2009年6月29日

オオムラサキ羽化

 当工房から車で約20分の場所に北杜市立オオムラサキセンター(長坂町)があります。
 昨日、息子と一緒に友人家族と待ち合わせをして行ってきました。
 (木を活かす職人はコーサク村の大豆畑の草刈り・お客様先に納品配達があり別行動。)
 
  ちょうどオオムラサキ蝶の羽化が始まっている時期でしたので、午前10時半頃には駐車場も満車状態になっていました。

 4年前の8月頃、初めて夫と一緒に行ったきりのオオムラサキの生態観察施設"ひばりうむ長坂"。
当時は既にオオムラサキ蝶を見ることはできなかった苦い思い出がありましたので、今回は期待大。
オオムラサキ蝶羽化1
 入館して生態観察施設"ひばりうむ"へ直行。
 施設に入るなり、「羽化が始まっていますよ!」との係りの方の案内があり、その姿を見ようと食い入るように見守りました。一眼レフを持参していたのですが、恰好の撮影ポイントは先客があり無理。
 撮れる範囲でその姿を収めました。
 メスの羽化だったので、初めて♀の個体を見ることができました。
オオムラサキ♂羽化
 あまりにも多くのオオムラサキ蝶が飛び交い、木々にはさなぎや幼虫の姿を見ることができるので圧巻です。さなぎが洗濯ばさみで干されていたり、その羽化環境を守るのに、飼育係りの方が手塩にかけていらっしゃることが伝わってきます。
 反面、夏なのにエノキの樹は葉が食い尽くされていたり、樹液が枯渇していたりする痛々しい木々の姿がありますが、それだけ人工的に生態施設を維持することの難しさも感じました。
 オオムラサキ蝶の幼虫 我が家の3歳児は普段触れいてる野生の雑木林と生態施設の木々の違いがわからず、つい枝に手を伸ばそうとしたり、草に触ろうとするので、係りの方からサナギへの負の影響があると注意をされてしまいました。
 興味があるうちに見せてあげたいと思う反面、施設内を楽しそうに一人で動き回りつつ私から「触っちゃ駄目」と怒られてばかりいる息子。ちょっと可哀想でした。 

 我が"活木工舎"には毎夏、野生のオオムラサキ蝶(♂)が最低2~3羽は飛来してきます。
 工房内に迷い込んでしまうものもいますが、庭木の樹液を目当てに飛来してくる姿には感動を覚えます。
 昨年は庭先で偶然にもコムラサキ蝶VSカナブンVSスズメバチVSオオムラサキ蝶 とカナブンVSオオムラサキ蝶と、単体でのオオムラサキの撮影ができました。
今年はどうなるでしょうか? 今からとても楽しみです。

 ご案内:北杜市 オオムラサキセンター

2009年6月27日

ベルギー風ワッフルに挑戦

 昨日は4年前に漬け込んだ梅干しの保存容器を4年ぶりに開けてみました。
 新しく漬ける分用に重しを取り出したかったからであって、食べてみたかったわけではなく...。 
 何故だかまだ味見する勇気がわかずに放置してあります。
 初めての梅干作りだったので......ちょっと怖い。

といいながら、初めてのお菓子作りやパンには果敢に挑戦して味見しまくる。
この差は何だろう。自己矛盾ですね。

 ベルギー風ワッフル 先日ベルギー風ワッフルに挑戦しました。
ワッフルメーカーに附属の取扱説明書に掲載されている内容では、具体的にイメージができず。
かといって実際にベルギー風ワッフルを作っている場面を見たことがない。
 最近レシピや調理方法に迷うとネット検索をするようになり、いろいろなサイトを拝見しイメージがわきました。
 ということでクックパッドのサイトで試してみた方が多い人気のレシピを参考に作りました。
Cpicon ベルギーワッフル風ワッフル。 by つくしぐみ
個人の方が試行錯誤してたどり着いた究極のレシピを公開して伝授してもらえる。
実践的な内容ですぐ実行に移せるので、非常に助かります。
 こういうサイトがあると料理本も以前よりも売れなくなってきているかもしれないと出版業の苦戦を想像してしまいました。
 
