2010年9月30日

端材活用 4歳児編

 
 家具製作をすればどうしても生ずる端材
 とくに木端は製作者は作業中に端材を段ボールに入れていくので、製作時期によって中身も様々です。

 ここ最近子どもの遊び用にと私が少し取りよけています。
 直方体、四角柱、三角柱などが多くを占めるのですが、息子はちょっと変わったものがお気に入り。 
昇降盤などの歯の調整で試しに削られたものなど、加工の痕跡がある端材を喜びます。

 そんなことから、今日はウォールナットの端材でボール盤で穴開けが試しにされていた痕跡のある端材を発見。4歳児は私の予想通りの反応でした。
 息子はそれを見るなり「ペン立てだ」と喜んでいました。
 「おとうさんが使っているペン立てと同じ!Tちゃんの方が7個もある!!」と。
ウォールナットペン立て
 穴が浅いので、工具を持たない息子にとって思いつく道具 端材の細い棒で穴を掘ろうとしていましたが、ウォールナットの堅い木に、別の材は削られていくばかり。
 とうとう断念したようですが、特にそれなりに満足して就寝しました。
 
 今夜を就寝前に、木を活かす職人さんは穴の深さを気にしてこっそりボール盤で作業。
 
 切り落とされた端材であって、デザインされたものではないけれど新しい使命を得たこのペン立て。
 息子が何歳になるまで使うのかな。 

2010年9月29日

日曜大工 ウッドデッキ解体 その後

 いま工房ではコスモスの花が満開です。 
 先日秋晴れの日に工房のウッドデッキ解体後の姿を撮りました。
 
工房ウッドデッキ解体後
 少しずつ仕事の合間を縫って、一人で黙々と解体作業を進めていた"木を活かす職人"
 ここから先は、知人の大工さんにお願いしながら、途中参加しながらデッキ改修工事は進んでいく予定です。 

 解体前の姿はこちら
ウッドデッキ改修前の姿

 デッキ改修工事の手始めに洗濯干し場と自宅玄関ができる予定です。
 そして来年にはショールームが完成する予定です。 

2010年9月27日

ウォールナット脚付き八角形額 


 先日から製作していたウォールナット材の脚付き八角形の額が完成しました。
 施主様のご要望にお応えできるよう、新たなチャレンジをしながらの製作でした。
20100927sailersva.table1.jpg


 特殊な八角形の額は、アメリカ合衆国発祥の貝殻クラフトアートの"セーラーズバレンタイン"の作品専用です。それに脚をつけてテーブルのような感じにし、作品鑑賞ができるようにしたものをお誂え品として製作しました。
 
20100927sailersva.table2.jpg

 セーラーズバレンタインは、八角形の額の底板に大小、色形のさまざまな貝殻が素敵にレイアウトされて作られていくクラフトだそうです。日本における第一人者であるアトリエしぇる(山梨県在住)さんが、セーラーズバレンタインの普及・指導にあたられています。
 詳細はアトリエしぇるさんのHPをご覧ください。
 <ご案内>蓼科バラクライングリッシュガーデン 
 ハーベストフェスティバル2010 バラクラの収穫祭10月7日(木)〜10月11日(月)にアトリエしぇるさんは参加なさるそうです。
 是非、セーラーズバレンタインの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

 


2010年9月25日

息子の端材遊び

 家庭環境ゆえに、息子がいつか端材で遊ぶ日が訪れるだろうと思いながら、特に促すことなく、そっと見守ってきました。
 8月に、セルフビルドで在来工法で自宅を建築中の友人を訪ね、現場で木端を拾い集め嬉しそうに庭で並べて遊びだした4歳児。
 
 工房で生じる端材は、何かの形で活用できるようにと"木を活かす職人"が、箱に仕分けし整理されていくので、子どもが拾い集める感じではないので、少し環境を整えてあげることにしました。
 
 木のおもちゃ プラントイズのカタログを知人のお店でもらってきて以来、毎日眺めていた4歳児。
 電車とレールが欲しくなり、早速作ってみることになりました。
 作るといっても道具をもたずに加工するので、端材そのままの形状です。 
 ほぼ同じ樹種の大きさが揃ったものを集め、穴あけだけは父親の協力を得て作りました。
 
4歳児の電車
  今後、これに色を付けて連結できるようにするそうです。

2010年9月24日

工房では ー脚付き八角形の額製作ー

 3本脚のついた八角形額の製作をしています。
 セーラーズバレンタインという貝殻を用いた米国発祥のシェルアートは、八角形の額を用いて制作されるクラフトだそうです。
201009八角形額

 そのセーラーズバレンタインの作品の飾り方として、額そのものが天板となるテーブルのような脚付きタイプのものがあるそうです。
 お客様のイメージや使途をお伺いし、現在製作しています。

 
201009セーラーズバレンタイン用脚1
 こういう装飾的な脚は、活木工舎では珍しいデザインのものです。
 施主様のご要望にお応えすべき、普段あまり作ることが少ないテイストのものでも形にしています。
 「お客様のご注文で、さらに技術を鍛えさせて頂く」感じのようです。

