2012年1月 1日

新年のご挨拶

  明けましておめでとうございます。 

昨年は東日本大震災以降、これまでの私達の価値観を揺さぶり、見直し、再考する始まりとなりました。

 私達もモノづくりをする立場として、多方面のご支援ご協力を得ながら、指導を仰ぎながら、これからの生き方、どういう製品商品を作っていくかと、いろいろと学び始めています。 今後は学んだことを更に発展し、少しでも実践できるよう努めていく所存です。

 今後とも製品共々、ご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。年始は1月4日から営業いたします。

 皆様におかれましては、佳き一年となりますこと心よりお祈り申し上げます。

  2012年賀ご挨拶

2011年3月14日

山梨県北杜市 計画停電の時間のご案内

 

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の救援が少しでも早く進むよう、インフラ設備の復興、ライフラインの復旧をお祈りしています。

 日夜を徹して作業に携わっている関係者の方々に感謝し、自分達ができることを心がけて日々を送ることが被災なさった方の思いを受けて大切にすべきことと思い、報道に過度に反応せず冷静に判断をして前に進んでいきたいです。

 当工房では、地震発生時から翌日朝未明まで停電となりましたが、復旧後は通常通りの生活を送っております。一時電話等が不通となりご心配をおかけしました。

 13日に発表された東京電力の計画停電の対象地区となるため、14日午後12時40分~午後3時40分(市広報放送情報) 午後12時20分~16時(東電資料) 第3グループ時間帯の3時間は山梨県北杜市は停電実施の可能性があります。

 この時間帯はネット接続、電話が不通となりますことご容赦ください。

また@katsumokkousha.com宛てのメール等は利用サーバー会社が京都府の為停電時間帯以外は影響が少ないと思われますが、今後はオンラインショップ"無垢クラフト"の利用サーバーが東京都渋谷区のため、東京電力の計画停電の影響もあり、無垢クラフト店での受注・入金確認、また配送会社による商品の配送が遅れる場合がございます。
問い合わせ対応につきましても、停電の影響で通常よりお時間をいただくことがございます。

ご利用のお客様にはお客様にはご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2010年8月17日

ひまわり手作り作家市2010

 先日の "ひまわり手作り作家市"(8月14~15日)出店の折は、暑さ厳しい中、ご来場ご来店くださり誠にありがとうございました。
201008ひまわり手作り作家市
 地元の北杜市明野町浅尾のサンフラワーフェス2010(向日葵が60万本咲き開く広大な向日葵畑)の会場脇で開催されるこのクラフト市のイベントも本年で2回目。
 やはりご来場者の多くは、向日葵畑観賞をなさる気持ちと、クラフト市への関心度は比例はしないようで、弊舎に限らず出店者一様に厳しい結果となりました。
201008向日葵手作り作家市出店
 天候不順もあり向日葵畑への来場者も駐車場の込み具合から、例年よりも減少している印象を受けました。猛暑の中で陽射しもきつく、一期一会の作品を吟味して頂くにはちょっと無理があったのかもしれないです。
 そんな中でも、旧知のお客様がご来店くださったり、お買い上げくださりとても嬉しかったです。

  新作の木皿を気に入ってくださったお客様もいらっしゃったので、落ち着いた環境でじっくり吟味してお買い物頂けるようになるべく早めに商品撮影を済ませ、オンラインショップにて新作木皿の販売する所存です。
20100814向日葵畑メイン会場にて
 主催者の関係者の方にお話を伺いましたが、このイベントが次年度以降どうなっていくのか不透明ではありますが、地元に工房を構える弊舎としましては可能な限り出店をし、対面でお客様と交流を図る機会となれば幸いに存じます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

2010年1月 1日

新年を迎えて

2010年新年迎春
幸多き春を迎えられたことと
 お慶び申し上げます

平素のご厚情に感謝し 
皆様のご健康をお祈り申し上げます 

本年も変わらぬご愛顧のほど よろしくお願い申し上げます

平成二十二年 元旦
katsurogo.gif 手作り家具工房 活木工舎
                      赤石 浩之 
                    赤石  香
<他運営サイト>
無垢の家具・クラフト通信販売無垢クラフト
わんちゃんのための家具・犬小屋ウッドペット

