2010年5月11日

工房では ーシェル(貝殻)アート用の額製作

 貝殻を用いたアート
 小さなものから大きなものまで、額という空間の中で表現され、それをインテリアとしても飾り楽しめるアートのようです。

 アメリカで発祥したセーラーズバレンタインという貝殻を扱ったアート
 そのアートカルチャーを日本で広めたいと、米国帰国後から精力的に活動を始めた女性が山梨にいます。

 その方から製作依頼があり、伝統的セーラーズバレンタイン用の八角形の額と、
少しカジュアルなシェルアート用の額製作を請けることになりました。
 アメリカでは広く普及され、既製品として八角形の額は販売されているそうです。
 これを日本の気候・湿度など検討しながら、シェルアートの要件を満たす額となるべく試行錯誤しながらの製作となりました。

 今後、全国の皆様にセーラーズバレンタインのアートの魅力を伝授される活動をなさる、まさにその創生期に陰ながら関われることは、私達夫婦としても嬉しいことです。
 ネット上から微力ながらも応援していきたいです。 
20100510作業中
 ということでただ今製作中です。

 試作したものは、弊舎で撮影しなかったので、セーラーズバレンタインのアトリエしぇる様の運営ブログ記事でご覧いただけます。
100511f額製作
 海に囲まれる日本に暮らしている私たちにとって、貝殻は旅先で拾った思い出のものだったり、食材としても、服飾雑貨ボタンなど身近な存在。
しかしながら、その貝殻類を素材として用いて表現するこんなに洗練されたアートの世界が、古くから米国であったとは知りませんでした。 
 セーラーズバレンタインアートの作品を拝見すると、貝殻の種類や形状、カットした断面の意外性など、ちょっとしたカルチャーショックがあります。
 是非、ご興味をもたれた方がいらっしゃいましたら、一度アトリエしぇる様のHP http://www9.plala.or.jp/ateliershell/をご訪問なさってみてください。