2010年4月22日

セーラーズバレンタイン

 今日は山梨に住む知人が弊舎工房を訪ねてくれ、アメリカの伝統的な貝殻を用いたクラフト シェルアートセーラーズバレンタイン(Sailors' Valentine)と初めて触れる機会に恵まれました。
 
作品と参考書 知人である「アトリエしぇる」さんから、主にアメリカで製作したセーラーズバレンタインの作品を見せて頂きました。大切な作品を持ち出してくださってありがとうございます。

 アメリカ東海岸に4年間滞在している間に出会ったアート セーラーズバレンタイン
 知人の主宰する「アトリエ しぇる」では、セーラーズバレンタインの魅力を日本の多くの方に知って、楽しんでいただけるようにと現在、山梨を拠点にシェルアート(ShelllArt)の教室を開設するなど、普及活動に精を出して準備に取組んでいるそうです。
セーラーズバレンタイン アトリエシェル作品3

  セーラーズバレンタインについて
 昔、セーラーたちは航海に出て、長い間、家に帰ることができませんでした。
 長い航海の間、愛する妻や子ども達を想い、拾った貝殻で「Love」や「MyHoney」といった文字を入れて作ったのがセーラーズバレンタインの由縁だといわれています。
 
 天然の美しい貝殻を使い様々な趣向をこらし、世界に一つしかない自分だけの作品を作ることができます。(「アトリエしぇる」案内リーフレットより抜粋)


セントバレンタイン アトリエしぇる作品2

アトリエしぇる」さんでは簡単に作れるシェルクラフトのレッスンを初回限定で企画なさっているようです。
 日本で、まだ広く知られていないアメリカの貝殻のアートクラフト"セーラーズバレンタイン"の世界に触れてみたい方は、是非"アトリエしぇる"様にお問合せてみてください。
お問い合わせ先セーラーズバレンタインアトリエしぇる様HP
 詳細はアトリエしぇる運営のブログセーラーズバレンタインをエンジョイ" のブログのコメント欄をご利用なさるか、ご面倒ですが弊舎までshop@katsumokkousha.comまでメールください。
 (私ウッディマムがアトリエしぇる様にご連絡いたします。)
 
これはシェルアートの作品だそうです↓
shellartシェルアート アトリエしぇる作品掲載作品:セーラーズバレンタインは"アトリエしぇる"様制作


コメント

これ、貝でできているのですか?
なんてきれいなんでしょう。
手先が器用ではない私は、ただひたすら敬服です。
お元気でしたか?
なかなかブログまでこれませんでした。

→あらんだまさま こんにちは 額の相談でお見えになられたのですが、アメリカ東海岸では歴史的に伝統のある貝殻のアートクラフトだそうです。 異国のカルチャー文化の魅力を日本の方にご紹介・普及したいと考えて精力的に準備に入られているご様子でした。
 ありがとうございまし。元気です!ただ情けないことに実行力が最近伴わなくなってきています

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)