2009年5月28日

平飼い卵

 我が家のお隣は無農薬で野菜作りをされている農家です。
 自給自足の生活を目指され20数年前に当地明野に移住されてきたそうです。
以前こちらの記事に書きました。

  4年前私が妊婦になったことをきっかけに勧めていただき、主に自家用の平飼いの鶏卵を我が家にもわけて頂くようになり、現在は無農薬農家の仲間の方が平飼いされている卵をわけて頂いています。
  生産者のお顔が見える飼料のことも安心安全な卵を頂いていることや時折差し入れてくださる無農薬野菜のお陰で、息子はすくすく元気に成長しています。

 1年前に鶏舎運営の縮小化もあり、いつまで分けていただけるかわからないとのことでしたが、我が家に小さい子どもがいることに配慮くださり、現在も引き続き頂いています。
 通常は毎週1回市販品卵の2L以上の大きさ、1個90g前後の卵を10個 350円でわけてくださっています。
  
若鶏の鶏卵 この春から新たに投入した若鶏いるそうで、その鶏が産む卵を優先してわけてくださっています。
若鶏の産み始めの頃の卵は小さく50g前後ですが、特に栄養価が高いそうです。
 その内容よりも実質の量でとお心遣いくださり、20個届けてくださいます。
  
この卵との出会いで、これまで卵焼き以外では卵の素材そのものを食そうとしなかった息子が、"卵かけご飯"や"ゆで卵"を食べるようになりました。
 (とはいってももちろん本人の知らないところで使って作るケーキやプリン、バターロールや、ハンバーグやフライなどつなぎ用の卵を用いた調理はこれまで食べてきているのですが...)
 
 3歳児を見ていると本能的に食材の素材そのものの違いを知っているような気がしてならないです。
私の場合には、先に知ってしまう情報で本能的に舌で味わえていないんだろうな。
 
K様、O様いつもありがとうございます。

2009年5月19日

職人さんのおやつ 

 昔、子どもの頃に大工さんや植木屋さんが家に来ると、午前とご午後におやつの時間があって、お茶出しを祖母や母がしていた場面を思い出します。

 お昼にはアルミのお弁当箱で昼食をとっていた姿も何だかおいしそうで、小学校の給食棟が立替建て替えで一時お弁当だった時期に、アルミの四角のお弁当箱をねだった記憶があります。
 
 そんなことを木を活かす職人と結婚して、午前10時台と午後3時台の休憩時間にお茶の準備をすると思い返すことがあります。
 午前中はおやつはないので、勝手にコーヒーブレイクをとってもらいますが、肉体労働ゆえに午後には"おやつ"を用意します。
 私に時間と気持ちの余裕と材料が揃っていれば、自家製のお菓子を作ります。
 マイブームになるとシフォンケーキばかりとかアップルケーキパイばかり作り続けることも。
そんなことばかりすると運動量の少ない私は太ってしまうのです。

バナナワッフル 今日はバナナワッフル。
 手軽にホットケーキミックスにバナナと牛乳と溶かしバターで作りました。
 ワッフルの蒸気を木皿が吸ってくれます。

vitantonioのワッフルベーカー
 そうそう、秘密兵器として昨年誕生日プレゼントとしてワッフル・ホットサンドベーカーを購入しました。息子の好きな鯛焼きを作ることを考えていたことが購買動機なのに、結局作る手間が面倒でワッフルを焼く回数の方が多いです。(プレートを数種類セットできることが選択のポイントだったのですが...。)

もし商品にご興味がございましたら、私が購入したアマゾンでお調べください。
 

2009年5月18日

工房の庭先にて

 今日は久しぶりの快晴。
 
 庭では昨年の5月同様に矢車草が一面に広がり、青、紫、桃、白、濃いピンクとさまざまな彩りで開花しています。
 活け花にしてもすぐ花粉がテーブルの上に落ちやすいので、開花前のものを切花にして部屋に飾っています。

 今日はベニシジミ蝶の姿を見かけたので撮りました。
 昨年、唯一出会ったベニシジミは羽がボロボロでしたが、今日のは綺麗に。
ただ羽が開いたところは撮影できず。
ベニシジミ蝶1
 先日、図書館で息子にリクエストされて一緒に読んだオオアリの科学絵本。
 なんとオオアリの個々の営巣にはシジミ蝶の幼虫が飼育されているそうです。
 シジミ蝶の幼虫が出す密液がアリの好物だそうです。
 その後の生態は触れていなかったのでわかりませんが。
 シジミチョウも種類によってまたアリの種類も異なるようです。
  検索してみるとyahoo百科事典"シジミチョウ"に、アリとシジミチョウの関係について触れてあります。ご興味ございましたら、ご参照ください。
 
ベニシジミ2  シジミ蝶は舞っている姿は灰がヒラヒラしている様に似ていてわかりづらいのですが、ベニシジミはオレンジ色がヒラヒラしているので、すぐに見つかりました。
 地味な蝶ですが、草にとまっている姿をよく見ると紋様が綺麗です。

