2009年7月31日

蒸しパン作り

 今年6月からホシノ天然酵母と国産小麦粉でパン作りをするようになって、3歳の息子から「お母さんの作ったパンが食べたい」とリクエストを受けるようになりました。

 それ以前はイースト菌でパンを作っていたのですが、昨年秋頃から「パン屋さんのパンの方がいいな!」とすっかり評判を落としていたのです。
 それが、ホシノ天然酵母が若い状態で作る、食パン、バターロール、蒸しパンはモチモチしていて家族の評判が良く、ついいい気になってご近所にもお裾分けしてみたりしています。

蒸しパン さて、今日はその中でも私なりにアレンジしたレシピで作った蒸しパンのご紹介。
 天然酵母パンの料理本を図書館から借りまくっている中で見つけたレシピを参考に作ろうとしたのですが、残念なことに、扱っている酵母がホシノではなく、ちょっと量的にもホシノとは違う感じだったのです。
 どうしても酒蒸しパンというか酒饅頭のようなアン入り蒸しパンを作りたかったので自分なりに解釈。
 結構うまくいきました。
ホシノ天然酵母の生だねが若いと、より香りと味が酒蒸し饅頭に似ています。
というよりも私の好きな中華まんに似ている感じですが、生地がモチモチっとしていておいしくできました。生地を作ってから3時間後にはお口に入れることができます。

 パルシステムPBの国産小麦薄力粉材料はパルシステムで購入したものをメインにして作りました。
以前北海道産の小豆で圧力鍋で簡単手抜きのつぶ餡を作り、薄力粉は パルシステムの「国内産小麦粉 薄力・北上小麦粉」ー岩手および青森産の「キタカミ小麦」を100%使用ーを用いました。

ささやなかこだわりですが、やはり小麦粉はポストハーベストが気になりますので、国産小麦を極力使用したいと思っています。ただスーパーで探すと国産小麦粉ってお値段が割高になります。
 でも私が利用している生協のパルシステムだと許容範囲のお値段ということもあり、安心して使っています。 

 ●材料(5個分)
強力粉45g 薄力粉30g,75g 黒砂糖15g ホシノ天然酵母生だね大さじ2プラス同量の水 塩1.2g ショートニング4.5g

  1. 薄力粉75gと塩、ショートニング以外を最初に混ぜて捏ねます。
  2. まとまってきたら、ショートニングを入れて捏ね、その後薄力粉75gと塩を追加して捏ねます。
  3. 捏ねてから第一次発酵をさせ、倍量に膨らんだら、生地を5等分にして丸め10分ほどベンチタイム。
  4. その後、生地を1つずつ円にガス抜きめん棒で伸ばして中央にアンを入れて端を合わせて留めます。
  5. オーブン使用可能なシリコンコートのクッキングシートの上に、成形した生地を載せて上から少し押さえます。
  6. 第二次発酵をします。(小1時間程倍量になるのを目処)
  7. 鍋にいれて7~8分蒸します。
他には、小豆餡の他にヌテラのチョコレートクリームを入れて、チョコクリーム蒸しパンにしたらチョコパン好きな息子に大好評でした。

2009年7月27日

小淵沢のホースショー

 先週末の土曜日は小淵沢町で恒例の第31回八ヶ岳ホースショーinこぶちさわが開催されました。
 
 そのイベントのことは知っていたものの、観覧場所の確保、人混みや駐車場の確保などいろいろ考えると行くことに躊躇してしまいます。
 新聞の折込広告でホースショーのイベントのチラシが入ってきたので、何となく気にしながらも交通規制などで大変そうだなぁと眺めていました。

 それが直前になって小淵沢の別荘に滞在中の友人家族のお誘いを受けることに。
 ご好意に甘えて我が家も家族でホースショーの開会セレモニー時間近くに現地入り。
 当日は午後から当地・明野は晴れていたので、夕方簡単な雨具は用意したものたので、ちょっと不安を覚えつつ出発。
 当地から八ヶ岳付近を眺望すると雨雲が立ち込めており、稜線すらも見えない状況。
 韮崎・茅ケ岳広域農道からレインボーラインへ入り、大泉付近よりポツポツと雨が。
小淵沢エリアに入ると完全に雨。

