森の家具工房 in山梨で“ダストボックス”タグの付いているブログ記事

2010年1月22日

メープル材のダストボックス -セミオーダー製作

 昨日は夜間から今日午前未明まで八ヶ岳おろしがかなり激しく吹き荒れていました。
 一転して、夜が明けてからはだいぶ落着いています。
 今朝日経朝刊で読んだのですが、とうとう松くい虫の被害が青森県で出たそうで、本州に被害が分布してしまったようです。まだ被害がないのは北海道のみ。
 当工房周辺の雑木林も松くい虫による被害で赤松が枯れていくので、気になるニュースでした。 

 さて、K様。
 お待たせしておりますが、セミオーダーで承ったお誂えのダストボックスが完成いたしました。
 先日お電話で木を活かす職人がメッセージを残しましたが、ご連絡お待ちしております。
 今日先ほど、完成品のうち1台を撮影いたしました。
メイプル材によるダストボックス(セミオーダー) 
ゴミ袋を押さえる枠です。(オリジナルの通常品ダストボックスではブビンガ材になります)
メイプルダストボックス 内側枠 
そして蓋は活木工舎トレー製品のイメージとのご要望で製作しました。これは外した裏側。
メイプルダストボックス 蓋裏側
木目がきれいな部分(杢含む)の材を用いて鏡板になっています。
 鏡板は木目が模様のようになり味わい深く面白みが出るので、私は眺めるのが好きです。
ダストボックスセミオーダー 蓋部分 (トレイ)通常モデルのダストボックス商品はこちらオンラインショップ"無垢クラフト"からご覧ください。

夫婦でそれぞれ個人的にツィッターを始めてみてました。私のタイムラインは↓です。

2009年8月13日

ウォールナットのダストボックス製作中

 過日、お客様より活木工舎のダストボックス製品についてお問合せを頂きました。
 
 ウォールナットダストボックス製作中お客様のご要望に合わせご提案をした結果、セミオーダーとして樹種を既製品のアルダー材ではなく、ウォールナット材でお誂えすることになりました。

 現在、来週の納品予定に合わせて製作中です。
 K様お待ちくださいませ。

 実は2004年までダストボックスのデザインは1種類でした。
 その後お客様から「蓋」製作のご要望とご注文を頂くことが続き、
更に別のお客様から「蓋が蝶番で開閉できるタイプ」とセミオーダー製作をたまわり、
また別のお客様には米びつとしてお使いになられるとのことで、やはり蓋付きのセミオーダー製作のご注文を頂いたことで、「蓋の必要性」を痛感。
 これらのオーダー案件を参考に現在では3タイプご用意しております。
 お客様からお寄せ頂いた貴重なご意見・ご要望を参考に、今後も製品作りに活かすよう努めております。
 
 活木工舎では、オーダー家具製作と既製オリジナル製品(無垢クラフト販売商品)の販売をしておりますが、オリジナル品を叩き台に、お客様仕様のモデルへとセミオーダーで受注製作も承っております。
 小さな家具工房ゆえに、お客様のご要望を叶えることが可能かと思うことたくさんあります。
 お気軽にお問合せください。

 活木工舎 メールアドレスshop@katsumokkousha.com