2011年2月26日

産総研 キャラバン2011 やまなし(1)ヒューマノイドロボット

 

 先日の日曜日、山梨県立科学館へ家族で遊びに行ってきました。

保育園に配布資料として設置してあるサイなびという案内紙をいつも眺めているばかりだったのですが、ようやく重い腰をあげて、ヒューマノイドロボット HRP-2の実演と工作好きな息子が喜びそうな万華鏡作りのコーナーをお目当てにでかけたのです。

 昭和の時代生まれの立場としては、ロボットというと立方体で出来ていて動きが"カクカクした"イメージをステレオタイプとして植えつけられてきたのですが、アイボやアシモも登場でそのイメージも徐々に変化してきましたが、今回の実演を見て、動きのなめらかなことに驚きました。

 人間国宝級の方の踊り手の名手の高度な鍛錬された舞いをモーションキャプチャでデータ化してロボットが再現しているので、当然滑らかで無駄がない自然な動きなのです。こうした技をロボットが再現してアーカイブ化が図られるのは素晴らしいけど、 ロボットが舞う狂言はやっぱり味気なさそうだなぁと余計なことを考えてしまった。

HRP-2ロボット  

 でも21世紀生まれの息子世代にとってのロボットって全然違う対象物なんだろうなぁ。  

2011年2月15日

雪景色

 

20110215southalps.jpg 昨日は町内の他地点が雨だったにも関わらず、我が家は山沿いの標高600m付近ゆえに、昼前から雪が降り始めました。

工房の積雪量は30cm位に達し、今朝は夫の雪かき作業は大変そうでした。

 今は八ヶ岳おろしの強風が吹きはじめ、うなりをあげています。

 

20110215snowtree.jpg 昨年末以来、しばらくブログ更新が滞っていることで、いろいろとご心配をおかけして申し訳ありません。

半年前に不注意による怪我(骨折)が機に、新年早々に怪我を繰り返してしまいました。今はただ、しっかりカルシウムを摂り、なるべく静養するように外出も控えて1日も早く完治を願って通院しながら日々過ごしています。

 公私に渡りいろんなことが空回りし、スランプ状態になる中でブログやツイッターは案の定お休みとなってしまいました。

 そんな気持ちへの突破口を私のメンターであるA女史や友人からのメール、そしてこの雪が導いて塞ぎこんだ気持ちをクリアにしてくれたようです。

20110215pinetree.jpg 

 今シーズンは断続的に降雪に見舞われている豪雪地帯にお住まいの方のご苦労を考えると誠に心苦しく申し訳ないのですが、

空気が澄み渡った中での雪景色と白い輝きのお陰で、久しぶりにブログ更新を意識してカメラを向ける気持ちになれました。