 昨日からホシノ天然酵母の種おこしをしています。
暑くなっているので、保冷箱を使って温度調整中です。

2009年6月26日

徒労に終わる

 先日IT勉強会があり、SEである中小企業診断士の講師を招いてMovavleTypeの最新動向を学んできました。
 先月末に現在のMovableTypeのヴァージョンを2.0以上にUPしようかと迷っていたので、講義を聴いた影響で、昨日早速あらかじめ入手しておいたMovableType2.5へのヴァージョンアップ作業をしました。
 (現在は2.61が配布されていますが、無難に2.5にしました。)
 運用しているブログが「森の家具工房in山梨」「木になる木の話」「お誂えの家具ブログ」「製作家具一覧ギャラリー」「樹種見本」「ウッドペット」の6個あるのですが、それぞれのバックアップをとり、いざ!!

 レンタルサーバーへのインストールに時間がかかり、気楽に待ちの体勢でいましたが、ログイン画面以降のアップグレード画面で止まりました。
 データベースのアップグレード中に、「ブログ記事のメタデータの格納場所を変更しています」から先に進まない、エラー表示もでない。
 データが重いせいかなと構えていましたが、その気配もなく休憩時間にアタフタと気もそぞろな私に、他人事として冷静な木を活かす職人から諭され、息子の保育園早退時間も迫っていたので放置。
 ギブスを外しに整形外科へ息子を連れていき無事帰宅。依然としてブラウザ画面の表示に変化なし。実にアップグレード開始から約2時間超経過。

 こりゃだめだぁ!
アップグレードできない。まいったなぁ。内心慌てましたが主婦母親時間に突入。
深夜に検索しました。
そして実に"小粋空間"さんのサイトに救われました。

同じような似た現象になっている方達のコメントを読んでいて、知識がない私なりに解釈。
サーバー側の問題。perlのバージョンが5.8.8の場合には上手く行くかもしれない。
でも契約しているレンタルサーバーは現行perl5.8.5なので、今回は諦めて元のMT4.13に戻すことにしました。
 やれやれ。

 今回の講義の影響を受けてすぐ行動することに、慎重さが欠けていたと反省。
ヴァージョンアップして得られるMovavbleTypeの機能が果たして現在の弊舎サイト運営に必要なのか。
ITの最新技術を導入することが目的ではないので、じっくり新サイト構築と、既存サイトリニューアルを図っていこうと反省しました。

 MovableTypeでHPサイト構築をするときっと常にバージョンアップをどうするかの選択に悩み続けるようになるのでしょうね。
 ITコンサルタントが2年前にはオススメできないといっていたことが現在は最適と勧めたり、過去に最適といわれたことが古い手法といわれたりとコロコロ変化する世界。
 得た情報や知識を自分なりに解釈してどう運用していくかを常にアンテナを張らないと。
他人から教わる受身では、ただ翻弄するだけ。
 自分がどうしたいのか。それを見すえずには先に進めないと思う次第。

2009年6月24日

夕焼け空

 夏至も過ぎ、日が長くなりましたね。
昨晩は一階のダイニングで夕焼けがきれいな気配を横目に、家族で夕食を済ませてから二階の窓から楽しみました。

 八ヶ岳の稜線がきれいなシルエットで見え、ただそれだけのことですが夫も私も嬉しかったです。
夕焼け090623  今日は午前中は雨でしたが、午後から快晴。
 夕焼けが楽しみです。

2009年6月23日

工房では ‐畳ベッド製作‐

 工房では先日より畳ベッドの製作に入りました。
 今回の施主様は木を活かす職人の両親。
 
090622ベッド図面 お布団派だった両親も加齢に伴い、ベッドの方が快適に思われての製作依頼。
 「畳を」とのご希望で、畳屋を営む従兄とのコラボレーション製作となります。

ベッド製作用部材

2009年6月20日

甘夏みかんのピール

 今日も食べ物の話です。
 お菓子作りに登場する"オレンジピール"。
 入手しにくいことと、それに農薬のことも気になるので市販品をあまり使いたくない。
結局オレンジピールを使うレシピは敬遠しがちとなります。
甘夏のピール  この時期は生協パルシステムを通じて愛媛県の無茶々園の河内晩柑を3kgの箱買いをしています。
 今月初めには初めて甘夏を購入してみました。
 ちょうどご近所からグリーンピースやキャベツを頂いたお礼にその甘夏を少しお渡ししたところ「有機栽培された甘夏なら、私マーマレードにするわ♪」と喜んでくださいました。
 「そうかッ!!」
 せっかく有機栽培された甘夏があるのに、ジャムを作れることを知っていながらも皮を捨てている私。
 何をやっているのでしょうかと反省。
 無茶々園の生産者の方は無農薬で病害虫と戦いながら丹精込めて作っている柑橘類。
  捨てる部分はないよう戴きましょう。

