2010年7月24日

ひまわり畑(明野サンフラワーフェス2010)


広大な向日葵畑 山梨県北杜市明野町の夏のイベント "明野サンフラワーフェス2010"
イベント開催時期を向かえ、ひまわり畑の様子を 木を活かす家具職人が今朝7時台に朝撮りしました。
 向日葵畑は当工房から車で5分の場所にあります。

 南アルプスをバックに
20100724南アルプス側明野サンフラーフェス2010 南アルプス・甲斐駒と
20100724甲斐駒ケ岳と向日葵畑


 八ヶ岳をバックに遠目から見ると、今開花時期を迎えたの雰囲気が伝わるかと思います。
20100724八ヶ岳を背景に 明野サンフラワーフェス2010 向日葵畑の会場は数箇所に分散されており、サンフラワーフェス開催期間中はそれぞれ向日葵の見頃と共に観賞場所も移っていきます。

 向日葵畑の会場は、標高約800m位の場所にあり、とても陽射しが厳しいので熱中症防止対策をして、お出かけください。

 ー工房見学ご希望のお客様へー
 弊舎 活木工舎にお立ち寄りくださる場合には、お手数ですが電話0551-25-0041までご一報ください。日中は家具製作に専念しており、工程の都合上、その作業を中断することが困難な場合がありますので、事前にご予定をお教えいただけると助かります。

2010年7月23日

シェル(貝殻)アート 八角形額製作中

 
 アメリカ発祥の貝殻アートのセーラーズバレンタイン(Sailors' Valentine)で用いる専用の八角形の額を現在製作中です。
セーラーズバレンタイン用八角形額
 伝統的な八角形の額を用いて、板(八角形)に貝殻を貼り付けてアレンジして楽しむアートだそうです。

 現在このシェル(貝殻)アートのセーラーズバレンタインのクラフトを日本で広めていきたいと、精力的に活動なさっているアトリエしぇる様のご依頼でこの額を製作しています。
アトリエしぇる様のブログはこちら)
アトリエしぇるご案内ハガキ
この夏、アトリエしぇる様は北杜市小淵沢のリゾナーレの八ヶ岳マルシェクラフト体験コーナーに出店されます。
 伝統的なセーラーズバレンタインをご覧いただくこともできますし、クラフトワークショップではアトリエしぇるオリジナルのシェルアート制作体験もできるそうです。

 小淵沢で、夏の思い出に新しいシェルアートの世界に触れて、実際にクラフト体験を楽しむのも素敵です。是非、お立ち寄りください。

 詳細
リゾナーレ   八ヶ岳マルシェ(7/24~8/31)
 ピーマン通り クラフト体験 スケジュール
http://www.risonare.com/plan/images/2010_summer0715.pdf
 



2010年7月22日

来訪者 オオムラサキ蝶

 毎年夏になると我が工房の庭先にオオムラサキ蝶が舞いに訪れてくれます。
 時には工房内に迷い込んでくることもあります。

 今年の初物?は、ベルトサンダーで作業中の"木を活かす職人"の足先にとまることがハプニング?があったようで、急いでカメラを持って追いかけたようですが逃げ足が速く写真は撮れなかったようです。

 そんな話を聞いていた私に、今朝チャンス到来!!
 あまりにも晴天続きなので草木に水遣りをしていたら、いらっしゃいました。
 ただ場所が雑草防止を兼ねて不要になった風呂マットを敷いている上に、オオムラサキ蝶が佇むので、絵にならない。
20100722オオムラサキ蝶

 ちょっと草木のある場所に泊まってくれるといいと、私の存在を伝えたら迷った挙句に隣家の庭木に飛んでいってしまいました。
 望遠でトリミングをした画像ですが
20100722オオムラサキ蝶2

 蝶を一羽見かけたに過ぎないのですが、何だか生息地としての自然条件が伴わないと見ることができない"蝶"だという思い入れから、心の中から沸いてくるワクワク感。

 大人になってから特に虫嫌いになっている私は、鱗粉が手につくのが嫌で蝶や蛾は触りたくはないのですが、観賞するだけなら大丈夫。

 林間部で自然が豊かな場所に暮らす生活なので、出来るなら出会いたくない家屋に侵入する虫達もあり、時には悲鳴を上げるという自己矛盾を抱えている私です。
 でもオオムラサキ蝶をはじめいろんな種類の蝶が舞っている姿を庭先でみかけると、人工的に飼育されていないその自然体の姿に嬉しくなります。
 
 今日は素敵な1日を迎えられそうなそんな気分。
 猛暑続きで厳しき折、皆様こまめの補水や涼をとりながら熱中症対策を施して今日も1日元気にお過ごしください。 
 



2010年7月21日

第2回ひまわり手づくり作家市 出店します

当地、山梨県北杜市明野町の夏のイベント広大なひまわり畑の会場
"明野サンフラーフェス2010"の開催期間中の8月14日(土)、15日(日)に
"ひまわり手づくり作家市"が今年も開催される運びとなりました。

 活木工舎では地元開催ということで、昨年の第一回開催から参加出店をしており、今年も参加します。

 今年は場所が昨年と変わりますが、ひまわり畑が大きく花開く場所で多くの出会い・再会を楽しみに皆様のお越しをお待ちしております。
 
 出店参加者リストを見ると、木工の他、陶芸、革、刃物、布、金属、盆栽、ガラスなどの77のクラフト作家部門と、飲食部門15店舗の予定のようです。

 開催日:2010年8月14日(土)、8月15日(日)
 時間:午前9:00~午後4:00
 場所:山梨県北杜市明野町浅尾5259-950

ひまわり手づくり作家市案内
ひまわり手づくり作家市2010地図


2010年7月12日

パンを載せて木皿やトレー日々活躍中

  家具を製作した際に生じる端材 これも貴重な無垢の材料
 その端材の中から、木を活かす職人が厳選して適しているものを見出して創り出す木皿、
トレー、一輪挿しなどの日用品としての雑貨小物類があります。

