森の家具工房 in山梨で“シジミ蝶”タグの付いているブログ記事

2009年5月18日

工房の庭先にて

 今日は久しぶりの快晴。
 
 庭では昨年の5月同様に矢車草が一面に広がり、青、紫、桃、白、濃いピンクとさまざまな彩りで開花しています。
 活け花にしてもすぐ花粉がテーブルの上に落ちやすいので、開花前のものを切花にして部屋に飾っています。

 今日はベニシジミ蝶の姿を見かけたので撮りました。
 昨年、唯一出会ったベニシジミは羽がボロボロでしたが、今日のは綺麗に。
ただ羽が開いたところは撮影できず。
ベニシジミ蝶1
 先日、図書館で息子にリクエストされて一緒に読んだオオアリの科学絵本。
 なんとオオアリの個々の営巣にはシジミ蝶の幼虫が飼育されているそうです。
 シジミ蝶の幼虫が出す密液がアリの好物だそうです。
 その後の生態は触れていなかったのでわかりませんが。
 シジミチョウも種類によってまたアリの種類も異なるようです。
  検索してみるとyahoo百科事典"シジミチョウ"に、アリとシジミチョウの関係について触れてあります。ご興味ございましたら、ご参照ください。
 
ベニシジミ2  シジミ蝶は舞っている姿は灰がヒラヒラしている様に似ていてわかりづらいのですが、ベニシジミはオレンジ色がヒラヒラしているので、すぐに見つかりました。
 地味な蝶ですが、草にとまっている姿をよく見ると紋様が綺麗です。

2008年7月12日

ベニシジミ蝶

工房ではホトトギス、ウグイス、キビタキなど耳にします。
蝉時雨はまだです。 
 以前時折工房の庭先で見かけるベニシジミ蝶。
先日7月9日にその姿とやっと撮れました。
ベニシジミ蝶0807
蝶は動きが早くて、庭先でフト見かけ慌てて家の中にカメラを取り、急いでそのポイントに戻ってきても時遅し。
その繰り返しが多く、長く留まっている姿を撮るにも出会うチャンスに恵まれないと難しいです。

ツバメシジミ蝶はたくさん飛んでいるので、出会うチャンスはあるのですが、ベニシジミ蝶が羽を開いている姿を見かけることはなかなかできません。
私にとっては貴重な体験となりました。
ツバメシジミ蝶0807
先日のオオムラサキもそうですが、今回撮影したベニシジミ、ツバメシジミ、羽が痛んでボロボロです。
それでも尚、元気に飛翔している姿。生命の力強さを感じます。

今日は久しぶりに朝からカンカン照りです。
皆様もこの週末は、特に熱中症に注意してお過ごしください。

手づくりオーダー家具・オリジナル家具製作の木工房 活木工舎