森の家具工房 in山梨で“キッズデスク”タグの付いているブログ記事

2008年8月11日

ナラ材のテレビボードとキッズデスク

 昨日はオーダー家具の配達による納品がありました。
オーダー製作をしましたナラ材のテレビボードキッズデスクと、活木工舎オリジナルキッズチェア
 (ブログ"お誂えの家具"にてその製作場面を連載中です) 

 配達前日まで、木を活かす職人が最終仕上げ作業をしていたので、完成した姿の写真を配達日当日の朝、急いで撮影しました。
  
テレビボード納品前 inプレハブ工房 といっても大きなテレビボードをログハウス内の部屋に運ぶこともできるわけはなく、結局塗装工程からプレハブ棟に移動したことから、その作業台車の上にある状態の姿を撮りました。
 
キッズデスクとキッズチェア キッズデスクは、ログハウス室内に運び入れ撮ることができました。
セットで納品するキッズチェアは、在庫品の方と組み合わせて"ウッディマム"が撮影。
(納品予定のキッズチェア製品は既に脚裏にフェルトを貼って積み込み待機中)

その後、お客様先で納品直後の姿を"木を活かす職人"が撮影。
ナラのテレビボード(オーダー)納品設置
ナラ材キッズデスク(オーダー)とオリジナルキッズチェア納品設置
やはりオーダー家具ゆえにというか、お客様先で撮る姿はもうお客様の家具としての使命が始まっているのか、家具自体の醸し出す雰囲気が異なる気がします。
 そこの空間にいるべくして存在している、しっかりお客様の室内空間にしっくりと馴染んでいるように見受けます。私達の手を離れた瞬間には、もう製品ではなくそのお客様のインテリアとして歩みだし、佇まいを居直して存在し始めるからでしょうか。
  実は、これが活木工舎製品の特徴なのです。
 木を活かす職人赤石浩之の創る家具の特徴は「スゥーッとその室内空間に溶け込む、主張しすぎない家具」。(詳細はコンセプトページをご覧ください。)
 大切な念願の家具、その製作を弊舎にご用命賜りまして深く感謝いたします。
また納品までお待ち頂きましてありがとうございます。
末長くご愛用いただけますようにと思いを込めて。

 今回のオーダー製作品は弊舎作品事例集ページに掲載予定ですが、一足早く当ブログにてご紹介でした。