 この日は小淵沢は朝から雨が降ったり止んだりだそうで、同じ北杜市内といってもエリアが広いこと、また明野は日本で日照率が高いと誇るだけあるとあらためて実感。
 
 でも幸いなことに会場へ到着する頃には虹が出て、ホースショー、打ち上げ花火の時間は曇りがちではありますが晴れてくれました。
 自称晴れ男の"木を活かす職人"と同行できて良かったです。
 
 ホースショーは馬事・馬術文化に触れることが出来、楽しかったです。
また森の中で打ち上げられる花火も圧巻でした。
 
 昨年は打ち上げ花火の間に、雷鳴が轟き、終了後には土砂降りだったそうです。

2009年7月25日

無垢の木製カッティングボード

 再来週のひまわりクラフト市出店に向けて、新作製作に入っています。

 天然酵母のパンのお料理本を眺めていたら、カッティングボードはどうかと思いつき、早速木を活かす職人に相談。
無垢の木製カッティングボード
 私の企画となるので早速デザイン画をおこしましたが、何案も出す予定が結局2案だけ。
「"ひまわりクラフト市"なので、ヒマワリに関係するものを」と庭に出て思いつきました。
そして「当地明野で開催されるクラフト市だから、明野らしいイメージ」と。
・ヒマワリの葉
・雲
実際に製作するにあたり、いろいろ制約があるので後は全て製作者に任せます。

 これまでの活木工舎製品として"木を活かす職人"のテイストとは異なるので、私にも迷いがあり最期は好きなように作ってくださいと。

 きっとヒマワリの葉の形、雲の形のカッティングボードは作らないと思っていた私の予想に反して、それらを含めていろいろ製作してくれている様子。
 (なんと魚もありますよ!)

 出来上がりが楽しみですし、今から来場くださるお客様の反応にもワクワクします。

 ここ数日梅雨空で冴えない天気ですが、再来週はカンカン照りの暑い熱い夏の陽射しに、ヒマワリも眩しく咲いていると思います。
 是非、ヒマワリ畑の観光にお越しください。
 8月8・9日には"ひまわりクラフト市"にも足を運んで、手づくりのクラフト品をお土産にいかがでしょうか?
たくさんの出店がありますので、いろいろお気に入りのモノに出会えるかもしれません。
 
明野サンフラワーフェス2009はこちら北杜市役所のHPをご参照ください。
 

 

2009年7月22日

蝉時雨の日々

 「皆既日食は東西で明暗をわけ、東日本は曇り空で見ることができなかった」とFMラジオのニュースで流れていましたが、ここ数日冴えない天気が続いています。

 今朝、庭の伸びた雑草を刈り払い機で手入れをしていた木を活かす職人。
 父親のその姿をみたいと傍に立ち会っていた3歳児が、発見したもの。
 蝉の幼虫。
蝉の幼虫「お母さん、こんな虫をみつけたよ」と、手にしていたのは蝉に幼虫。
 羽化するために地上に出てきたのでしょうか。
羽化の姿を見たいと思いつつ、無事羽化できるのか気になります。
私達が触ってしまったがゆえに弱ってしまっていないかと。


 いつも抜け殻しかみたことがない私にも、とても新鮮。
 ヤマサクラの幹に置き、再度見に行きましたが、草の上に移動。
幹には偶然にもヒグラシがとまっていました。
シャッターを切るとすぐに雑木林の中に飛んでいってしまいました。
ということでピンボケで1枚。
ヒグラシ日中はニイニイ蝉、アブラ蝉で賑やかですが、夕方16:30頃にはヒグラシが鳴き始める昨今です。
 

2009年7月21日

第1回ひまわりクラフト市に出店します

 活木工舎の工房から、車で5分。
明野の温泉 "太陽館"でサンフラワーフェス2009イベントの一環で、
ひまわりクラフト市8月8・9日AM9:00~PM4:00に開催されます。
  ご当地のイベントとなるので、活木工舎も出店参加いたします。
 一輪挿しや木皿、カッティングボードなど雑貨小物を中心に販売します。
オンラインショップ無垢クラフトでは未販売の商品も多数お目見えする予定で準備をしています。