甘夏ピール瓶にて保存 ということで昨晩初めて"甘夏みかんのピール"に挑戦しました。
 教科書はベターホームの「かんたん手づくり食品」
 これは手作りで食品加工をする生活が始まる予感がして、山梨の当地に嫁ぐ際に東京で買い求めておいた本です。 
 初心に戻って、いろいろ保存食品に挑戦してみようかと思う夏です。
 4年前に1回作ったきりで、それ以降は止めていた梅干作りも今年は再開するつもりで準備しています。

2009年6月18日

お餅鯛焼き

 以前ワッフルメーカーで作るワッフルのお話しをブログ記事"職人さんのおやつ"に投稿したら、shappy様からのコメントで"モッフル"の存在を教えていただき、更に鯛焼きプレートで薄い鍋用切り餅で作れるとの情報も併せてくださいました。
 
 ということで、早速しゃぶしゃぶ用の切り餅なるものを食品スーパーで見つけて購入し、試してみました。
 その時の撮影した画像はこちらです。
モッフル鯛焼き
 おいしかったです。
 特に焼きたてはパリパリっサクッとしていて求肥入りの餡菓子を食べている感じです。
 時間が経過すれば餅が堅くなるので、頂く直前に焼くのがベター!

 しゃぶしゃぶ用の薄い切り餅は初めてでしたが、ちょっと軽く焼くとパリパリっとした具合でお醤油を少しだけつけておかき風の磯辺焼き。
 普通の切り餅を焼く時の表面だけを好む我が家の3歳児には、この鍋用餅はヒットとなりました。 

 更に発展して、カスタードワッフルも好きな私。「いっそ鯛焼きプレートでスポンジ部分を焼いてカスタードクリームを挟めばいいかなぁ」と思い、ネット検索してカスタードワッフル生地レシピを参考に作ってみました。
 レシピの量と実際の私の使用している鯛焼き器で焼ける分量の折り合いがわからず、張り切って沢山作ってしまい、我ら家族だけでは多いのでどうしようかと思っていました。
 が、ちょうど弊舎の木を活かす職人を訪ねてご来房くださった空翠庵さんがお相伴してくださいました。
人の縁とは不思議なもので私と偶然にも出身地が近隣の市で、また世代も近いので東京から離れた場所にも関わらず、30年近く前のローカルな話題ができ懐かしくもあり、また時空間を越えた場所でご縁が出来たことは実に嬉しいです。
 
 さて次回のお菓子作りでは、ドラ焼きレシピかカステラレシピで鯛焼きプレートで人形焼き風の生地を焼いてみたいと目論んでいます。
shappy様が、当ブログのコメントを通して教えてくださったことに感謝しています。
ブログがつなぐご縁、これからもよろしくお願いいたします。 

2009年6月17日

ラベンダー摘み

 土が乾き気味で空梅雨になるのかと懸念していましたが、昨日はたくさん雨が降りました。 
夕方の雷でほんの数秒停電となりPCの電源が落ち、少し焦りましたが異常なし。
 日暮れ時に大雨、夜明けから晴天で野菜も草木もよく育つ天候です。

 お好きなハーブはありますか?
 私はキッチン用のハーブも育てていますが、特にラベンダーの香りが好きです。 
今、工房の庭ではそのラベンダーがドライ用に収穫の時期を迎え、少しずつ花が開く直前の枝を摘んでは束にして部屋の中に干しています。
090617lavendel 今シーズンに入って300本弱摘みましたが、まだまだ続きます。

 イングリッシュラベンダー系の3種類の株がありますが、それぞれの香りの違いを楽しめます。
梅雨の時期、晴れ間を狙っては摘みながら、アロマ効果も得て癒されています。

2009年6月15日

ホシノ天然酵母のパン作りにはまる

今月は天然酵母のパン教室に2回参加して、国産小麦粉によるホシノ天然酵母による基本のパン作りを学んできました。
 これまで独学で4年程前から本を頼りに主にドライイーストによるパン作りをしています。時々天然酵母のパンとしてお手軽なドライの白神こだま酵母菌やベターホームの天然酵母を使って作っているますがいま一つ。
 
