森の家具工房 in山梨で“セーラーズバレンタイン”タグの付いているブログ記事

2013年3月 7日

祝!セーラーズバレンタイン受賞

現在 米国フロリダで開催中の
76th Annual Sanibel Shell Fair and Show to be held March 7, 8 and 9, 2013. において
日本セーラーズバレンタイン協会 代表の 飯室はつえ先生の作品が2部門において作品レッドリボン賞を受賞なさいました。

 今回の飯室先生の出品作品の全ての額製作は、活木工舎が請け賜りました。
 まるでプロジェクトチームの一員として関わることができ、とても思い入れ深い仕事となりました。

 詳細は 後日 日本セーラーズバレンタイン協会http://www.japan-sva.com/index.html をご参照ください。
 本日は速報として、お預かりしているコンクール出品作品の画像を掲載いたします。
 
 "Double Sailors'Valentine"部門 レッドリボン受賞作品

  Japanese Styleとして展開なさっている作品です。
 飯室先生の"和"の美を表現なさっているシェルアートの世界。 
 日本全国にある職人の技を活用なさって、さらに美しいハーモニーを奏でています。
 この額の材は"栃"。  
 絹目のような光沢がある杢と、真珠の輝きと呼応しあう印象を受ける作品です。
2013doubleshellforest.jpg "Traditional Single Sailors'Valentine"部門 レッドリボン受賞作品
 額 ウォールナット材
2013traditionalshellforest.jpg
mirage
額 ウォールナット材
2013mirageminishellforest.jpg2013miragelargeshellforest.jpg 万華鏡であり、さらにライトアップされ光を透過した貝の発色が素敵なシェルアートです。
 本日、国際電話で飯室先生からお聞きした話では、オリジナリティに溢れているミラージュの作品は、セーラーズバレンタインの本場であるアメリカの開催会場で注目を浴びている様子です。

 これらの作品の展示については 情報が入りましたらご案内いたします。
 日本セーラーズバレンタイン協会では小淵沢(山梨)・東京でも教室を開催なさっています。ご興味がある方は是非お問い合わせください。
 
 


 

2012年11月17日

セーラーズバレンタイン受賞作品

  山梨県北杜市小淵沢にアトリエを構える シェルフォレスト 主宰の飯室はつえ様が 先月米国フィラデルフィアで開催された 2012 Philadelphia Shell Show (October 20 -21, 2012)に参加されました。

 このたび応募作品のうち2部門が第1位のブルーリボンを受賞、他部門では3位に入賞なさる快挙を遂げました。今回の受賞3作品のうち大会最優秀賞の作品に関しては日本セーラーズバレンタイン協会のHPをご参照ください。日本セーラーズバレンタイン協会HP活動報告に掲載されています。

弊舎では 次の2作品の八角形の額製作に携りました。作者である飯室様のご許諾を得ましたので当ブログにてご紹介いたします。

 ダブルセーラーズバレンタイン部門第1位ならび、審査員特別賞を併せて受賞された作品

[『KAIAWASE 貝合わせ』

2012シェルフォレスト飯室様作品貝合わせ  日本の貝合わせをテーマにされた作品です。

  雅な和を意識した色彩を 貝殻の天然固有色を多用して活かしながら世界観を表現されています。

そしてシングルセーラーズバレンタイン部門第3位を受賞された作品 『MIrage』(蜃気楼)

2012シェルフォレスト飯室様作品ミラージュ

 こちらは額内部に仕掛けがあるので、鏡に映った奥行き感が魅力的です。

 

 セーラーズバレンタインは立体物である貝を用いた3次元のアートです。画像ではなく、実際に作品を直接ご覧いただくとより一層その魅力がお伝えできるかと思います。

 現在 大会受賞作品全てを 小淵沢の アトリエシェルフォレストさんで展示なさっています。

 是非、お出かけください。  
 シェルフォレスト アクセス http://www.ne.jp/asahi/shell/forest/access.html

2012年4月10日

セーラーズバレンタインNHKで紹介

 