 サンフラワーフェスとは日照時間日本一を記録観測されたことがある当地、北杜市明野町で毎年夏に開催される広大なひまわり畑で、開花時期をわけたいくつかのヒマワリ畑会場が数箇所設営されます。
 映画「いま 会いに行きます」やドラマのロケ地として全国的に有名になった場所でもあります。
 ここで挙式をするカップルも毎年数組あるようで、ひまわり畑の中で牧師さんもしくは司祭の立会いのもと、永遠の愛を誓い合う場面もみかけることがあります。
 青空と南アルプスを背景に、一面のひまわり畑のイエローベルトは夏の風物詩として多くの観光客の方が来場されます。。
 今年は昨年よりも更に多く約60万本のひまわりの花が咲く予定だそうです。
詳細は、こちらの北杜市役所のHPのサンフラワーフェス情報をご参照ください。
 ヒマワリの開花状況の情報も、交通案内も公共交通機関含めて仔細に得られます。 
  
 クラフト市開催日当日は、私共もご来場の皆様との多くの出会いを楽しみにしております。
炎天下となりますので、日よけ帽子や傘など熱中症対策もなさって是非ご来場ください。
 また会場の太陽館は明野温泉(元村営の温泉)施設です。
浴槽から南アルプスや八ヶ岳をゆったり眺望できます。

 会場への公共交通機関はJR韮崎駅発着の山梨峡北交通 みずがきバス路線が便利です。
ひまわりクラフト市会場までの地図

2009年7月14日

ゆっくりと

かたつむり、なめくじ、ダンゴムシ
3歳児が庭で素手でつかまえて誇らしげにみせてくれます。
かたつむり
最近は蝶が舞うのが気になり、標的に。
ジャノメチョウを見かけて、「ちょうちょ捕まえたい」といいだしたのですが、動きが敏捷で無理そうだったので、素手でチョウを捕まえるには、閉じた羽を持つようにと口承したら、シジミチョウに挑戦していた様子。
 シジミチョウを見事に捕獲。
 自分が狙えるサイズと動きを心得ているのか。高望みはせずに。
「飼いたい」と言い出す息子に、クローバーの密集している場所を指差して「ここに住んでいるから、いつでも会えるし、自分でお花の蜜を集めるから大丈夫」と説得。

 庭のいきもの達と遊ぶのはいいのだけれど、その手を洗わずに私に触ってくるのです。
その、ナメクジだけはイヤだナァと思いつつ笑うしかない。
 
 私は子供の頃多少虫を触っても大丈夫だったので、こがねむし、たまむし、カミキリやチョウも捕まえてみたりできたのに、成長と共に虫を素手で触りたくないと思うようになったのは何故だろう。
 でも感触だけはかすかな記憶で残っている。
 失った感覚を取り戻さねば!!息子の笑顔にひきつった母となってしまいそうです。

2009年7月10日

ほたる

 昨夜、湯上りに涼みに家の外へ出た"木を活かす職人"は、4、5匹の蛍をみかけたそうです。
 
 早速、私と息子を呼びに戻ってきてくれたので、かろうじて1匹の"蛍"を見ることができました。
至近距離わずか20cmまで近付いて、その姿や光を鑑賞。
 近くを流れる川のもう少し下流へ行こうと、暗闇の森を脇に小道を歩きかけたのですが、フクロウの子どもが親鳥にむかってなく鳴声が近付いてくると、3歳児は怖くなり(私も懐中電灯持たずに不安でしたが)目的地到達できずに戻りました。

 今年も近所で見ることができ、とても嬉しかったです。

そんな蛍の季節を迎えた我が家では、
『ほたるホテル』
(カズコ・G・ストーン 作 1995年8月1日こどものとも発行
 1998年10月こどものとも傑作集 福音館書店)を図書館で借りて
読み聞かせたばかり。
  
 身近な場所で生息するいきもの、昆虫が登場する"やなぎむらのおはなし"シリーズは目下我が家の3歳児のお気に入り絵本。
 なめくじ、ダンゴムシを素手で直接捕まえて愛でている彼は、しげみむらに住むダンゴムシが登場する同シリーズの別の絵本『しげみむら おいしいむら』『しのだけむらのやぶがっこう』を喜んで一人で眺め読みしています。

