2010年11月 3日

季節の終わりに

 
 日増しに寒さが厳しくなり、遅いように感じた秋は短く去ろうとしています。

 工房の庭では今年初夏から3回目となるラベンダーの開花が見られ、また芽吹きが遅かった朝顔も元気に育っていたりと何だか不思議な光景が見られます。
 夏に実らなかったラズベリーも秋の収穫期を少しずつですが順番に迎えています。

  今日は熊避けにスイス製カウベルを鳴らしながら、八ヶ岳が良く見える場所や森を息子と散策。
  牛になった気分になりつつ 松ぼっくりやドングリ拾いをしました。
  赤トンボが佇む息子の背や私の胸にとまってくれました。
   冬の到来を伝えるがごとく、複眼で目をあわせてきました。
  先月まではこちらが近づこうものならすぐに飛んで逃げていたのに...。

  この季節は、満点の星空がきれいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)