【年始営業日のご案内】1月4日より営業いたします。
尚、通販お買い上げ商品発送は運送会社の都合により、1月5日より順次出荷いたします。

*画像切抜きの杢について--虎斑(トラフ) 
カシ、ナラ類など大型の放射組織を持つ材の柾目にあらわられる虎の斑紋を思わせる模様。
引用「原色インテリア木材ブック」(著:宮本茂紀)  

2009年12月31日

2009年最後のご挨拶

  新年に向けてのカウントダウンが始まる時間が近付いてまいりました。
  今日は当地・明野も徐々に冷え込んでおります。
  昼近くには、風花が舞っているのを今シーズン初めて確認いたしました。
 日照も南アルプスを覆い隠す黒い雲で遮られ、洗濯物の乾きも良くない一日でした。
0912赤い実
 活木工舎は12月29日より2010年1月3日までの年末年始休暇に入っております。
年明けは1月4日から営業となります。
  尚、インターネットオンラインショップ通信販売商品の発送業務は1月5日出荷となります。

今年は昨秋のリーマンショック以降の景気後退の厳しい中にも関わらず、多くの皆様にご愛顧ならびお引きたていただきましたこと厚くお礼申し上げます。
 また新規に立ち上げましたオンラインショップ"無垢クラフトby活木工舎"をご利用くださいましたこと、深く感謝しております。 買い物カゴの新システムに移行で不慣れな点もありご迷惑をおかけいたしましことお詫び申し上げます。
 
 新年も引き続き、よろしくお願いいたします。
 先行き不透明な時世ではありますが、皆様が明るい笑顔をなさることが多い新年となりますよう願いを込めて、よいお年をお迎えくださいませ。

活木工舎  赤石香
 
追伸:
新年を迎えるにあたり、ブログのトップヘッダー画像を変更しました。
 "両手をいっぱいに広げて走る子ども"の手の先に幸多きことが待っていると新年に期待を込めて。
 
赤石浩之からのご挨拶はブログ"木になる木の話"へ。

2009年11月17日

ブログ再開します

お待たせいたしました。

自力で頑張って、データベースサーバーの文字コードの設定で自分が動かせる範囲を超えてしまった現象によって、利用しているstepサーバーにお問合せ。

 かれこれ11月2日に第1回の問い合わせをして、その後二回メールを送り、先方での検証・テスト待ちとなり、昨日再度進捗状況をお問い合わせをしました。

 深夜に対応済みのメールが届き、見事にMTデータをそっくりDBのダンプを実施してくれました!!

 これで本日いよいよサーバーの引越しを致します。

無事にこのブログ記事が表示されていれば「成功!」ということになります。

 stepサーバーのサービス担当者様、ご多忙の中対応頂けて安堵しました。

 随分待ったので、他者に乗り換えてしまおうかと考え始めていた矢先。

 (今後ともよろしくお願いいたします。)

 

 先月中旬からMTに泣かされ、どんなに時間を費やしたのか...。

もはや1ヶ月。

やはりDBファイルのインポートは確実にMTの引越しの近道です。

 

2009年10月24日

MTのサーバー引越しに難航中

この投稿記事は既に移転したMySQLのDBに含まれないので、いずれ消滅するのですが...。

 MovableTypeのサーバー引越しは作業が頓挫しています。

 既にMovableTypeで構築したHP犬小屋・ワンちゃん家具専門サイト"ウッドペット"のサイトは無事サーバー移転できて運用できているのですが、活木工舎本体に組み込んでいるMTブログのうち小粋空間のテンプレートを用いてる3個のブログがどれもこれもある共通することでエラーを生じてしまうのです。
 MTは同じバージョンに統一し、その後MYSQLのデータを移し、mt-configを設定したり、MT-staticの方も入れ替えたり、バックアップを読み込んだりとしているのですが、何か設定がまずいようです。
 これは私自身が勉強しないとよくわからない状況なので、理解不能なまま進めない。
 当初楽勝と思っていたのですが、予定よりも時間がかかってしまいそうです。
 
 今年はオンライン通販ショップとして無垢クラフトを立ち上げたので、別ドメイン、サーバーなので業務的支障はないので、皆様ご安心してお買い物ご利用くださいませ。

 ただ自分で2年前に参考本WebクリエイティブのためのCMSテンプレートデザイン (Web Designing BOOKS) を学んで参考に設定したCMSテンプレートデザインをしたものは問題なく動いているので、安堵しています。
 森の家具工房in山梨、木になる木の話、お誂えブログの3個だけ上手くできない。