 オーダー家具工房として、可能な限りお客様のご希望に沿って実現するよう努めています。
 弊舎 活木工舎の製作品例にとらわれず、ご希望のイメージの家具があればお気軽にご相談ください。

2010年9月23日

タテハ蝶の仲間達

  昨日、庭先のブットレアの花の蜜を吸いにチョウ達が賑やかに舞う姿をみかけ、撮ってみました。
  何故かタテハチョウの種類が集まっていました。 

  メスグロヒョウモンの♀
メスグロヒョウモン蝶

ミドリヒョウモンの♀
 羽を閉じた姿は、ステンドグラスのような美しさがあります。
ミドリヒョウモンチョウ メス


 
 キタテハ こちらはランデブーをしていましたがそれは撮れず
キタテハ蝶
  蝶が集まる花としてブットレアはお勧めです。
  我家のブットレアは、ご近所のネイチャー系のビデオカメラマンK氏から分けていただいた株です。
  

2010年9月22日

ボール盤の偶発的オブジェ

 自分が撮影した画像データを取り込もうとカメラのメモリカードを見ると、
木を活かす職人さんが撮った面白い画像が
ボール盤に絡みつく削りだされたおがくず


 現在、工房ではウォールナットで八角形の特殊なセーラーズバレンタインという貝殻アートクラフトを飾る専用テーブルを製作中です。 
 その製作過程で工作機械のボール盤での作業場面で生み出されたもの
 刃に絡みつく削りだされたウォールナット材のおがくず
 ウォールナットは堅い木なので、より張りがあり面白い形状に丸まった様子

 作業を進めれば、手で払って瞬時に跡形もなくなってしまう 儚きおがくずオブジェ
 製作者が作業の手を止めて、思わずカメラを構えた一枚です

2010年9月21日

オーダーTVボード

 お客様の構想なさったムービングファニチャーシリーズのナラ材を用いたTVボードが完成しました。
 オーダーメイドならではの世界に1点だけしかない家具です。

  正面から切り欠きが見えているのは、棚板がスライドする仕様になっているからです。

オーダー製作TV台

2010年9月16日

会津桐下駄

  昨日、今日と久しぶりの降雨。
 元気をなくしていた庭の木々の葉に、勢いが戻ってきました。

 先月購入したサンダルがきっかけで、足に局所的に負荷がかかる歩き方をしてしまい、足底部腱膜炎になってしまいました。

 歩き方を変える必要もあり、試行錯誤ですが、在宅で仕事をしている時は裸足なので問題はなく、
家の周りを歩く時に、夫の提案で下駄を履いてみたら具合が良いです。

 
会津桐下駄
 亡き祖父の遺品にあった新品の会津桐下駄。
 新品とはいえ、長く保管されている間ついた染みがあります。

 桐は温かく、足に馴染みます。
 幼い頃から身近にあった父の下駄。
 それを履くというより、足先をひっかけて庭先を歩いてみた記憶が蘇ります。

2010年9月12日

TVボード製作 -塗装

 今年の正月 施主様から頂いた年賀状でテレビボードを構想中でいらっしゃるとお教え頂きました。 
 季節が夏を迎える頃に、施主様からイメージ図案を頂きました。
 世界に一つしかない施主様ご自身がイメージなさった家具。その具現化に向けて打ち合わせを重ね、季節は秋に。
  納期に関して緩やかなお心遣い賜り、そのお言葉に甘えながら、作業を進めてきたTVボード。
 
 さていよいよ仕上げとなりました。
 先週オーダー製作中のテレビボードが塗装工程に入り、先日2回目の塗装を終えました。
 
20100909塗装2回目作業より
 

現在乾燥中です。
20100909-塗装乾燥中

2010年9月10日

音の出ない鍵盤

 
この夏、今年新しくオープンなさった音楽教室の看板制作のオーダーを承りました。

家具職人は"鍵が凹まなず音鳴らない鍵盤"を作りました。
201008鍵盤制作1
ウォールナット材を用いて白鍵部分は板を少し削って印をつけ、
黒鍵は一つずつ作り3オクターブ分できました。

201008鍵盤制作2
 施主様の庭先の木樹と南アルプスの山々を背景に立っています。
(施主様のご意向により、制作した看板はネット上での公開はしておりません。)

2010年9月 9日

新聞古紙でつくるゴミ袋

 レジ袋有料化の流れに伴い、エコバックが日常化されている毎日。

 ゴミ箱やゴミ入れ、汚物入れにいれる内袋のごみ袋に手元にあればレジ袋を使っていますが、とうとうその在庫もきれてしまいました。

 高校時代、トイレ掃除当番になると必ず作っていた新聞古紙を利用した汚物入れにいれるエチケット袋。
 時折思い出しては作ってみるものの、何か記憶の断片とは違うものしかできず再現できず。

 今日は思いきってネット検索をしてヒットするものから順に作ってみました。
 途中の過程まで似ているゴミ袋の作り方が紹介されているブログに出会い、思い出せた気がします。
新聞古紙で作るエチケット袋
ということで忘備録のようで申し訳ないのですが、
 "某カトリック系女子高で伝授されたトレイ掃除の際に作るゴミ袋の折り方" に類似した折り方をご紹介します。
 
