2010年11月 6日

四尾連湖


 先月より、山梨県立工業技術センターデザイン技術部 山梨県デザインセンター主催の「やまなしモノづくりデザイン塾」のAコース「企画発想力の強化」に"木を活かす職人"(夫)が参加しました。

 講義最終日の昨日、ワークショップの会場が当初予定地より変更となり、彼は市川三郷町の四尾連湖(工房から車で1時間強)まで行って来ました。

 紅葉が始まっていて、実際の青空よりも青々しく湖面に鏡面されていたそうです。
 場の力がある場所ということで、会場が変更になったそうです。 
 カルデラ湖で波もなく静かな佇まいの湖面に、時折魚が跳ねる音だけ響く、とても神秘的な場所だったそうです。
 龍の神様が住んでいるいう由来があるようです。

 
四尾連湖

 私にとって因縁がある場所で、いつか機会があったら家族で訪れたいと思います。

コメント

お久しぶりです。四尾連湖の紅葉、今頃が一番でしょうか。
何年か前に夏の家族キャンプに行きました。
今頃はお客さんも少なくて、静かだろうと思います。

→リワーク職人様
コメントありがとうございます。
キャンプ施設が整っていますよね。
鏡面に映える紅葉を想像すると叔父が眠っていることもあり
いつか再訪問したいと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)