 MTでHP構築をすることもいいとは思いますが、実際にサーバー引越しの状況で都度悩み進歩的ではない時間を過ごすのもどうかと思っている次第。
 
 無事作業を終えたら、MT依存度を高めないDB機能を活かしたページのみに特化して、純粋なXHTMLによるページを高めたWEB構築にするようにいろいろ検討しようと思っています。
 
 ということで、検索しては備忘録としてMTのサーバー引越しの記録を書いてある有益な情報が掲載されているブログを拝見しながら勉強中。

 さて、気分転換に保育園で企画中の行事に必要らしく、先生が日々の園生活の中で収集している木の実。畑や民家エリアなので苦戦している様子。
 我が家は雑木林の林間地。あちらこちらと落ちている木の実。収集してご提供することにしました。
 ということでこの週末は息子と一緒に地面を見ながら拾い物をしながら気分転換図りたいです。

2009年8月10日

ひまわりクラフト市終えました

 一昨日、昨日と地元の北杜市明野町で開催された"ひまわりクラフト市"が無事終了しました。
 
090808ひまわりクラフト市出店 天候にもどうにか恵まれ、初日は炎天下で、夕方少し小雨が降りましたが影響もなく過ごせました。
 二日目は曇天の中の薄日。 
 実に屋外で丸二日間過ごしたので、木を活かす職人も私も日焼けをしました。
 無防備に初日ノースリーブで午前中過ごした私は、正午には両肩が日焼けでヒリヒリに。
 
 当地でのひまわりクラフト市は初回ということもあって出店参加者も多く、会場としては賑わっておりましたが、出店者の立場からは厳しいものでした。
 実際には向日葵畑サンフラワーフェスの鑑賞にお越しになるお客様で、ひまわりクラフト市の会場でもある太陽館の駐車場は常に満車状態。
 多くの人で賑わっていましたが、第一の目的は向日葵畑である方が大半。
 クラフト品を探し求められて来られているわけではないので、残念ながら売上の方は出店者の皆様(弊舎も含め)には一様に厳しい二日間となりました。
 
 そういう状況下でクラフト市として認識頂き、遠路よりわざわざお越しくださいました皆様におかれまして、私共に多くの励ましを頂きお礼申し上げます。
 保育園の先生方にご理解ご協力を頂き、無事出店を果たせましたこと深く感謝いたします。
  また弊舎のお客様におかれましては、ひまわりクラフト市出店にあたり天候をはじめ数々のお気遣い賜りお礼申し上げます。
090809ひまわりクラフト市二日目開店準備中
 我が家の3歳児も初日は2時間弱、翌日は6時間強出店テントで過ごし、天使爛漫に「いらっしゃませ~♪」と元気に時折バックヤードから声を出しておりました。ちょっとタイミングが違う時もありましたが、ご愛嬌。
 二日目の開店準備中に、写真撮影を試みているとバックヤードにいる3歳児が「いいお顔!ニィ~!」としておりました。カメラに気付く寸前まではハサミで切り絵工作に励んでいたのです。
 
 今年はあいにくの長雨、日照不足で、メイン会場の向日葵畑の開花が遅れているようです。
 見頃になったら写真撮影をして、ブログに掲載したいと思っています。

2009年3月17日

ラジオ中継

 本日午前に山梨放送(YBS) のラジオ中継がありました。
 番組は「765MUX」http://www.ybs.ne.jp/765mux/)内の午前10:25~スコーパー情報のコーナー。
090317山梨放送中継車
 来房されたのはスコーパーキャスターの早川佳身さんと種市佳子さん。
 今日の午前のスコーパー情報の担当は早川キャスター。
午後は種市キャスターとのこと。
 お二人で手際よく準備をなさり、生中継の本番を迎えました。
090317スコーパー情報放送前
 活木工舎のオリジナル品のウォールナットのデスクを前にして、早川キャスターの軽快なしゃべりに誘導されながら、生中継で緊張しながらも木を活かす職人・赤石浩之。
緊張すると超早口になる私と違い、比較的落ち着いてお話しができたようです。

