森の家具工房 in山梨で“コンフィチュール”タグの付いているブログ記事

2008年10月22日

コンフィチュール

 昨年フランス語でジャムのことをコンフィチュールということを、ブログ仲間の宮崎の"ヨーコのひとりごと"(旧:宮崎発ヨーコのおいしいもん手作り日記)さんに訪問することがきっかけで知りました。
 そういえばと頂き物のFaucionのマーマレードってと冷蔵庫を見ると、ラベルにconfitureと表示されているのを確認した記憶があります。
マンゴーコンフィチュール2
 フランス生まれのコンフィチュールに気になりつつも、自分で作った自家製のリンゴジャム(フィリング)や、ラズベリージャムなどがあり、欲張らなければこれで事足りるので自家用にお求めする機会がありませんでした。

 先日機会があり、ヨーコさんがご主人とご一緒に弊舎に工房見学にお越しくださいました。
弊舎の木皿とインターネット通販未販売のウッドトレイをコンフィチュール製品の商品撮影用にとお買い求めくださいました。
 ブログだけのおつきあいから、実際にお会いする。
 初めてお会いしたのにそうとは思えず、旧知のように会話も弾みました。
ネットならではの遠距離の方との出会いやコミュケーションができる時代。
 (こうして弊舎ブログをお読みくださっているお客様含めて、皆様とのさまざまな出会いがありますこと日々感謝して過ごしています。)

コンフィチュール
その際に、お土産に頂いたのがこのコンフィチュールです。
果実がコロンとした感じに瓶の中にあります。
いちじく、リンゴ、マンゴーの3種類を頂きました。
 マンゴーコンフィチュール1昨日マンゴーのコンフィチュールを自家製食パンと一緒に頂きました。
とってもおいしいです。木を活かす職人のスプーンが進みます。
 今朝はプレーンヨーグルトに入れてみました。
お・い・し・い!

 肉料理や魚料理などの洋食に用いるとフランス風のソースとして美味しい一皿ができそうです。

 かもめのヨーコさんの"ジャム工房かもめ"さんは、ご地元の宮崎産地の厳選なさった旬の果実を用いて無添加のコンフィチュールを製造されています。宮崎の味を日々の生活で少しずつ頂く。
 これから寒い季節に向かっていくので、南国の味は舌だけでなく気持ちまで温めてくれそうです。

 ご興味のある方は是非、こちらのコンフィチュール通販の"ジャム工房かもめ"さんのHPをご参照ください。