  

2009年7月 9日

我が家の天然酵母パン

 6月に生協経由で募集のホシノ天然酵母パン作りのパン教室に、2回連続受講して以来(パン教室も1回900円(3時間)ととても格安!)、以前にも増してパン作りが楽しくなりました。
 
 実は天然酵母パンで食べたくて、ならば自分で作りたいと思っていたのがカンパーニュ。
私が大好きなのはお客様である天然酵母パン教室の"ぷれっちぇる"さんのカンパーニュ。
 それに似た味を近場で見つけたのは、ハイジ村のパン、清泉寮のパン。
といっても非日常的な場所へはなかなかパンだけのために買いにはいけず...。
清泉寮のパンは、パン表面のレーズンが丸焦げなのが難。火力が強すぎる様子。 
 どちらも継続して食べるにはいくつかのハードルがあります。

残念ながら、受講したレッスンでは基本の食パン、バターロール、惣菜パン、あんぱんだったので、復習を重ねて、いよいよ図書館で数冊の天然酵母パンや国産小麦パンのレシピ本を借りて、実践中。

 材料も無理がなく入手できる範囲のもので、"全粒粉のくるみパン"に挑戦しました。
以前木を活かす職人が、ご近所の胡桃の木から道に落ちた分を拾い集めていたのでその胡桃を使って、生協で購入したドライフルーツ(レーズン、イチジク)を入れて作ってみたところ、似た味のパンが焼きあがりました。
 
全粒くるみフルーツパン 焼き上がりよりも、半日置いた方が味が落ち着いて美味しくなります。
とっておきのレシピと出会えて嬉しいです。
 わずか10日間の間に3回挑戦。
家族の笑顔と満足度で我が家の定番パンに決定。
課題は見た目。クープの入れ方の修行を積まねばなりません。

ということで粉の材料が底をついたので、しばらく全粒粉のパンはお休み。
生協で国産北上産強力粉が届き次第、違うパンに挑戦する予定です。

 参考にした本は『毎日楽しむ天然酵母パン』(熊崎朋子:著)ですが、私はどうしても生地の作り方で冷蔵発酵のコツがつかめず、結局パン教室の先生の方法で一次発酵をしています。
 図書館で借りているこの本は絶版のようなのが残念。同じ著書の新刊も気になるところです。

2009年7月 8日

ベンチ製作 -ただいま工房では

 工房ではベンチ製作に入っています。
 
ベンチ製作中 活木工舎のオリジナルベンチとなります。

 もちろんオーダー製作として、施主様であるお客様のご意向に沿ってベンチ(長椅子)製作をしておりますが、オリジナル企画製品としては久しぶりの新製品となります。

 出来上がりが私も楽しみです。

 完成した製品の商品撮影地もどうするか気になるところ。

今日は午後昼過ぎから3時間断水です。
バケツ、ヤカン、鍋にも水を汲んでいますが、何故か緊張します。

 活木工舎の既製家具・木工雑貨通信販売webショップ
 無垢クラフトhttp://www.mukucraft.com

 

2009年7月 7日

七夕飾り

 今日は七夕。
七夕飾り
 今年で5年継続している七夕飾りを先日日曜日にしました。

 既に保育園で、素敵な手仕事たくさんの七夕の飾り付けを先生達と済ませている息子にとって、家庭で飾り付けることには目新しさはないようで、興味半分。
 ハサミ好きなので、私が使うつもりで出した折り紙を早速チョキチョキ。
 いやぁ正方形が欲しいのですが...。
 ということで、折り紙を遊んでクチャクチャにしてしまったものを拡げて、のりで貼りつけて飾りを作ってもらいました。

 そんなこんなで結局、木を活かす職人が折り紙を私が切り紙や糸を通して、セッセと大人が飾りつけをしました。
 クリスマスツリーの飾りつけよりも、好きです。
日本情緒を感じてしまい、ホッとします。

