2012年10月16日

紅玉のアップルパイ

 紅玉やジョナゴールドが手に入る旬を迎えました。

 気分はまさにアップルパイのフィリングを作りおきして、冷凍する仕込の時期という感じです。

  旬を楽しむのに、焼きリンゴにするのも美味しいです。

 そのまま生で酸味豊かな味わいを楽しむのも良し。 

 今月一度戴いたりんごの"津軽"と"シナノドルチェ"でアップルパイを焼きましたが、やっぱり自分の好みで作るアップルパイは紅玉のようです。レシピは信太康代さんの本「りんごのお菓子」掲載のものを参考にしつつ、冷凍パイシートを用いて作り続けています。

2012紅玉アップルパイ 昨日息子のリクエストで 今シーズン2回目のアップルパイを焼きました。

 

2012年10月15日

吐竜の滝

 紅葉シーズン到来を意識して、清里にある吐竜の滝に行ってきました。

201210月吐竜の滝1 いつか足を運んでみようと我が家で話題にしながら、彼是5年の月日を経て実現です。

 当時乳児だった息子も小学生。父親が撮影に臨んでいる間、好きに岩を登ったり渓流の水をすくったりと、それぞれがこの場を楽しむことができました。

201210月吐竜の滝にて 三脚を立てて撮影する木を活かす職人 この時カメラに納めた景色↓ 201210月吐竜の滝3 秋の深まりと共に、川俣渓谷の紅葉も楽しみです。 201210月吐竜の滝付近

遊歩道の先で通行止めがありますが、途中までは進むことができるようです。滝付近から先の遊歩道の入口にツキノワグマつ出没注意の案内が出ていました。

 熊除けの鈴を持っていなかったこともあり、この後駐車場に戻って清泉寮のカンティフェアへ向いました。

2012年10月13日

子供向け造形ワークショップに参加

 県立美術館で毎月開催される幼児低学年児童向けのワークショップ「つくろう!あそぼう!造形広場」に参加してきました。

 今日は「イーゼルを使って絵を描こう!」でした。

 赤・青・黄の三原色と白のアクリル絵の具やクレヨンを使って ダンボールを加工した白いキャンバスに思い思いの絵を自由にスポンジを用いて描く内容でした。

 このワークショップでスポンジで絵を描くのにだいぶ慣れてきた息子は、自由に自分なりの混色をスポンジに含ませては絞ったりと大いに楽しんだり、キャンバス上で重ね塗りをして混色をしたり工夫しながら仕上げていました。 

 

201210月造形広場にて ワークショップに参加した時は帰りに寄り仰ぐのは、芸術の森公園内に設置されている岡本太郎氏の彫刻作品「樹人」 です。

2012岡本太郎樹人 芸術の森公園内 このあと和菓子屋に寄り、季節感あふれる菓子を眺めて楽しむほんの少しの贅沢を味わいました。

 息子は上生菓子「紅葉」を 大人は「栗きんとん」。

 

2012年10月11日

ひまわりの種

 毎年ヒマワリの種を蒔く時、冬鳥の餌用にと種を沢山収穫できるように祈りを込めています。野鳥に自分で収穫した無農薬の種をあげたいのです。

 実は庭でヒマワリに適している場所があまりなく、これまで日当たりの良い場所と思い東側、南側に種を蒔いてみたりしていますが、散々な開花率を経験し続けています。

 庭の日照条件だけでなく、土壌の栄養分や虫害など影響しているようです。それでも懲りずに毎年どこでより大きく栽培できるか試しています。

昨年は西日に期待して家屋の西側に試しに蒔いた種は、意外にも元気に育ち、それなりに大輪のヒマワリの花を咲かせました。しかし今年も再度植えてみたら残念ながら育ちが悪く小さな花しか咲きませんでした。恐らく土に栄養がなくなっていることも影響しているのだと思います。

今年は偶然にもコンポスト脇から5月末頃に芽が出たヒマワリが2m15cmまで成長し、7月初旬に開花しました。これは冬に鳥が食べ残したこぼれ種から発芽したものです。

 コンポストからの栄養を糧にグングン成長している勢いのよさを見込んで、6月に息子が学校経由で入手したひまわりの種をその付近に蒔いてみました。が、結果的には先に成長したヒマワリには及ばなかったです。

2012ヒマワリの種 日照条件が限られている工房北側の花壇にも蒔いたりと試してみましたが、結果として今年も例年通り2kg程の種が収穫できました。毎年目標にしている5kg収穫まで届かず、今年も課題持越しです。

 野鳥の餌として約1ヶ月分にしかならないと思いますが、餌に困る厳冬期に野鳥が庭に訪れてくれることを楽しみにしながら来年1月までしまっておくことにします。

 

2012年10月10日

ミックスシードの種蒔き

 春の初めにホームセンターの種売り場で息子と種選びをしていた際に、彼が選んだ商品は ウタネ社の"ワイルドフラワー カラフルガーデン"でした。いろんな種類の花の種がミックスされたミックスシードです。

ミックスシード ワイルドフラワー種袋 パッケージに記載されている植物名 アリッサム、ヒメアラセイトウ、ビオラ、ワスレナグサ、ハゼリソウ、ムルチコーレ、ネモフィラメンジェシー、ニオイアラセイトウ、サポナリア、ヒメナデシコ、キンギョソウ、ベニバナアマ、ブルーフラックス、カスミソウ、タイム、ジャーマンカモマイル、ジニアリネアリス、ニーレンベルギア、ヒメコスモス、ギリア、バーベナ、フロックス 

