ始め、季節到来。

 穂先の1つ咲くか咲きそうな微妙なタイミングを図って、1輪ずつ選んで午前中に収穫する日々が続きました。

 現在はラバンジン系のものがそろそろ終盤にさしかかっています。

ショールームでドライフラワー化 収穫しては、工房ショールームや自宅玄関の風通しの良い窓際に干し、ドライラベンダーに。

 乾燥が進む工程に部屋中にラベンダーの芳香が漂います。

 僅かな期間ですが、ラベンダーの種類によってまたドライになった時とも異なる香りを楽しめます。

ドライラベンダー

2009年7月 3日

工房の庭先ーパープル系の花々ー

イングリッシュラベンダー  毎年成長を楽しめるので私は低木や多年生のハーブ栽培をしています。
今年はラベンダーが元気です。

 数種類育てていますが、現在花穂の収穫を迎えているのはイングリッシュラベンダーです。
先に咲き始めた"ヒッドコート"が40cm位ですが、このイングリッシュラベンダーは75cmになるといわれている通り、元気に大きく成長しました。

 先に"ツイクルパープル"という品種が咲き、次に"ヒッドコート"、そして"イングリッシュラベンダー"と順次花穂をドライにしたくて収穫しては室内に干していますが、やはり高品質の精油が採取されるだけあって、イングリッシュラベンダーは芳香が一段と気品を感じさせる少し甘さを感じさせるもので際立っています。

 090703mallow.jpgそしてアオイ科のコモンマロウ。
当初妹が可愛い直径10cmほどの鉢植えで育て始めていたのですが、転居の際にどうも大きくなりそうな気配がしたので、私が引き取りました。
 案の定、大きく成長して草丈60cm。
今年は地を這うように横に拡がっています。 

毎年咲いていたボリジは今年はこぼれ種から芽がでなかったようです。

ハーブでも我が家の庭の土壌や気候に合わないものは消えていくのか、
ローズマリー、ローズゼラニウムは越冬できず栽培不向きのようです。

ホタルブクロ工房付近の林道では、ホタルブクロをあちこちで見かけます。
残念なことに、今年は蛍は見かけられず....

2008年6月24日

ラベンダー収穫期

梅雨の戻りの中、タイミング合わず、ラベンダーが次々に開花していきました。
開花直前の蕾の状態で収穫をしたくて、時期を狙っていたのですが見事外れてしまいました。
 今日は久しぶりの快晴!
ラベンダードライ用花束1
この日を逃すと今年はドライフラワーやサシェ作りを断念することになりそうで、
先ほど、明日までに済ませないといけない宿題をせずにラベンダー摘みをしてしまいました。
ミツバチがラベンダーで食事をするので、刺激しないようにせっせと。
ラベンダーの蜂蜜に興味を抱きながら (*´ー`) イングリッシュラベンダー 収穫
苗を購入した種類が異なるイングリッシュラベンダー系統が一株だけ、これから穂先がまだ青くこれから蕾にになろうとしている状態。
まだ望みはあります。

ラベンダー穂先から蕾を採る
先週末の雨天直前に摘んだ分のラベンダーは、雨の日曜日に細かい手作業が大好きな息子にお手伝いをしてもらって
サシェ用に蕾を穂先から外す作業をしました。
ラベンダー蕾
「いいにおい!!」と喜んでいたのですが、途中で飽きてしまいました。
お互いにフレッシュなイングリッシュラベンダーの精油でアロマテラピーとなります。

手づくりオーダー家具木工房の活木工舎