森の家具工房 in山梨で“メタセコイア”タグの付いているブログ記事

2009年4月 8日

メタセコイア

  工房の脇の庭には2本のメタセコイア(別名アケボノスギ)があります。
 以前この地に住まわれていた方が植えられたので、その理由はわかりません。

メタセコイア09年春1    検索してみると、中国四川省原産の生きた化石と呼ばれているそうです。

 落葉なので、秋に卵状の松笠形の球果が風に吹かれて沢山落ち拾いましたが、春を迎えてもまだ枝にはまだ残っています。
 そのせいか強風が吹くと、駐車場にたくさん落ちています。

 昨年晩秋に、この松笠形の球果が可愛らしく松ぼっくりと併せて、沢山ラッピング用にと拾いだしてから、気になってしかたがなかったことがあります。
 
 






メタセコイア 実果これがメタセコイアの実果です。

 ご趣味のフラワーアレンジメントを研鑽され、素敵なライフスタイルの中で楽しんでいらっしゃる弊舎のお客様のブログにてわかりました。
 ドイツの民芸品で木の実やスパイスなどで作るリースや室内装飾品の"トロッケン ゲビンデ" "トロッケンゲシュテック"をいう存在があることを。
 最近お客様が作られた"松かさのクランツ"で松ぼっくりをメインとしたリース、このメタセコイアもお使いになっていらっしゃいました。

 身近にある材料で素敵なリースや小物を作って、生活に取り入れて楽しむアレンジメント。
 世界は広く、いろんな自然素材を活かした民芸クラフトがあるのですね。

ちなみにyahoo で"トロッケン レッスン"と検索すると、各地の教室を調べることができました。
 近場であったら習いたいなぁと憧れてしまいます。