2010年4月14日

紐結び 4歳児の場合

 この4月から保育園の年中に進級した我が家の息子

 いろいろ張りきって新年度を迎えているようで、急に変化が見られ傍で見ていて頼もしいです。
 中でも、顕著なのがお弁当袋の紐結び

 基本は保育園では給食ですが、以上児のみは白飯のみのお弁当を持参するきまりがあります。
 お弁当袋は、未満児の頃からスプーン、フォーク、箸箱と口拭き用ミニタオルハンカチを入れて登園していて、ずっと巾着袋を使っています。
4才児紐結び格闘の末
 その巾着袋の紐を最近このような感じに結んで(というか紐をくぐらせて絡ませてあるのですが)持ち帰ってくるようになりました。
 息子が頑張って試行錯誤した結果を手にするのは母としてとても嬉しいし、その意欲が頼もしい。
 でも解くのが大変なのです。
 試しに別のデザインの左右結ぶタイプの弁当袋を持たせたところ、担任の保育士からまだ結べないので食後の後片付けでとても時間がかかってしまうため、巾着袋タイプにして欲しいといわれました。

 本人に説明をして、紐は結ばずに引っ張るだけにするようにお願いをしました。

 子供のやる気を受け入れてあげたいけれど、集団生活で皆より支度が遅くなってしまうことでのデメリットを考えざるを得ない状況。
 来年は年長組に進級すると、お弁当はナプキンで包んで登園する流れになるカリキュラム。
焦らず本人のやる気と保育園のカリキュラムに任せながら一年かけて、きっと身につけていってくれると期待して、見守りながら遊び感覚で紐結びを導いていきたいです。

 ということでマジックテープ式の弁当袋を新調しようと現在製作中です。
 息子の絵を元に起こしたアップリケまでは済ませたのですが、まだ完成まではもう少しです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)