 番組内で話題にして頂いたデスクはこちらです。
ウォールナット机 ご清聴くださいましたお客様をはじめ知人・友人の皆様、ありがとうございました。 
机 引き出し




無垢を使ったオーダー家具木工房の活木工舎
電話0551-25-0041

2009年1月22日

ご報告

 ちょうど一昨年の11月から検討を始め、発明協会山梨県支部を訪ね、更に制度を紹介されて、県内商工会議所・商工会にて開催される特許無料相談会制度を利用し、弁理士のA先生からのご指導を受けながら、少しずつ素人ながらに個人での実用新案登録と、商標登録の手続きについて準備を進めました。
 折しも、明細書製作でつまづいている中、先に商標登録の手続きの準備はできたものの、新聞報道で商標登録の登録料の料金改定と聞き調べ、施行される昨年6月1日を待って、申請手続きを致しました。

 となると皆さん考えることは同じ。
 申請が集中したのか、書類内容がすべて受理された連絡が特許庁から届いたのは昨年12月に入ってからでした。
ということで、晴れて商標登録の手続きが終えました。
2008年6月6日から 活木工舎は屋号ならび商標として出発しました。
あらためて、今後とも活木工舎、活木工舎製品をご愛顧の程、よろしくお願いいたします。
 
 基本的に、活木工舎製品には焼印など銘を刻んでおりません。
またそういう風土の家具製作会社で育てて頂きました。
赤石浩之にはあくまでも職人として実用品を製作している信条があります。
 
 ちょうど木を活かす職人が共感する言葉があります。
 機会がございましたら、柳宗悦氏の著書『手仕事の日本』を開いて頂ければ嬉しいです。
昔から流れる職人の心に通じるものを感じ取っていただけると幸いです。

2009年1月 5日

2009年新年のご挨拶

2009年
 明けましておめでとうございます。
 幸い関東近県では晴天のお正月を迎えることができました。
 気持ち新たに良い一年となるよう日々努めていく所存です。
 牛歩であっても誠実に、着実に前に進んでいきたいと思います。

本日より仕事初めとなります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末年始は帰省をしたり、帰宅後も保育園に普段預けている分、
幼子との時間をたっぷりとり、PCから離れて過ごしていました。 
 そのため、頂いたメールやコメントへのご返信やブログ訪問、また新年のご挨拶が遅くなり失礼いたしました。
          
-------------------------------------------------
ジョウビタキ 
年末より、ある一羽のジョウビタキが工房に訪れるようになりました。
胸に傷痕があるのが特徴です。
ジョウビタキ2

 
 

2008年9月 5日

お客様からの手紙

 弊舎製品をお買い求め頂きましたお客様から直接頂くメールや手紙。
その中で触れてくださっている弊舎製品へのご感想。
 本当にありがとうございます。
 また実際の商品使用になれている写真、ご家族の写真も頂きまして大変感謝しております。
家具は使用させて始めて生きてくるので、ご愛用くださっている写真を拝見し、製作者も喜んでおります。 
 メール、お手紙、画像、写真類は全てお客様のプライバシーに関わることなので、お客様からの許諾を頂かない限りHP上や公の場等での公開はありませんし、弊舎として内部資料として大切に保管させていただいております。
頂いたお手紙より
 特に直接手に触れずに、図面でお打ち合わせをし、仕上がりを待って頂いてからお手元に渡るオーダー家具製品や、セミオーダー品だけでなく、既製のオリジナル家具製品も、全てご注文当初からお客様の抱いていらっしゃるイメージと、実際にそれを手にしたときの印象。

 このギャップが、マイナスになるのかプラスになるのか、少し心配しながらも自信を持ってお届けや発送をしております。
 そのお買い求めいただいた時点での「想像以上に良かった」「スベスベしていて肌さわりが気に入った」などお気に召していただけた旨のメールやお手紙を頂きます。
 ご多忙な中にお気遣いがいただきまして、感謝しております。
 
 でもこれは始まり。お手元に渡ったあとが、長い時間お客様がお使いなる製品。
 故に私達が気にかけていること。
 長くご愛用いただく上で、何かお感じになったことはございませんか?と。
 ご迷惑をおかけするので、お手紙やメールで何度も同じことご質問することにためらいがあるのですが、長くご愛用いただくために、もしメンテナンスが必要になれば可能な限り対応する所存でおります。
 そして改良が必要であれば製作者自ら、精進する所存でおります。
 