新聞古紙 ゴミ袋折り方1
1)新聞紙見開き1枚を用意
2)ゴミ袋の高さを決めるので容器に合わせて新聞紙の下を"たに折り"します。
折りが深いと紙が2重になった状態で袋が出来上がります。

新聞古紙でつくるゴミ袋2
3)次に新聞紙を裏に返します
4)三つ折にします

新聞古紙で作るゴミ袋3
5)左図の1~5の順に折ります
1.2.
三つ折をしたら、上側の輪ではない紙端を持ち、すぐ下にある面の2)で折った中に入れます。

3.上辺の左右両端を紙の中心線に合わせて三角に折ります。

4. 3.で折った三角形を 2.の中に入れ込みます。
 三角形底辺を折った場所がゴミ袋の底になります。
 
非常にコンパクトなので作り置きしておくと便利かと。円筒や三角コーナーの容器に向いていると思います。

 連続で試しに2回作ってみましたが偶然にも測ったように同じサイズ。
高校3年間で仕込まれた甲斐があったのでしょうか、手が覚えているようです。
 掃除の後はシスターのチェックが入ったような記憶が...
"マリア様 いやなことは私が"の標語と共に

2010年9月 8日

工房では  ミニテーブル(セーラーズバレンタイン用)製作

 
 台風の影響で今朝から久しぶりの降雨となり、終日涼しい秋の日となりました。
 昨日夕方に、仕掛かり中のオーダー製作品の一回目の塗装を済ませ目下乾燥中です。

 工房では八角形のミニテーブル製作に入りました。
 セーラーズバレンタインという八角形の額に貝殻を飾り付けるアメリカ発祥のシェルアートクラフト。
  ミニテーブルはその八角形の額を天板にしたイメージのもの。
 ということでトップはガラス面となります。
  
板ガラス裁断加工途中 画像は板ガラス裁断過程より

◆ご案内◆---------------------- 
セーラーズバレンタインのアトリエしぇる様が この9月に山梨県甲府リバーシティカルチャーセンターにて貝殻アート教室を開講されます。
 詳細はアトリエしぇる様のHPおしらせをご参照ください。

2010年9月 6日

工房では セーラーズバレンタイン用スタンド製作

  
アメリカ発祥のシェルアート 
八角形の額の中で拡がる貝殻アートのセーラーズバレンタイン
 
日本でこのアートクラフトの認知と普及活動に励んでいらっしゃるアトリエしぇる様のご依頼で、作品の八角形の額を立てかけるスタンドを製作しています。
 
20100906セーラーズバレンタイン用スタンド製作1
納期が迫っているので、他の製作作業や工房解体作業は一時休止です。

 工房ではいろんな仕事が並行して走っています。
納期に合わせて、効率よく合理的にスケジュール調整しながら取り組んでおります。

 怪我だけはしないように細心の注意を払って。 

2010年9月 5日

日曜大工 ウッドデッキ解体

 今日は家具工房は休業日。
 ですが、家具職人はウッドデッキ解体作業をしています。
20100905ウッドデッキ解体釘抜き
  工房兼自宅のリフォーム工事は、セルフビルドを基本に進めています。
  一本ずつ釘を抜く作業。
  屈んだり立ったり、ここまでの作業で抜いた古釘です

20100905抜いた古釘ウッドデッキの面積が広いので、解体作業はまだまだ続きます。

2010年9月 4日

工房では ーTV台(TVボード)製作

  必要な金具の取り寄せを済ませ、先日よりオーダーメイドTVボードの製作を再開しました。
  
 画像:前日に製作した棚板
100903テレビ台に用いる棚板

一枚ずつサンディング
 
100903テレビボード製作棚板サンディング作業

 今日はスライドレールの取り付けなどしているようです。
 (ただいまカメラ電池を充電中につき、撮影が出来ず....)

  

2010年9月 3日

ウッドデッキ改修工事始まります

 日中、厳しい陽射しと暑さが続きますが、お元気にお過ごしでしょうか。
 昨夜は涼風が二階の寝室にそよぎ、虫の音色以外で肌で秋を感じるようになりました。

 いよいよ念願のウッドデッキの改修とショールームの増築工事が始まります。
 ウッドデッキはログハウスの南面にあります。
 この雪化粧した工房の姿からどう変化するのか、完成が楽しみです。
 
雪化粧した工房ウッドデッキ
  先日壁面の撤去作業が済み、この後は床板が剥がされていきます
201009ウッドデッキ解体途中
 ウッドデッキ際に作った花壇はハーブガーデンとして、ラベンダーやセージ、タイム、パセリ、イタリアンパセリ、サフランなどが植えてありましたが先日移植をしました。
 どうも移植したフレンチラベンダーが調子が悪く、お嫁入り先を確保したものの様子見をしています。
 

 そして工房ではご注文賜っているオーダー家具製作と並行しながら、改修工事に携わっています。 施主様とお約束している納期は守ります。ご安心ください。