2010年2月10日

ひまわりの種 野鳥レストラン

 冬は野鳥達にとって餌が少ない季節。
 だからこそ遊びに来て欲しい、少しでもお役に立てるのならと思う時節。
 
 庭先にいつも勝手に遊びに来る野鳥
  コガラ、ジョウビタキ、雀

 リンゴの皮や芯を細かくしたり、痛んだ果実を置くと
  ヒヨドリ

 そして、なかなか寄ってくれない彼らにと 昨年夏に保育園経由でもらった種で育てた向日葵。
市の関連団体主催の「ひまわりいっぱいにするプロジェクト」の種だった記憶が

 2kgなるかならないかの量の向日葵の種が収穫でき、ずっと冬の到来を待ちわびていました。
 12月になってそろそろと頃合を図ったつもりで、庭に向日葵の種を置きましたが、全然食べに訪れてくれず。
20100210野鳥、ひまわり
 それが先週雪が降って以降、やっとヤマガラ、シジュウカラが向日葵の種をお目当てに日参してくれるようになりました。
 今日はその姿を撮ろうとしましたが、警戒心が強く種をくわえるとすぐに別の場所へ移動します。
 ピンボケのヤマガラ、シジュウカラです。 
 
 シジュウカラは東京の実家の庭先でよく目にしていたので珍しくはないのですが、コゲラやジョウビタキ、ヤマガラを見ると嬉しくなってしまいます。
 実は、他にもいろいろ来て欲しいのですが。

 ヒヨドリがお目当ての餌が違うにも関わらず、自分達よりも小さい鳥達を追い払うのには呆れます。

 最近ツイッターをはじめた影響で、つぶやきが多くなっている気がしますが、それ以前から当ブログでつぶやいていると夫にツイッターを始めるにあたり指摘を受けました。
 趣味に関するつぶやきをすると、関連して反応してくれる方がいたりと緩い人との出会い?というか、対面したことがない方達とささやかなことで共感できたりと中々面白いです。
 未だの方、ものは試しでいかがですか?

2009年2月26日

朝の庭 訪れる鳥

雨上がりの今朝。工房の庭は賑やかです。
 コゲラ、シジュウカラ。
シジュウカラ090226 コゲラ090226

 
ホオジロ
ホオジロ090226ホオジロは初めて見たので、Yachoo!オンライン野鳥図鑑で調べましたが、我が家に訪れた鳥の方が可愛い表情をしていると思ってしまいました。

後からきっとヒヨドリやシメがリンゴ(芯と皮を細かく刻んだ)を目当てに訪れるでしょう。

2009年1月24日

和むひととき

 活木工舎の工房は自然豊かな場所にあります。
そのお陰で日常の中で小さな気づきがあり、心和むひとときを過ごすことができます。

 茅ケ岳南麓の当地周辺で見られる野鳥。特に雉の存在は一年を通じて感じます。

 そんな中での一コマから。
 
090120雉の雄と雌とキジバト水を飲む光景
上から2番目の写真を切り抜いた画像↓です。(望遠レンズ300mmの限界です)090120雉つがいとキジバトつがい?雉とキジバトは相性がいいようです。

2009年1月23日

コゲラ

 昨夜から気温が高くなり、残り雪も解けてなくなりました。
今日は当地は最高気温が15度。桜の花を見たくなってしまう陽気です。
そして明日は4度。
 体調管理をしないと風邪をひきそうですね。

 工房では急ぎの案件だった、ある法人企業様からのご依頼の引き出し小箱製作の目処がたち、無事納期に間に合わせることができそうです。
コゲラ1
 工房周辺では様々な野鳥を見かけることができます。
今日はコゲラの姿をご紹介します。
いつも存在に気がつく時は枝をつついている姿なのですが、ちょっと可愛い姿が撮れました。
コゲラ2

2009年1月16日

工房周辺でみる冬の野鳥

 昨日は八ヶ岳おろしで強風でしたが、一転した今日は穏やかな一日でした。
 "今日に限って" 撮りそこなうことばかり。
 
◇早朝
朝焼けの八ヶ岳を撮ろうとしたら、あいにくカメラが充電切れとなりシャッターがおりずに機会を逸した木を活かす職人。
◇朝
スズメ1羽が窓にぶつかって気絶。しばらくして起き上がりデッキの上で過ごし15分後には、近くのコナラの枝で休憩。
ツグミ1羽が訪れ、次いでメジロが2羽もコナラに。
◇午前中
いつものヒヨドリがリンゴの皮と芯の部分を食べに訪れ、
裏庭ではジョウビタキシジュウカラが訪れているのを確認。
◇午後
木を活かす職人は気分転換に林の中を散歩していたら、ルリビタキらしき青い鳥を見かける