 やはり実習を通じて学ぶことは重要で、ちょっとしたコツや国産小麦粉を扱うポイントなどを知る機会となりとても勉強になります。
ホシノバターロール
 ドライイーストで作っている時に、日照率の高いこの明野の天候特性を生かして発酵ができたらと思い、日向や車の中などで一次、二次発酵を試みていた私にとってはホシノ天然酵母は扱いやすい。
 発酵時間も場所もスローなのですが、エネルギーも無駄に消耗することがないので嬉しい。 
 このゆったりのんびり加減が、私のライフスタイルに合うのです。
 まだ入口に立っただけですが、少しずつホシノ天然酵母でのパン作りをこなして腕を磨いていきたいです。
 
 慣れてきたら我が家のラズベリー畑で収穫したラズベリーで酵母菌を培養して、自家製天然酵母菌でのパン作りに挑戦してみたいなぁと淡い夢を描いています。

2009年6月11日

耳を傾ける

 昨日、保育園でその日に工作をしたとういう掛け時計を持ち帰った息子。
お迎えの時は「この時計はいつ作ったの?」「今日」という会話だけ。
 帰宅後、庭の「自由学園幼児生活団」の教材である、二十日大根のミニミニ畑を眺めながら「今日は"時の記念日"だよ!」と教えてくれました。
090611clock.jpg  作業としては両面テープが貼られた紙箱に紙テープをちぎって貼り、振り子のアルミホイルは自分で丸めたそうです。
 急に時計への興味が湧いたようで、時刻を合わせては楽しんでいます。
 
 3歳児の会話はあてにならないし、一度では情報を得られないので、点と点を結んでいく感じで総合的に今日の保育園での出来事を把握するのですが、わからないことの方が圧倒的に多い。

 そんな中で昨日と今日の出来事は大人の思い込みによる判断に対して反省することがありました。
大人の目線、考えって実に様々な情報で凝り固まってしまって判断が鈍るのかもしれないと。
保育園で怪我をしたらしく、その痛みを訴える息子に対して、所見で判断して保育園も親も大したことがはないと思っていました。
 でも今朝になっても「朝ごはん食べないで病院に行きたい」と言い出す3歳児。
保育園に行きたくない様子に、本人の意向を汲み整形外科へ。
 そしたら軽く骨折していました。全治2週間。
大人の骨と違い幼児の骨は柔らかいので痛みの感じ方や腫れが異なるそうです。
 子どもの主張をを尊重して怪我をした当日にすぐに対応してあげなかったことに猛省。
しばらくギブス生活。明日は保育園でお友だちに「どうした」攻撃に合うことでしょう。

母としてはカルシウム強化の食卓にせねばなりません。

2009年6月10日

ダイニングテーブル製作中

 Y様、S様、お待たせしております。
  
 新築なさっているご自宅の工期は順調でしょうか?
 納期も少しずつ近付いてまいりました。
090610awtable.jpg 
 先日より、工房では活木工舎のオリジナルダイニングテーブル"AWテーブル"の製作に入りました。
 また完成しましたら、改めてご連絡いたします。

続きを読む "ダイニングテーブル製作中"

2009年6月 9日

息子との散策

 君は保育園の帰り道。車窓から田植えがされた田んぼを見たいとルート変更をリクエスト。
お休みの日には、よそのお家の田んぼだから、迷惑かけないようにしながらお散歩しよう。
 
田んぼを眺める息子君の目の前に拡がる田園
何を感じている
かぁさんやとぅさんには馴染みが浅いこの場所。
君の故郷として刻まれていくのだね。







田んぼの水を触る
田んぼに生息するいきもの。
さっきのテレビと一緒だね。
アメンボ、カエル いるよ! いるよ!
"初めて目に未知への驚き"を君とかぁさんとで共有。
田んぼを撮る
絵を描きたくなる美しい光景を
かぁさんがデジカメのファインダー越しに狙う合間に
君は記録することができないそのカメラに納めていく。
またひとつ刻み込まれていく里山の景色。
アイカメラに納められた心のネガ。





農道を歩く
山の向こうに沈もうとする夕陽
君の足元にはオレンジロード
麦畑
次は収穫間際の黄金色の麦畑が
太陽にキラキラ輝いている姿 また一緒に見に行こう!





