2009年5月 7日

雨の日

 大型連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
 当地はこどもの日の朝から雨天が続いています。
  
雨の日というと気になる洋書があります。
十数年前に紀伊国屋書店で、当時幼児だった姪と甥と一緒に遊ぼうと思って、「RIchard Scarry's Best Rainy Day Book Ever」というアクティビティブックを買った記憶があります。
1冊で1ページずつ切り離せ、ぬり絵、モデルカー、着せ替え人形、紙飛行機、カレンダー、モビール、点結びのコネクトドット、指人形、カードなど500の事柄を楽しめます。
rainy day book
洋書でアマゾンや紀伊国屋書店などで検索すると子供が雨の日に楽しく過ごすのためのアクティビティブックとして"Rainy Day Book"というジャンルがあるようです。
モビール  他にも"Activity Book"でいろいろ検索するとピーターラビットのものなど気になる本もあるようですが入手が困難なようなので、リチャードスキャーリーのこの本はお値段的にもオススメです。
 
 我が家の3歳児は、ぬり絵は模範的な完成度からいうとほど遠いので着彩がほとんど出来ていないのですが、とにかくハサミやのりを使うことに今は夢中なので、いろいろ切り抜きたくて気に入ったページをどんどん挑戦しています。
 
今度はこれに頼らずに、オリジナルで切り絵をしてモビール製作してみたいなぁ。
モデルハウスとモビール

コメント

連休は何もしないと決めたら、心地よく過ごせました。
東京も後半の天候がぐずつきました。

アクティビティブックからでてきたのかな?紙のおうちがいくつも並んでいるのが、まるで町並みのよう♪

⇒ムーンママさま
こんにちは。
>連休は何もしないと決めたら、心地よく過ごせました。
それは良かった。リフレッシュになったかな。
我が家は息子にはとっていろんな方に会う変化に富んだ日々となりました。
>紙のおうちがいくつも並んでいるのが、まるで町並みのよう♪
アクティビティブックのベースがリチャードスキャリーの絵本Busy townゆえに、
本に登場するお店などで町並みが出来るようになっています。
事前に1歳児の頃からこれらの絵本を与えて、刷り込んでいるので違和感なく作りたがっていました。
まだ与えるのには早すぎるんだろうけど、平面の紙からいろいろ立体物ができる過程を楽しんでいるようですよ。

じょうずに作ってあるじゃありませんか。
さすが活木工舎のジュニアね。

⇒あらんだま様
こんにちは。
指先を使うことが好きなようです。
1歳2ヶ月で保育園でハサミ使いを教わって以来、自主鍛錬でかなり上達しました。
工房は危険防止で出入り禁止にしているので、工具には興味を示さずですが…。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)