 先日、1年前に弊舎製品ベビーサークルをお買い上げくださいましたお客様よりハガキを頂きました。
これまでご使用になってくださっていることへのご感想をお寄せくださいました。
 突然頂いたお手紙に私達はとても感動しました。製作者共々大変嬉しい出来事に喜んでおります。
 ありがとうございます。
 
 そしてそれより前に、半年前にお買い求めくださったお客様が特別に対面したことがある方にしかお渡しにならないと御自身のブログでお書きになっていた"親子新聞"を郵送してくださいました。

 育児っていろいろありますよね。
その多忙な中に、弊舎のことを思い出し、筆をしたためてくださること感謝しています。
私達にとって何よりも嬉しいことです。
 
 
 他にも挙げたらきりがいないので、割愛させて頂きますが、
お客様がご購入くださること、ご愛用くださること、更に励ましやご意見、ご感想までくださること、全てにして頑張ってまいります。
いままでも、これからも、ご愛用いただける家具製品、木工雑貨製品の"モノづくり"に精進して頑張ります。
  
 先週より「山梨モノづくりデザイン塾」受講中の"木を活かす職人"。
 週に1回は、工房から離れて県立工業デザインセンターにて"デザイン"について学び、考える時間から、刺激を受けています。
 そして帰宅後は、深夜復習を兼ねて、私に講義内容を教えてくれ夫婦で共有しています。
 昨日はユニバーサルデザインについて、再考することができました。 

 
 モノづくりで生活するのは大変ですが、弊舎製品をとご用命くださるお客様と出会える喜び、そしてお気に召していただけたことへの感動。プレイスレスです!! 
また職人にとっての創作・製作の源です。
 職人が生き生きと木に向かっている姿を見ることが出来、嬉しいです。
 
 皆様、応援いただきましてありがとうございます。
家具製品共々、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

2008年8月20日

夕焼け-朗報の予兆-

 昨日、夕食の合間に窓から外を。
綺麗なグラデーションの夕焼けが目に入りました。
 カメラを手に急いで外に出ます。
080819夕焼け1
こんな感じで。
080819夕焼け2望遠レンズを着けっ放しのまま撮りました。八ヶ岳の方向が綺麗。

急いで広角レンズに取り替えたのですが、夕焼け模様は刻々と変化しており、茜色は消えていきました。タイミングって大切ですね。

 
080820郵便物 実は、今日活木工舎にとって待望の特許庁からの郵便物が届きました。
昨年末から準備を始め、このたび実用新案登録を取得できました。
 この登録考案の構造で製作するベビーサークル、子ども用サークル、ドッグサークル、そして新発売を予定している犬小屋、ペット用ベッドなどに関わる権利を持つことができました。
 出願に際し、発明協会甲府支部・出願アドバイザー、甲府市商工会、韮崎市商工会の発明相談システム、そして弁理士の浅川先生に大変お世話になりましたこと、深くお礼申し上げます。

 実は先週、ネット検索をしていたらベビーサークル製作について書かれた東北地方の某木工房のブログ記事を発見。
 画像で見る限り、構造的にも見た目も弊舎オリジナルベビーサークルの模倣品。
おまけに先方が若干意識して意匠を変更されたであろう部分が仇となり、強度に不安が残りそうな造りでした。
 模倣された事実を伝えると、木を活かす職人は、「木工の世界では平気で真似をする奴はいるし、そういう意味でこの人は"職人"ではない。」といいきります。モノづくり精神が私たちと異なる相手。
 
 活木工舎の製品は、お客様が安心してお使い頂けるために必要な構造から生まれた意匠。
見た目ではお客様に伝わらないけど、発案者が強度や使い勝手を考えて考案した製品と、それを模倣して製作された製品との、その違いを伝えていきたいと強く感じています。

 模倣している方が、今後商品化する意思があるのか動きがないのでわかりませんが、とにかく赤石浩之のアイディアが権利化できて安堵。
 今日はおいしいビールが飲めそうです!