2009年6月 7日

本日は晴天なり

 今日当地は朝から終日久しぶりの青空を仰げました。
  
大豆畑にて 今朝は木を活かす職人が会員であるコーサク村の大豆の豆撒きの日。
 "畑"が好きらしい我が家の3歳児はとても嬉しそうに父親と先に現地に向かいましたが、集中力がもたないようで途中で飽きていたようです。
明野の田んぼ 
 夕方、3歳児が大好きだというNHK教育番組"モリゾーキッコロの森へいこうよ!"を視聴後、遅い時間の散歩へ。
 いつも家路を急ぐ保育園のお迎えの時間に目にする"田んぼに映る夕陽"をゆっくり眺めたくて、久しぶりの夕陽に3歳児を誘って二人で一緒に写真を撮りにいきました。
日没090607
 
帰路に自宅付近の裏の森の小道で"ヒバカリ"という蛇に遭遇しました。
3歳児に「へんな虫がいるよぉ~」と云われ、ミミズにしては長すぎると思ったら...。
初めて見るヘビに驚く息子。
私が初めてみたヘビは小学校の遠足で行った都立野川公園
それ以降は見慣れないけれど、息子にヘビとの付き合い方を伝えていかねばならない~。
事前に群馬でヘビとの遭遇経験のある夫から、対処方法だけ教えてもらってありましたが、ビビリました。

2009年6月 4日

間伐材ケヤキ その後

 4月下旬に市内の森林の手入れで間伐されたケヤキ。
薪用にという話ではあったものの、材を利用して商品製作に活用できないかと少し購入しました。
間伐材けやき1
  間伐材けやき2製材中                        家具材にするにはシラタが多くて若い木なので、期待はできず採算的には冒険ではありましたが、モノは試しということで手に入れてみました。

 その丸太を入梅前にと、家具製作の合間に木を活かす職人は製材しました。
1日がかりでチェーンソーを駆使しながら取り組んでいました。
 
 木口にボンドを塗っておいたのですが、割れてしまったりいろいろ前途多難ではありますが、職人曰く「木目が細かく、やはり厳しい風雪の山の環境で生育していたケヤキだけあり、いい木なんだけれどね。若すぎるから、せいぜい使える場所は半分以下かもしれない」と。

 




間伐材けやき製材後
物質的なことは抜きに何よりもこの丸太を介して、新たなクラフトマンとの出会いもあったことに感謝。 そして小さいけれど生命力溢れる姿をこのケヤキの丸太は見せてくれたことに驚きがありました。
その驚きについては後日改めて木を活かす職人のブログ"木になる木の話"にて本人が記すと思います。

 ボンドを塗って自然乾燥に入れます。
間伐材ケヤキ製材後ボンド塗装
乾燥後の数年後までお楽しみ。
 

2009年6月 3日

森の子育ておしゃべり会

先日、清里の清泉寮で、清里聖ヨハネ保育園とキープ森のようちえんプロジェクトの主催の
第4回「子どもと大人のイイ関係♪」"子育てトーク"森の子育ておしゃべり会"がありました。

横浜にある
"りんごの木子どもクラブ"代表の柴田愛子さんがゲスト。
後半はのんきサロンぶひぶひ主宰の篠木里恵さんとキープ森のようちえんプロジェクトの小西貴士さんによる対談でした。
 軽快なトークで会場で笑いありの柴田愛子さん。
母親の息詰まる心境を解いてくれ、壁にぶつかっているのは自分だけではないんだとわかることで安堵したり、うなずいたり、ヒントや気付きを沢山教えてくださりました。

後日市内図書館で借りたりんごの木代表柴田愛子さんの著書
「子どもを叱りたくなったら読む本」(柴田 愛子 著 学陽書房 2005年6月初版)
こちらを読むとまさに講演で拝聴した語り口調の口語体で、まさにお話しくださった内容を再び思い出すことができ復習できました。
「りんごの木」HPの"愛子の部屋"に掲載されている内容も含まれているようです。
他にもたくさんの著書をりんごの木出版からも出版されているようですが、現在図書館で予約中のため読むのが楽しみです。

続きを読む "森の子育ておしゃべり会"