一昨日はトラツグミが工房の入口ドアに激突して、命を失ったばかり。
今日のスズメは別の場所のドアで、無事仲間の元に飛び立っていったので一安心。

 外は寒いのですが、野鳥のさえずりに励まされ温かさを感じます。

 

2009年1月 5日

2009年新年のご挨拶

2009年
 明けましておめでとうございます。
 幸い関東近県では晴天のお正月を迎えることができました。
 気持ち新たに良い一年となるよう日々努めていく所存です。
 牛歩であっても誠実に、着実に前に進んでいきたいと思います。

本日より仕事初めとなります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末年始は帰省をしたり、帰宅後も保育園に普段預けている分、
幼子との時間をたっぷりとり、PCから離れて過ごしていました。 
 そのため、頂いたメールやコメントへのご返信やブログ訪問、また新年のご挨拶が遅くなり失礼いたしました。
          
-------------------------------------------------
ジョウビタキ 
年末より、ある一羽のジョウビタキが工房に訪れるようになりました。
胸に傷痕があるのが特徴です。
ジョウビタキ2

 
 

2008年10月 1日

コゲラ

「ツンツンツン」と木の幹や枝をつつく音。
コゲラのお出ましです。
シーズン到来。
0809コゲラ1 0809コゲラ2
 今年の9月は例年よりも半袖を通す日が少なく、ここ数日の寒さで
衣替えが間に合わず、適当にセーターを引っ張り出して着ています。

毛布をシーツ替わりにくるまって眠る息子を見て、シーツも冬用に変更しました。
とはいってもまだ暖房器具に頼らずに、衣類等を秋冬モードに変更すれば充分暖をとれる程度です。
皆様のお住まいの場所はいかかですか?
今日は東京都民の日。
通学していた公立小・中学校が休みとなる日だったので、未だに沁みついています。

そろそろ二季なりラズベリーが秋の収穫へ向けて実をつけ始めました。
徐々に赤みを帯びてくれるのを楽しみにしています。

工房ではオリジナル品とセミオーダー品のベビーサークル製品を製作中です。
今回の10月15日頃完成予定の在庫補充分以降は、オーダー家具製作の案件を控えておりますので、次回のベビーサークル製作は早くても12月予定となります。
 15日頃発送可能な6枚組以上のベビーサークルにつきまして、本日よりショッピングカートでのお申し込み受付開始となります。
 ご検討の程、よろしくお願いいたします。
木を活かす職人20081001久しぶりに木を活かす職人の姿を撮りました。
お陰さまで、元気に工房で製作しています。

2008年9月 6日

工房に伝書鳩が 

 工房の外の蛇口でバケツに水を貯めて、拭き掃除をしていました。
室内から雑巾を洗いに、バケツを置いてある場所に戻ると...。
 伝書鳩らしき、キジバトがいました。
 両足に番号がかかれた輪をつけています。
どうやら迷い込んだらしいです。

 全然逃げずに庭の草や地面をつついていますが、こちらが「ジィ~ッ」とみると
とぼけた表情をします。
 目は合いません。
 至近距離20cmでも逃げません。
飛ぼうともせず。
0809伝書鳩2
デッキの下にも潜り込んだり、いろいろありましたが、
私の直感で水が飲みたそうな様子。
植木鉢用トレイに水をはって、傍に置いてみたら美味しそうに飲んでいました。
 
0809伝書鳩夕方姿が見えなくなったのでわかりませんが、どうか猫などに襲われませんように。

 迷い込んだ伝書鳩ってどうしたらいいのでしょうか。
番号を元に飼い主を見つけ出すべき?といってもよくわからないし、
自然に任せておけばいつか戻るのでしょうか?

 

2008年8月 9日

ヒヨドリの家族

 今朝から工房の北側から気になるある鳥の鳴声。
 そして昼過ぎから雷鳴が聞こえ、湿った涼しい風が吹き、あきらかに天候がくずれそうな気配で夕方を迎えました。結局雲ってはいますが、降雨の気配がありそうでいてない状態です。
 
 そんな中、工房のプレハブ棟で納品間近のTVボードの仕上げ作業に入っている木を活かす職人。
その作業場面を撮ろうと、何度かログハウスとプレハブを往復している私。
 (現在そのTVボード製作場面を「お誂えの家具」ブログにて連載中)
080809ヒヨドリ2
 ふと朝から気になっていた例の鳴声。見ると雑木林になっている敷地内に、ヒヨドリのツガイがいました。
080809ヒヨドリ3
 何度も呼応しあうのですが、声が「ギぃーギィー」大きくうるさいくらいです。
そんなに呼び合ってと思っていると、私の立ち位置から2m以内の場所で「ピィーピィ」可愛らしい声も反応して呼応しあっいる様子。
 
