2010年5月15日

ロードマップ制作

 子どもの記憶は侮れないと思うことしばしば
今日はまさに1ヶ月前に、何となく5月の大型連休にでも作ろうかと伝えておいた予定を思い出した様子。
 その予定とは 複数枚のカレンダーを張り合わせて、その紙裏にマジックで描いて作ったロードマップがボロボロになってきたので、改めて布で制作することでした。
 どうやら、4歳児は母と一緒にするこの作業に夢が膨らんでいたようです。
100515making-map
 早速、土曜半日保育を終え帰宅してから午後は、息子と帆布キャンバス地にトールペインティング用アクリル絵の具で道路を描く作業をしました。
 洋裁用チャコでおおよそのガイドラインを私が描いて、道幅テンプレートや横断歩道テンプレートをプラスティックシートで作り、4歳児に筆を握らせての作業でした。
100515playing-map2.jpg
 自分のイメージを具現化する作業に、おおはしゃぎでした。天日干し後は夕方から積み木なども立体物と組み合わせて遊びだしました。
 明日は横断歩道や停止線、センターラインや公園緑化を描き足す予定だそうです。
100515playing-map3.jpg 手作りをすること その過程や醍醐味を幼児期から伝えていきたい。
 その思いが伝わり嬉しいです。
 (蛇足ですが画像中の積み木は 父:木を活かす職人製 ミニカーは折り紙オリモデル)
100515playing-map.jpg