 昨年秋に弊舎HPをご覧になったデザイナーさんとご縁ができ、京都のパン屋さん(オレノパン様)の店頭で多くのお客様の目に触れることになりました。
 新店舗、従来店舗のリニューアルと続き、本日も新たに店舗がオープンされたようです。
 開店おめでとうございます。

 こちらのお店ではウォールナットの木皿やトレーがメインでパン皿として活躍しているようです。
 中々京都まで伺うことはできないのですが、その姿を"食べログ"の読者投稿画像から見ることができます。

 パンを買いにお出かけになる機会がございましたら、活木工舎の木皿やトレー達が活躍している姿をご覧頂ければ幸いです。
 活木工舎の木皿はオンラインショップ"無垢クラフト"にて販売しております。
 どれも限定1点の製品です。お客様との素敵な出会いをお待ちしています。

 ORENO PAN OKUMURA  オレノパン

2010年7月 6日

赤紫蘇自前調達

 今年もこの時期になると庭先のある一帯に赤紫蘇が群生してくれました。
赤紫蘇
 元々は6年前にちぢみ青紫蘇の種を撒いて栽培していた場所だったのですが、3本程林道の路肩に自生していた赤紫蘇を移植して以来、どんどん繁殖力が増してしまい、今年は青紫蘇の姿を見ることができなくなってしまいました。

 青紫蘇に比べ、赤紫蘇の方が天敵が少ないようで収穫もしっかりできるので、今年も自家製梅干しと自家製ゆかりを作ろうと思います。
 
 6年前に自力で(実家の母の助けを借りずという意味で)梅干し作りに挑戦した時、ちょうど赤紫蘇が市場に出回る時期を逃してしまって、ご近所から少しずつかき集めて頂きました。
 それでも必要量足りずに。
 そんな思いから自前で調達体制をが整い喜びを感じます。

 梅酢ができ次第ゆかり作りに入りたいです。 
ゆかり作りは、紫蘇の葉を一枚一枚丁寧に広げて干す作業が一番手が掛かるのですが、今年も根気よく作ってみたいです。

2010年7月 5日

ケヤキ座卓 塗装乾燥中

 工房では現在一枚板のケヤキの座卓製作の完成に向けて最終工程に入りました。
 先日のブログ記事以降は、脚のサンディングを終え塗装前の仕上げを済ませ、すぐに脚の組み作業に入りました。
 脚はこんな感じになりました。
 
ケヤキ座卓脚
 その後はオイル塗装と作業工程が進みました。
現在 オイル塗装1回目の乾燥期間に入っております。
 活木工舎で扱うオイル塗料はプラネットカラーです。
100%植物油とワックスを使用した天然木材保護塗料です。
 活木工舎で扱う塗料についてはこちらの「塗料・接着剤について」をご参照ください。 ケヤキ座卓塗装1回目 
 無垢材の天然固有色って見事だなぁといつも思うのですが、やはり塗装された姿でその色合いを強く感じることができ、この塗装前と塗装後の変化にはっとさせられ、素晴らしさに惚れ込んでしまいます。
 今回の施主様のおかげで、見事な一枚板をしばし観賞できて幸せを感じています。

2010年7月 4日

今年も七夕飾り

 今朝、木を活かす職人さんが七夕飾り用にと選んで育てていた笹をスタンバイしてくれたので、息子と七夕飾りを作って先程家族3人で飾り付けを済ませました。
 
20100704七夕飾り 毎年お世話になっているのはネット検索「七夕飾り」でググルって最初に検索画面に出てくる折り紙で作る七夕飾りのサイト。お蔭様で参考にしながら、いろいろ作っています。

 我が家の七夕飾りは今年で6回目。
 当地に先に移住していた職人さんの元に嫁いで、最初に迎えた夏、当時私は妊娠5ヶ月。
 七夕飾りは子供時代にして以来全然していない生活を過ごしていたのですが、隣家の奥様から笹飾りを勧められて、安産を祈願する短冊を書いたことが始まりで、以来毎年この時期は七夕飾りをするようになりました。
 40代半ばにさしかかっても尚、七夕飾りを家族で楽しむとは。
超高齢出産でしたが、息子の存在にとても感謝しています。

今年は、覚えたての平仮名で自力で願い事を短冊を書こうとする息子の姿に胸が熱くなりました

2010年7月 2日

ただいま工房では 一枚板ケヤキ座卓の脚製作

 梅雨入りをしてから暑い日が続いています。
 工房では、お客様先の納期に合わせて、急ぎの案件や弊舎のオンラインショップ無垢クラフト販売商品の製作などスケジュール調整を図りながら、いろいろと製作活動をしています。

ケヤキ座卓用脚サンディング作業
 現在はケヤキの一枚板の座卓製作完成へ向けて、4本の脚製作をしています。
ケヤキ座卓用脚加工途中
 つい先日は垂れ止め・反り止めを作っておりました。
ということで、天板に取り付けられて現在脚の完成まで待機中です。
ケヤキ座卓用天板 裏 無垢材を使うオーダー家具のお見積もりはどうぞお気軽にお問い合わせください
 活木工舎