2009年10月 9日

フランスの絵本

 先週、秋葉原で終日最先端IT技術に関するセミナーの受講をし、迫る帰路高速バス出発時刻を気にしながら新宿の書店ブックファーストにより、息子と約束をしていた絵本をお土産に買い求めまし た。 息子にはみずくさむらとみずべむら―やなぎむらのおはなし(こどものとも絵本) をお土産に。
(彼はこの"やなぎむらのおはなしシリーズ "がとってもお気に入りなのです。)

 この時、店頭の平積みされた絵本コーナーで「フランスで子供から大人まで読みつがれている絵本を岸惠子さんが初めて翻訳!」の帯が目に入りました。
 絵のタッチも一目で、私のお気に入りのジャン・ジャック・サンペにも通じる描写。
 フランス文化のある分野には昔からずっと私の感性をくすぐる世界があり、まさにその嗅覚が働いた感じです。臨時収入もあったので自分へと衝動買い。 

パリのおばあさんの物語
(岸惠子:訳 スージー・モルベンステルヌ:著者 セルジュ・ブロック:イラスト 千倉書房 2008年10月1日初版2009年4月10日第6刷発行)
原題"UNE VIEILLE HISTOIRE" texte pas Suie MORGENSTERN et illustre par Serge BLOCH


 翻訳はしない原則を守っていた訳者の女優 岸惠子さんが日本人にわかりやすいようにと書き直しをしながら取り組んだ初めての翻訳絵本です。
 生まれて、生きて、死ぬ。これは人間だれもが持つ平等なさだめです。けれど何処にどう生まれるかを、人は選ぶことはできません。この物語のおばあさんの一家はユダヤの人たちです。
  .............中略....
 人間が持つもう一つの平等なさだめは、年老いていくことです。老いをどういきるかという大事なテーマのなかで人はその人となりを完成していくのだと思います。..........中略....... 
 たくさんの人に読んで欲しい。「この広い世界には、いろいろな人が生き、日本にいては考えられない暮し方をしているのよ」と、しみじみ知って欲しいと思うのです。(訳者あとがきより抜粋)

わずか37ページの絵本です。
秋の夜長にふと老いる両親や加齢を感じる我が身のことを思いながら、また世界に住む遠い異国の方達のことにも思いを馳せながらページをめくります。
ちょうど一年前の10月に初版された絵本で、その後も重版されている絵本です。
 

2009年1月 6日

ピアノ楽器について考える

 年末からブログに書きたかったことがあります。

 昨年12月に読んだ日経新聞記事で自動車の販売不振で、若者のクルマ離れが一因であること、そしてかつてのピアノ産業のように音楽教室などを裾野としたビジネスモデルがあったように、啓蒙的に何かクルマに興味を持ってもらえる取り組みが必要なことが提案してありました。

 でも、現在の国内のピアノ産業ってどうなっているのだろう?
 ピアノを購入することがないため、その業界の状況が見えない。
そんな思いを抱えている矢先、ピアノ調律師の三井さんが来房されました。


ピアノ 三井さんとはお会いするのは6回目。
いつもピアノ調律後、少しお茶の時間を過ごしていただくのですが、木工房ゆえに"木"に関する話題が多くなります。
 三井さんから伺った話から、今日と次回に2回に分けて、ピアノと木工が重なる部分の視点で出たお話しをご紹介します。

 現在はヤマハ製作所はヤマハ株式会社のピアノ製造は中国に、カワイ楽器製作所はインドネシアに生産拠点を移しているそうで、国内の関連するピアノ産業をとりまく部品メーカーや木工加工の職人さん達は姿を消してしまったようです。
 長年国内のピアノ製造の変遷で培われた技術も国内では維持できない状況。
 また構造材もこと木に関してですが、昭和50年代頃を境として徐々に無垢材から集成材や合板、MDFといった木質ボードにとって変わられているそうです。
 古いピアノの修理まで手がけている三井さん曰く、今のピアノの音はそれ以前のピアノの音と異なるそうです。だから古いピアノの修理で調師さんの範疇を越える部分は、今のピアノ製造の現場では直すことはできないとのことでした。
 さすが調律師の耳は、いろんな音をご存知です。
 明らかに資源的問題でピアノ用の木材の質が変化していること、それに伴い音も変化していること。そのことに衝撃を受け、古き良きものをより大事にしたいと痛感しました。
 
 その思いを拙いブログではありますが、読んでくださっている皆様にお伝えしたくて。  

 ご自宅や実家で眠っているピアノはありませんか?
 最新のピアノに買い替えたいと思っていらっしゃいませんか?