 貝殻を用いたアメリカ カリビアン発祥シェルアートのセーラーズバレンタイン

 本場アメリカで学び、日本帰国後はその普及に尽力なさっている アトリエしぇるの主宰者の飯室初恵様が本日4月月10日にNKH甲府局の「まるごと山梨」に出演されます。

  

 飯室初恵様は先月3月にアメリカ フロリダ州で開催された美術工芸品の「セーラーズバレンタイン」などのシェルアートの美しさを競う大会で 「75th Sanibel Shell Show」に参加し、1位(Blue Ribbon)、2位(Red Ribbon)を獲得されました。
 この4月には東京教室も開講されるとのことです。

 詳細は日本セーラーズバレンタイン協会のHPまで。

当ブログでは以前セーラーズバレンタインと初めて出会った時に、こちらの記事を書きましたので、ご参照頂けると幸いです。

 

 セーラーズバレンタイン作品制作では、木製八角形の額を用いるのは基本とされていて、アトリエしぇる様から弊舎では八角形の額製作などのご注文を承っております。

 今日の放送にあたって、先にセーラーズバレンタイン制作場面の取材を受けたそうで、弊舎製の八角形の額が画面に映る可能性があるそうです。

 山梨地域での放送となりますが、もし視聴可能でしたら 本日18:10~ NHKの「まるごと山梨」番組内の「がんばる甲州人」をご覧頂けると幸いです。

セイラーズバレンタイン アトリエしぇる様作品展より

2010年4月22日

セーラーズバレンタイン

 今日は山梨に住む知人が弊舎工房を訪ねてくれ、アメリカの伝統的な貝殻を用いたクラフト シェルアートセーラーズバレンタイン(Sailors' Valentine)と初めて触れる機会に恵まれました。
 
作品と参考書 知人である「アトリエしぇる」さんから、主にアメリカで製作したセーラーズバレンタインの作品を見せて頂きました。大切な作品を持ち出してくださってありがとうございます。

 アメリカ東海岸に4年間滞在している間に出会ったアート セーラーズバレンタイン
 知人の主宰する「アトリエ しぇる」では、セーラーズバレンタインの魅力を日本の多くの方に知って、楽しんでいただけるようにと現在、山梨を拠点にシェルアート(ShelllArt)の教室を開設するなど、普及活動に精を出して準備に取組んでいるそうです。
セーラーズバレンタイン アトリエシェル作品3

  セーラーズバレンタインについて
 昔、セーラーたちは航海に出て、長い間、家に帰ることができませんでした。
 長い航海の間、愛する妻や子ども達を想い、拾った貝殻で「Love」や「MyHoney」といった文字を入れて作ったのがセーラーズバレンタインの由縁だといわれています。
 
 天然の美しい貝殻を使い様々な趣向をこらし、世界に一つしかない自分だけの作品を作ることができます。(「アトリエしぇる」案内リーフレットより抜粋)


セントバレンタイン アトリエしぇる作品2

アトリエしぇる」さんでは簡単に作れるシェルクラフトのレッスンを初回限定で企画なさっているようです。
 日本で、まだ広く知られていないアメリカの貝殻のアートクラフト"セーラーズバレンタイン"の世界に触れてみたい方は、是非"アトリエしぇる"様にお問合せてみてください。
お問い合わせ先セーラーズバレンタインアトリエしぇる様HP
 詳細はアトリエしぇる運営のブログセーラーズバレンタインをエンジョイ" のブログのコメント欄をご利用なさるか、ご面倒ですが弊舎までshop@katsumokkousha.comまでメールください。
 (私ウッディマムがアトリエしぇる様にご連絡いたします。)
 
これはシェルアートの作品だそうです↓
shellartシェルアート アトリエしぇる作品掲載作品:セーラーズバレンタインは"アトリエしぇる"様制作