080809ヒヨドリ1 鈍感でした。目を凝らしてみたら巣がありました。
私がお邪魔していたのです。ごめんなさい。
 無事巣立つまで、育ちますように。

無垢材を使ったオーダー家具工房の活木工舎

2008年6月 1日

工房周辺では、雉の鳴声が響き渡ります。
もう何度か、木を活かす職人が車で移動する際に遭遇していますが、
昨日その姿を撮ることができました。
080531kiji1.jpg
撮影者:木を活かす職人
かなり人馴れしているようで、何コマも撮る事ができました。
080531kiji2.jpg私は、別の時間帯に車中から、猛禽類が電線に止まっているのを見ました。
なかなか警戒心が強く、その低さで見ることができないので、運転席から眺めていると、直ぐ感づかれて逃げられてしまいました。
雨天だと、かえって野鳥の姿を見かける確立が高まるのでしょうか?

今日は一転して好天。朝から蝉時雨。
初夏を感じます。

2008年4月27日

ヒヨドリ

先日、清美オレンジを腐らせてしまいました。
もったいないので、ヒヨドリにあげることにしたのですが、
置いて数分したら、殆どなくなっていました。
恐らく、カラスが持っていってしまったのだと思います。

後から、遅ればせながらヒヨドリ”ツンツン”(名前をつけています)が、僅かに残った実を食べに訪れました。
hiyodori-orange1.jpg
加えて、まずは一飲み
hiyodori-orange2.jpg


とっても満足そう
hiyodori-orange3.jpg

2008年4月20日

庭に訪れる野鳥 4月中旬

いろんな野鳥の鳴声を耳にするようになってきました。

といっても、庭先に訪れているのは、雀、ヒヨドリ。
木を活かす職人が撮影したものです。
suzume1.jpg上の画像は、つがいで訪れた雀の片方です。下は、コンポストの手前で仲良く合流。
suzume2.jpg
ヒヨドリは連翹の花がお気に入りのようです。
hiyodori-rengyo1.jpg
下の画像は、ついばんだ花を口に加えているショットです。意外な発見でした。
hiyodori-rengyo2.jpg
無垢の木を使ったオーダー家具工房の活木工舎

2008年4月14日

庭に訪れる野鳥 4月上旬~中旬

晩秋から春にかけて、リンゴの皮や痛んだみかん、苺など果物を野鳥用に庭の片隅に置いています。
大概、ヒヨドリが食べに来ているのですが、時折お呼び出ないカラスもやってきます。
昨年春は、カワラヒワがタンポポをついばんでいた姿を見ました。
トラツグミを見て以来、息子も野鳥を見るのが楽しみになってきた様子。

先日念願だった望遠レンズを手に入れたので、早速”木を活かす職人”が野鳥を撮りました。
まずは、顔馴染みのヒヨドリ。
hiyodori1.jpg
このヒヨドリ、何と180度頭部を回転させています!
hiyodori180.jpg
hiyodori2.jpgいつも訪れると観察していましたが、改めて写真を撮ると思わぬ表情がみれるのですね。

そしてツグミです。
tugumi.jpg
遊びに来ていたことすら知りませんでした。
きっと、私達が気がついていないだけで、様々な野鳥が庭に寄っていってくれているのだと思います。
非常に近くにいて見つけにくいウグイスも遊びに来てくれるいいなぁ。
少しずつご紹介できるといいです。

無垢を使った手づくりオーダー家具木工房”活木工舎

2008年1月29日

トラツグミ激突

昨日の朝の出来事です。
工房のガラス窓に、野鳥が激突。ウッドデッキに横たわってしまいました。
ガラス越しに、自分の椅子を持ってきて、その上に乗って
「鳥さ~ん。起きなさ~い。元気になってお空を飛んでくだしゃ~い!」と息子が呼びかけていたら、むくっと立ち上がりました。
ただそこからが、長い。脳震盪を起こしてしまっているのか、頭部とゆらゆらさせています。
時折、目と閉じたり、開いたり。
トラツグミ
その間に、ネット検索をして野鳥の名前がわかりました。
”トラツグミ”です。初めて実際に目にしました。
林間部に生息するようなので、当然見かけもおかしくないのですが。
結局、衝突してから50分程休んでから、正気に戻った表情になり、元気に飛び立っていきました。
(鳥も辛いときの表情があるのですね。)

近くの林からは、工房の庭先にカラス、ヒヨドリ、シジュウカラ、雀、ジョウビタキ等がやってきます。
木を活かす職人さんは休憩時間に、双眼鏡を手に楽しんでバードウォッチングをしています。
工房見学の折、是非楽しんで頂けたらと思います。
ほら、今も小鳥が。望遠レンズを持っていないので、引き伸ばしてみました。(汗)
ウグイス科のムシクイに似ています。
bird_uguisu.jpg