ハンドメイドの温もりを室内空間へ
無垢材を使った手づくり家具木工房の活木工舎

2008年6月 6日

商標登録出願

今日、半年前から計画をしていた「活木工舎」の商標登録出願手続きを済ませました。
個人事業で登録することの意義をいろいろ考えた末のこと。

経済的に余裕はないので、発明協会の発明相談事業を利用させていただき、弁理士の先生と相談し、発明協会甲府支部で出願アドバイザーの方のお世話になりながら電子出願をいたしました。

今年6月から法改正にともない特許関係の出願や登録料金等が安くなりました。
その影響で結構処理されるまで特許庁も混雑していると思います。
まだしばらく先ですが、晴れて登録しましたらRの表示となります。

弊舎は木を活かす職人の信条で、商品に焼印をいれることはしておりません。
が、活木工舎製品に関しまして責任持って製作・販売しております。
その証としても商標登録すると解釈していただければと。
ということで、また登録となりましたらご報告いたします。
logoleaf.gif
オーダー家具・オリジナル家具・木工雑貨通販の木工房活木工舎

2008年3月 3日

ガレリア きらり市

東京あきる野市アート&クラフトの手づくり市”ガレリアきらり市”に出店いたしました。
ご来場ありがとうございました。
ガレリアきらり市
ガレリアきらり市2
屋外での開催で、一番心配なのは天候。お陰様で開催当日3月1~2日の2日間は、晴天に恵まれました。
ガレリアきらり市の開催は、今回が初回ということもあり、式典がありました。
遠くから客観的に見ていると、スーツ姿のご来賓の皆様と、我々出店者の服装の違いが対照的で面白く感じました。
kirari0803011.jpg

活木工舎のお店です。初日開店直ぐに撮影しました。
作業着姿の露出が多いので、ある意味で、木を活かす職人のこういう姿は珍しいかもしれないですね。
kirari0803012.jpg
kiraritray.jpgご案内をお送りしたお客様、遠方にも関わらずお越し頂きましてありがとうございます。
そして、商品をお買い求めくださったお客様をはじめ、初めてお会いする多くの皆様に活木工舎の製品をご覧頂くことができました。またきらり市の主旨である、作り手である木を活かす職人と直接コミュニケーションを図って頂けましたこと、深く感謝しております。
普段は工房で作業をしているので、皆様と触れ合う機会を得ましたことが、嬉しく、刺激となり、今後の製作活動の励みとなります。
是非、機会がありましたら、工房見学にもお越しください。お待ちしております。
kirarimomo.jpgkiraricafetable.jpg 
機会を与えてくださった主催の”あきる野商工会の皆様、実行委員の皆様、関係者の皆様、そしてY様”ありがとうございました。
追記:木を活かす職人のクラフトフェアへの思いはブログ”木になる木の話しークラフトフェアー”をご参照ください。
-無垢を使った手づくり家具木工房活木工舎-

2008年2月10日

新たに追加で 製作場面"お誂えの家具"ブログ始めました

seisakublog.jpg  これまでは、本ブログで作業場面をご紹介する記事を時折、連載しておりました。
今後は製作場面に関しては、製作者の判断に基づき掲載すると判断した案件については、新しく"お誂え品製作場面ブログ"にお誂え品ごとに完成するまでを連載していきます。
 
 新しく設けたブログ"お誂えの家具"は、オーダーを頂いたお客様向けにという意識で、書簡的な文面にした日記にしたいと考えています。
 尚、製作者の希望で連載しないと判断した案件については、作業場面は従来通り、当ブログにてご案内・進捗状況のご報告をしていきますことご了承ください。

 半年前に、木工のノウハウ見せ過ぎというご意見も一部の方から賜りました。
 いろんな考えがあると思いますが、木を活かす職人は、これまで培ってきた経験や技術に基づいて、自信を持ってオリジナルの家具を創っています。
 ノウハウは画像を通じて感じる方もいらっしゃると思います。でも職人魂や、培った技術や技量のコピーはできないのが木工の世界。
家具職人がたくさんいる世界。技術的な差は千差万別色々だと思います。もし仮にオリジナル家具の見た目を模倣されても、その製作物を使っていけばその差は現れると考えています。

 この半年の間いろいろ考えました。より一層、私は温めてきた以下のことを考えると、どうしてもお客様にオーダー家具のご注文を頂いてから完成までの時間である、製作過程を少しでもお伝えしたいと気持ちは変わりませんでした。
 
  • ご注文品の製作状況は、遠方のお客様では工房見学にお越しいただくのが難しいこと。
  • 受注製作品のため、納品日までお待たせしてしまうこと。
  • お誂え品の誕生をご覧いただくこと。
  一生のお買い物となる"無垢を使った家具"のご注文をくださったお客様に、職人は一所懸命作ることでおこたえします。
そして私ことwoody-momは、永くご愛用頂く家具ゆえに、少量生産の手づくり家具だからこそお伝えできることがあると信じています。