 無垢の木に共鳴する"音"と木質ボードに共鳴する"音"。
どちらがいいですか?
 耳で判断してください。
でもその前に、
ピアノは定期的に調律が必要な楽器なのですが、調律なさっていますか?
 たとえ弾かなくても放置していたら、温度や湿度の変化で弦が下がり狂った音になります。
ピアノ本来の音をたのしみたくても「久しぶりに弾いてみようか」と狂った音で演奏して、あなたの耳は嫌がりませんか?
 今弾く時間がなくても、あなただけでなく、次世代にあなたの知っている"ピアノの音"を伝えていきませんか?
 
どうして調律がそんなに必要なのか?
"ピアノ調律"で検索すると、社団法人日本ピアノ調律師協会HPピアノ調律ネット に掲載されていますのでよろしければお読みくださいね。(三井さんもこちらのピアノ調律師さんの検索サイトピアノ調律ネットに登録されているようです。)
是非特別な確かな耳と技術を持った調律師さんにご相談してみてください。

 私はピアノが下手ですが、音感だけはちゃんと持っていたいので、両親が30年前に購入以来、ずっと調律依頼を続けてくれたように、継続的に年に1回はメンテナンスをお願いしています。
 哀しいかな、経済的には電気ピアノ・電子ピアノの方がいいのかもしれませんが...。

2008年10月25日

お気に入りミュージシャン

Richard BonaのCD"Bona Makes You Sweat-Live"を購入しました。
(マクロミルという調査会社のモニター登録をし、アンケート回答で貯めたポイントがアマゾンで使えるようになったのでこのたび支給されたクーポン券で。)
リチャード・ボナアルバム
 山梨に嫁がずに、あのまま東京に住み、自由に行動ができた時の私なら来日Liveがあったら行くであろう行きたいjazzミュージシャン数名います。
 特に一度も行ったことがないミュージシャンが2名。
 一人は女性シンガーのLizz Right そしてもう一人はベーシストでソロ活動ではシンガーとしても活躍するRichard Bona。
そのボナが今月16日~20日までブルーノート東京でライブをしていたのです。
 ソロ活動としてのライブがあることはファンとして嬉しいこと。
でもライブに行くのは困難。あぁいつか行きたいです。
 ということでCDのブタペストでのライブ盤を聴くことにしました。
 
 カメルーン出身のボナは電気も水道もない村で生まれ、自分でギターなど楽器を自作し、その後本物のギターを手にして13歳でジャズクラブに雇われ、さらにそこでエレキギターを手にして、22歳でパリへ。そしてニューヨークと舞台を移して活動の場を広げていったようです。
ベーシストとして多数の有名ミュージシャンと共演するなど日本人ミュージシャンでは渡辺香津美や渡辺貞夫など共演やプロデュースを務めるなどしています。(参考:ライブ ライナーノーツ)
 どちらかというと、ボナ自身のソロ活動に注目している私。
 5弦ベースが奏でる凄いメロディアスな面も魅力ですが、シンガーとしても魅力たっぷりです。
 アフリカで育まれた何かを感じます。

 ちょうど音源がブルーノート東京のHPにありますのでご興味あったら是非
クリックしてください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/sp/198.html
クリックするとボナの音楽が聴けます。

2007年12月 4日

CD紹介『アーネスティ・アンダーソン』

私の大好きな女性ジャズシンガー。
21歳の頃に出会い、当時から、アーネスティ・アンダーソンのCD等は、国内盤リリースがなくて
80年代後半から90年代前半にかけて、渋谷のタワーレコードや吉祥寺ディスクインや
今はない六本木WAVEなどの輸入版コーナーをのぞいて、やっと全部で3枚アルバムを手に入れた思い出があります。
cdernestine.jpg
一番最初に出会ったCDが「ネヴァー・メイク・ユア・ムーヴ・トゥー・スーン」で
収録曲の「ホワット・ア・ディファレンス・ア・デイ・メイド」「アズ・ロング・アズ・アイ・ライヴ」「オールド・フォークス」は
特に好きです。
ちょうど大学時代先輩に借りたCDの中にあり、聴いた途端にこのアーティストにはまり、
借りたCDと同じものを探し買い求めた記憶があります。
ただ、これをどの先輩が紹介してくれたのか忘れてしまいましたが...。
このアーティストと出会える機会をくれた先輩には感謝しています。
いつか来日したらライブにと夢を描いていましたが、ご縁がなく未だにライブで聴いたことはありません。
(すでに往年なので、もう無理かもしれないです。)

(写真:活木工舎オリジナル製CDラック)