 とはいっても昨日の降雨で短冊や飾り付けの半分以上は地面に落ちてしまいました。

今日は晴れのち曇り。星空を仰げそうにもなさそうな雲行きです。

 一昨日の朝、イノシシの姿を工房の敷地から直ぐの場所で見ました。
当分夕涼みの散歩も怖くてできそうもありません。
 イノシシの話は木を活かす職人ブログ「木になる木の話」

2009年7月 3日

工房の庭先ーパープル系の花々ー

イングリッシュラベンダー  毎年成長を楽しめるので私は低木や多年生のハーブ栽培をしています。
今年はラベンダーが元気です。

 数種類育てていますが、現在花穂の収穫を迎えているのはイングリッシュラベンダーです。
先に咲き始めた"ヒッドコート"が40cm位ですが、このイングリッシュラベンダーは75cmになるといわれている通り、元気に大きく成長しました。

 先に"ツイクルパープル"という品種が咲き、次に"ヒッドコート"、そして"イングリッシュラベンダー"と順次花穂をドライにしたくて収穫しては室内に干していますが、やはり高品質の精油が採取されるだけあって、イングリッシュラベンダーは芳香が一段と気品を感じさせる少し甘さを感じさせるもので際立っています。

 090703mallow.jpgそしてアオイ科のコモンマロウ。
当初妹が可愛い直径10cmほどの鉢植えで育て始めていたのですが、転居の際にどうも大きくなりそうな気配がしたので、私が引き取りました。
 案の定、大きく成長して草丈60cm。
今年は地を這うように横に拡がっています。 

毎年咲いていたボリジは今年はこぼれ種から芽がでなかったようです。

ハーブでも我が家の庭の土壌や気候に合わないものは消えていくのか、
ローズマリー、ローズゼラニウムは越冬できず栽培不向きのようです。

ホタルブクロ工房付近の林道では、ホタルブクロをあちこちで見かけます。
残念なことに、今年は蛍は見かけられず....

2009年7月 1日

子ども家具(スタッキングテーブル・椅子)

スタッキングした状態の  活木工舎では幼児用家具として、スタッキングが可能な子供用テーブル(机)と椅子の製品化をいたしました。
子供用くもチェア  こと保育施設の保育園や幼稚園、幼児教室など複数のお子様が集まる場でお使いいただく場合に求められる収納性としてスタッキング機能を意識しました。 
 またご家庭で兄弟姉妹のお子様達が使いになられる場合にも、"スタッキング"の利点を感じていただけることと思います。

 


子ども椅子と幼児用机
 子ども用のテーブルや机があると、絵本を拡げたり、おやつを食べたり、工作の作業台としてお絵かきや貼り絵、折り紙などに落ち着いて取り組むことができます。
 自分だけの領域。
 おもちゃを飾ってみたり、お店屋さんの台にしてみたり。
 また自分の身長に合った椅子だと、床に足をつけることも容易で落ち着いて座っているのでしょう。 
くもチェアの背面を前にして座る子供
  我が家では、息子を0歳児から保育園に預けています。
 おのずと保育園や幼稚園で使われている幼児用家具を使って毎日を過ごしています。
 幼児期の多感な成長の時期に、体に合ったサイズの子どもにとって扱いやすい家具を与えてあげることで、生活空間における自分の遊び場所や持ち物の管理領域などの意識も高まってくるのだろうと感じる次第。
 子どもサイズは子ども達にとって「自分で動かせる」「自分で椅子を引いたり押したり持ち上げることができる」ので自信にもつながり、また使っていて落ち着くようです。

 図書館の児童コーナーも子ども目線の高さに工夫されている所をよくみかけますよね。
 
 小学生以上になると一緒にダイニングテーブルでそれぞれが読書しながら一家団欒も増えてくると思いますが、幼児の時期はまだまだダイニングテーブルが高く感じてしまうようです。

<当商品のご案内>
スタッキング可能な幼児用(子ども)"KUMOくも"テーブル(机)製品詳細ページ
スタッキング可能な幼児(子ども)"KUMOくも"チェア(椅子)製品詳細ページ
(活木工舎の通信販売オンラインショップ"無垢クラフト"のHPへ移動します)