 ご注文頂いたその日から、完成までのお待ち頂く時間をお客様をはじめ、皆様とご一緒に共有できたらとの思いで綴ります。どんなオーダー家具が誕生するのか、そのワクワク感を少しでも表現できるよう頑張ります。

お客様から「活木工舎は安心してオーダーできる家具工房」とご指名頂けるよう、
努力していく所存です。

 本ブログ、職人ブログ"木になる木の話"共々どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー家具工房 活木工舎

2008年1月 7日

家具職人ブログ始動!

 活木工舎の木を活かす職人が綴る、ブログ"木になる木の話"がリ・スタートいたしました。
woodstorysc.jpg
 元々は、リニューアル前のホームページで、樹種に関しての職人担当コラムとして気まぐれに書くページとして存在していたのですが、昨年11月のリニューアルを機にMTブログに置き換えました。
それ以降、カスタマイズにも手をつけずに放置状態。
 昨年末に木を活かす職人の今年の抱負を誓ってくれた折、新たにブログを立ち上げるよりも、この"木になる木の話"を活かそうということで、リ・スタートとあいなりました。
 今後は家具製作の思い、愛する木のこと、個人的な趣味のことなど、木を活かす職人自らが綴っていくことになります。
(カスタマイズは私woodymomが担当します)
 運営にあたり、各投稿したブログ記事にはタグというキーワードを設定することに致します。
カテゴリーだけでは、記事内容がわかりにくいので、縦断的に見れるよう各記事にタグを埋め込むことで、右サイドメニューの"タグクラウド"からご興味を持っていただける記事を容易に探しだすことができます。

家具製作の時間を優先するので、更新頻度やコメント返しは遅くなると思いますが、本ブログ同様、よろしくお願いいたします。

無垢の木の手作りオーダー家具・通販の活木工舎


2008年1月 1日

謹賀新年

新年 明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
08shinnen.jpg
木を活かす職人の新年の抱負:
以前から木を活かす職人が担当しているブログ「木になる木の話」の更新頻度を
少し高くすることになりました。
家具職人が自ら綴ります。家具製作のこと、日々感じたこと、趣味など。
本ブログ同様によろしくお願いいたします。

-年末年始休業のご案内-
誠に勝手ながら手作りオーダー家具工房・通販の活木工舎
12月29日から3日までは年末年始休暇とさせていただきます。
4日は午前9時より営業いたします。


2007年12月30日

2007年の最後に

ウェッブ担当のwoody-momに「今のホームページ何とかしてよ」とお願いしたことから始まり。
2月にkatsumokkousha.comのドメイン取得をし、活木工舎のブログをスタートさせてようやく10ヶ月。
ポータルサイト加入、ホームページの2回にわたるリニューアル、通信販売開始やMovableTypeブログ導入図るなど、
2007年は、活木工舎にとってIT元年といってもよいような年になったと思います。
お客様と直接お会いせずにオーダー家具をお作りする経験をし、
woody-momには、ホームページをはじめ、ブログ等々
多方面にわたり活木工舎のために本当に良くやってもらったと思います。
商工会関係の方々をはじめ、ブログを通して、あるいは講習会、勉強会、ポータルサイトサミット、相談会で
本当に多くの人にご指導ご支援いただいたことに、改めて御礼申し上げます。
ただ今年は、woody-momが一生懸命活木工舎のために働いてくれた分
子供には淋しい思いをさせてしまい、父親として申し訳ないと思っています。
来年こそは、家族皆が去年より幸せだねとはっきり言える年にしたいと思っている
仕事より、家族を優先させてしまう、不甲斐ない職人ではありますが、
一つ、来年に向け、活木工舎の代表として、職人として、私自身のブログを
書いていこうと決意しています。筆不精ゆえ多くは書けないと思いますし、
木でものを創るしか能の無い職人ゆえ駄文しか書けないとは思いますが、
読みに来ていただければ幸いです。
とにもかくにも、2007年活木工舎製品をお買い上げ頂いたお客様は元より、
ご指導ご支援いただいた全ての方々に心より感謝申し上げます。
そして、来年もよろしくお願いいたします。
                    木を活かす職人こと活木工舎代表赤石浩之