2011年7月14日

思い出の詰まった公孫樹で -ただいま工房では

お客様の思い出の詰まった公孫樹の丸太をお預かりし、製材し、あれから3年近く経過しました。

 ただ今、工房では、その材を活用してお仏壇製作に入っています。

公孫樹の材 手押しプレーナー加工中 実は2008年にブログ記事でご紹介したことがある公孫樹の話の続きなのです。

「公孫樹の木を製材」 http://www.katsumokkousha.com/blog/2008/11/post-62.html

 お客様ご家族で熟考なさった結論です。

 

公孫樹の材 

お仏壇製作中  製材後の乾燥状態も良好で、お預かりした材を活用でき安堵しています。

2011年7月12日

端材で遊ぼう 5歳児

 

  6月のとある日、帰省先の東京から戻ったばかりの翌々日、R君が遊びに来てくれました。

息子のおもちゃで一緒に遊べるものを物色していると、中央に穴が開いている活木工舎オリジナル積み木を見たR君が「ビー玉転がし」と言い出し、どうもR君はスイス・キュボロ社cuboroと勘違いしているのではと直感しました。 残念ながらその玩具は我が家にはありません。

 既製品の玩具にはない遊びを、二人で創り出してくれることを願いながら、椅子製作で生じたR面を持つ端材を活かして、ビー玉コースを作ることを二人に提案しました。

無垢家具端材で遊ぶ子供ら1 端材で遊ぶ ビー玉転がしレール作り

すっかりピタゴラ装置を作っている気分で、3日間連続で取り組む5歳児君達でした。

2011年7月11日

拡張テレビボード製作(オーダー家具) 

 

  先日梅雨明けを迎え、夕方になると雷鳴が響くようになりました。

  今年春からは、このブログを更新することが出来ずにいます。楽しみにしてくださって訪問してくださる皆様に申し訳なく、少しずつでも近況をまたお伝えしていければと思います。

  お得意様であるK様のお誂えの拡張テレビボードが完成いたしました。(製作場面を撮影し、このブログでお伝えしていきたいと思っていたのですが、結局私が工房に入って撮影する時間が取れず大変申し訳ございませんでした。)

 

 完成したのはこちらです。お客様のムービングファニチャーシリーズから。

拡張テレビボード

拡張TVボード(オーダー製作品)

 

棚板がスライドレール方式となっています。棚板をスライドしたところ。

拡張テレビボード(スライドレール)キャスター付(オーダー製作)

昨年お納めした画像(お客様K様ご提供)↓のテレビボードの左側に設置されてご使用になられるそうです。

テレビボード(K様ムービングファニチャーシリーズ)オーダー製作

K様はご自身がイメージなさった室内空間を、年々充実なさっていかれています。弊舎はその具現化のお手伝いに加われることができ嬉しい限りです。