6年前にやはり自分で同じワイルドフラワーの種を購入し、直播きをしたのですが発芽して開花まで育ったのはブルーフラックスのみでした。そのこぼれ種が毎年発芽を繰り返し、今年も咲いてくれました。

2012ブルーフラックス花

 今年は春蒔いた種から、夏に僅か1株ずつですが、わすれなぐさや、かすみそう、ヒメアラセイトウ、ベニアナアマなどが咲いてくれました。今は白、赤、サーモンオレンジ、ピンクのキンギョソウが順次咲いています。

2012キンギョソウ ピンク この後また次々と咲くことを願って、9月にまた種を蒔き順次発芽している様子を毎日眺めています。ある程度大きくなったらこの鉢から直植えに移していく予定です。いろんな種が混ざっているので、どの二葉や本葉がどの花の種類なのかわからず、もしかしたら雑草も一緒に栽培しているかもしれませんが、ワクワクしながら楽しんでいます。

2012秋蒔きミックスシード発芽ミックスシードのワイルドフラワーガーデンとの出会いは1990年開催の"国際花と緑の博覧会"の会場でした。その時私の感性にすごく働きかけてくるものがあり、自分の憧れる庭の姿だと感じました。やがてそれはニアソーリー村のビクトリア・ポター氏の庭へと連想させていくものとなり、今でもとても憧れています。

2012年10月 8日

祭り

 連休中は預かっていた犬を連れ帰る為、息子と実家に帰省しました。

 ちょうど、滞在中に 子供の頃から氏神様として親しんでいる武蔵境にある杵築大社のお祭りがありました。

 幼少の頃、兄と一緒に山車を引く列に加わって歩くのが楽しかった思い出が蘇り、急遽思いついて息子と姪と一緒に境内に詣でてきました。

 帰路、武蔵境駅前で北口側の境の神輿と、南口境南の神輿が通り過ぎていくところに出くわすことができ、神輿担ぎの威勢の良い「エッサエッサエッサ」の掛け声と共に息子に祭りの雰囲気を少し伝えることができました。

 携帯電話のカメラで急いで撮影したのでブレまくりですが...

2012祭り神輿 神輿担ぎの中には、恐らく小学校時代の同級生もいたのではないかと思いながら、地域を盛り上げてくれている姿が嬉しくありがたく感じました。

 

2012年10月 6日

パンプキンパイ

かぼちゃの季節になりました。

直売所でもいろんな種類のかぼちゃが売られています。

 かぼちゃ料理が続いたので、目新しいことをしようと思い立ち、直売所で買い求めたかぼちゃでパンプキンパイを作ってみました。

 

パンプキンパイ 圧力鍋でかぼちゃを蒸すとわり簡単にペースト状につぶせるので短時間で準備ができました。 

 スイートポテトを作る要領に似せつつ、シナモンやグローブなどのスパイスも入れました。

 夫が喜んでくれました。

 

2012年10月 5日

続 ドア製作

 工房ではただいまドアの製作が続いています。

2012ドア製作作業中

2012年10月 4日

秋 夕焼け

 昨日ほんの僅かな時間でしたが17時半頃に綺麗な茜色の夕焼けを南西(南アルプス)・西北(八ヶ岳)方向にそれぞれ楽しむことができました。

 八ヶ岳方向からの夕焼けで、ダイニングの窓辺が茜色に照らされて、色による温感をとても意識するひとときでした。空から届く光の美しさに魅了される時間は突然訪れ、すぐに消え去ってしまいますが、その儚さがまた次なる遭遇への期待となるのかもしれません。

201210月夕焼け  この画像は南アルプス側で"木を活かす職人"が撮影したものです。

  八ヶ岳方面の夕焼けは更に濃く、息子が「空が燃えているみたい」と表現していました。

 

2012年10月 3日

りんご

 リンゴの季節に入り、紅玉がいつ出回るか気になっています。

 頭の中ではアップルパイ用フィリング作りのことでソワソワです。

 そんな私の気持ちが伝わってしまったか、昨日キャロル(萌木の村にあるティールーム)の平賀さんから、諏訪の果樹園から仕入れたというリンゴを頂きました。

2012octりんご "シナノドルチェ"と"津軽" の2種類です。

 「煮るのだったら、2種類一緒に」とアドバイスを頂きました。いつも通り信太康代さんのレシピを参考にした方法で蒸し煮をしフィリング用に保存しました。

  今日午後のおやつに今秋初のアップルパイを焼く予定です。ちなみに参考にしているレシピは信太康代さんの本「りんごのお菓子」です。 図書館で借りて気に入ったレシピ本です。

ご参考まで:アマゾンで中古本なら入手可能なようです。アマゾンサイト→ りんごのお菓子

2012年10月 2日

金木犀の香る頃

  庭先で金木犀の芳香に魅せられる時節を迎えました。

  あまり手入れをしていないのですが、今年も花をつけてくれました。 2012金木犀 この時期限定で天然の室内香を楽しむべく 家のあらゆる場所で一輪挿しに活けています。

 洗面所や化粧室の窓では、スパイス用の小瓶に入れると収まりが良く重宝しています。