2007年10月31日

CD紹介『アマランタイン』enya

ちょうど2年前秋に、リリース直後に購入したCDをご紹介します。
エンヤ(enya)『アマランタイン』(Amatantime)2005年。
エンヤのオリジナル・アルバムの5作目にあたる作品でした。
2年の歳月を費やされて完成されたアルバムだそうです。

cdenya2.jpg
(写真下:カエデ材ハイスツール)


収録曲には当時パナソニックのCMで使用された「菫草(すみれぐさ)」もあります。
この曲には日本語が歌詞に用いられています。

どこか宇宙を感じるような、浮遊感あふれる不思議なサウンド。
そして温かく包むような、癒されるヴォーカル。

当時私は、妊娠7ヶ月を過ぎ、胎動を感じる日々。
母となる日を待ち望みながら、胎児に話しかけをしていた時期でした。
FMラジオから新譜紹介で流れ、自分が心底求めている音楽と感じたことを覚えています。
購入してからは、毎日時間があるとこれを繰り返し聴きました。
出産後も胎教として聴いていたのか、当時新生児の息子をあやす際にも
このCDを流すとクズリ泣きがおさまりました。
そんな思い出がつまったCDです。



オーダー家具木工房の活木工舎では
赤ちゃんのための天然オイル塗装の無垢材のベビーサークル製品を受注製作しております。

2007年10月15日

CD紹介”リチャード・ボナ”

私はジャズが好きです。
特に女性ジャズボーカリストの曲を聴きます。
その次にピアノ、サックス、ハーモニカと。
今日は、唯一はまった男性ヴォーカリストのCDをご紹介します。
Richard Bona(リチャード・ボナ)

●”シーンズ・フロム・マイ・ライフ(Scenes from my life)”
ソロデビューアルバム

●"リバレンス(Reverence)"
リチャード・ボナ
(写真:ウォールナット書斎机天板)

陽気なリズム、哀愁を帯びながらも心に沁みこむ声。
言葉の意味はわからずとも、何か心の奥底に届いて癒してくれる音楽です。

元々、ベーシストとして知名度の高いミュージシャンです。
カメルーン出身でジャングルの村の音楽一家の家に生まれ育ち、
13歳の時に首都の街のジャズクラブで雇われ、22歳でパリに。さらにニューヨークへ。

「僕はベーシストである前にミュージシャンだ。 そしてミュージシャンである前に人間だ。 だから、この世に生きていることが何よりも大切なことだ。 僕にとって音楽はすべてではない。 音楽は僕の人生の一部を構成しているに過ぎない。 人間は一週間食事抜けば死んでしまうけど、 一週間音楽がなくても僕らは生きている。 でも音楽は、人間の営みだから、 その人の人となりや生き方が鮮明に映し出される。 良い生き方をしていないと素晴らしい音楽は生まれない」  (リチャード・ボナ”シーズン・フロム・マイ・ライフ” 解説書・工藤由美)より抜粋
先進国の大都会に出ても、アフリカの伝統を受け継ぐ青年。
どこで活躍しても故郷カメルーンに里帰りし、 伝統音楽のパフォーマンスを楽しむ。
普遍的に変わらぬ自分、故郷の伝統を大事にしているから
リチャード・ボナは、聴衆に心地よい音楽を生み出してくれる気がします。
オーダー家具工房 活木工舎

2007年10月 8日

秋といえばこのCD

木を活かす職人と私は音楽の好みが違います。
結婚したらCDの量が倍になりました。
店頭でCDを視聴して購入するのが好きだった私。
今の生活ではできないので、あまり買わなくなりました。
結局、自己所有のCDを掘り出して聴き、楽しんでいます。
どれも古くてお恥かしいですが、時折私の聴く音楽をご紹介します。

確か近年来日し、山梨県内でコンサートが
あったミュージシャン。ジョージ・ウィストン。
FMフジで流れたチケット販売インフォメーションを耳して、懐かしく感じました。
CDジョージ・ウィストンオータム
(写真奥・木っ端deCDボックス、手前:カエデ材ハイスツール)

ウィンダム・ヒルレコードレーベル
Georgr Winston(ジョージ・ウィストン)”Autum”
輸入版なので解説書もなく。
秋の夜長に読書しながら聴くと良いかと。
お休み前のひとときにお勧めです。

ジャケットをみると1980と。
日本にもようやくCDプレイヤーが普及しはじめの時代。
私がCDプレイヤーラジカセを買ったのは1985年。
もう四半世紀過ぎています。
青春時代におこずかいで買ったCD。
昔の自分と再会した気分です。


活木工舎