2012年7月15日

野生 オオムラサキ蝶の来房

 

毎日1日1回はオオムラサキ蝶が工房に訪れてくれます

 

 今日は地面にとまって静かに管を砂に差し込んでいるような動きをしている

オオムラサキがいたので 木を活かす職人がすぐ脇に立ち接写していました

野生オオムラサキ蝶

弱っているのかと気になりましたが、 息子が手を伸ばして羽を捕まえてみようとしたら、向かいの桧林に飛翔して行きました。

 どうも石灰質がお好きなのか? 樹液と無縁は場所に美味しいものがあるようでとどまっていたようです。

 北杜市内になるオオムラサキセンターで蝶が人工飼育されてされているのを観察することができます。

  それ故に庭先で野生のものを庭先で遭遇できることが、毎年嬉しくて興奮してしまいます。