2009年5月16日

マフィンとコースター

 お天気が崩れていく週末。
 今日は息子と野蕗をまた摘みに行こうと約束をしているのですが、難しそうです。

 以前から作ってみたかったマフィン。
 レシピが手元にないのでどうしようかと思いながら、生協のカタログでマフィン型50ケ入を以前購入したにもかかわらず作らずに放置していました。
 先日のパネトーネを作る時に、パネトーネ型は家にないのでマフィン型で代用。
 その時に初めてパッケージを開封するとプレーンマフィンのレシピが入っていることに気がつきました。
マフィン
 ということで、ちょっとアレンジをして今日マフィンを焼きました。

 活木工舎のコースターに載せてみると似合います。
 焼き菓子には、とり皿としてコースターも相性良いです。
 
マフィンとコースター 以前プリンやヨーグルトも載せた画像を掲載しましたが、今日はマフィンでご紹介です。

 お客様のおもてなしに木製のコースターはいかがでしょうか?
お茶托、茶碗蒸し受け皿としても、また冷菓や焼き菓子なども載せて
木の温もりと共に心和むひとときをお過ごしください。



2009年5月15日

パン作り復活の兆し

 昨日は天然酵母のパンを2種類作りました。

 使いかけのまま冷蔵庫で眠っていた洋酒漬けドライフルーツを使い切ろうと思って、パネトーネを。
小麦粉200gでマフィン用のカップ8個分。
そして、レシピの半量で作ろうとしていて、誤って多めに無塩バターを室温に溶かしてしてしまったのでバターロールを小麦粉250gで12個。

 昨年末にクッキー作りを失敗して以来、息子からは私の作るお菓子やパンは「焦げていない?」とチェックが入り、「パンはパン屋さんで買った方がいい!」と断言されていました。
 でも、昨日は「おいしい~」と焼きたてを頬張って、汚名返上できました。

 「元々君が生後初めて口にしたのは、私の作ったパンだったのだよぉ。パン好きな君のベースを作ったのは私だよぉ~。」と云いたいところですが、単純に喜んでくれて嬉しかったです。
自家製パンとチェリー材木皿
 パン作りで一番好きな捏ね作業。
次に好きなのは焼いている時の家中に充満する香り。
そして最後に、夫の作った木皿に載せること。
 
 活木工舎の木皿はパン皿としてだけなく、お嫁にいった先々でいろいろとご愛用頂いています。
 丸ノミで一つずつ仕上げた木皿。
職人の手仕事を受け止めて頂き感謝しております。
 おもてなしの場や毎日のことだからと普段使いになさっている方、大切なご友人へのご贈答にと
皆さん素敵なライフスタイルのお客様ばかり。
 実は、ホームページでご覧くださった東京や神奈川、山梨県内などのナンバーのお客様が遠路はるばる当工房までお越しくださって、お好きな木皿をお選び頂くことが多いのです。
 直接手にとって、ひとつずつ確かめて。

 ドライブがお好きでしたら、若葉茂る森に木皿を探しにお越しなりませんか?
製作者自らがご対応いたします。
工房見学を兼ねて是非、お待ちしております。
(メール、お電話等であらかじめご連絡ください。工房の製作状況との調整をいたします) 

2009年5月14日

工房では  ダイニング椅子製作組み

 昨日と今日と強風が吹いています。

 松が多い雑木林に囲まれた工房。
 駐車場の車のフロントガラスをはじめ、いたるところに松の花粉が飛んできています。
室内換気をした後、床を雑巾がけすると黄緑色になります。
 これで私は杉花粉、ヒノキ花粉に次いで、松花粉のアレルギー症を発症しないかと不安です。

ウォールナット椅子組み作業
 さて工房ではセミオーダーのウォールナットで作るダイニング椅子(SRチェア)の組み作業に入っています。
 特に椅子は構成部材のパーツが多いので、集中力を要すので
「これから椅子の組みにはいります。」と云われると
電話のお取次ぎはなし、話しかけないことが暗黙の了解。

 

SRチェア組み1 ウォールナットSRチェアセミオーダー組み

私も午前中にHPの更新でメニューバーの修正を構成ページそれぞれにしていましたが、手打ちタグで作成しているため連続する作業を間違えないようにと集中していました。
 (一部のMTブログツールによるCMS機能のページは一括で済むので気が楽でしたが)
 何だか午後からは集中がきれてしまった私は、久しぶりにパンを捏ねて気分転換。
 今 パネトーネを焼きながら仕事をしています。
  焼きあがったらバターロールが控えています。

2009年5月13日

四方転びスツール

 活木工舎のオリジナル家具・木工雑貨製品はこれまで
"http://katsumokkousha.com/shopping"にて販売してきておりますが、
ショッピングカートのより利便性を図り、また多様なお支払い方法をご選択いただけるようにと
新しく通信販売ショップ"無垢クラフトby活木工舎"http://www.mukucraft.com)を立ち上げました。
無垢クラフト店
 それに伴い商品も旧サイトから新しい通信販売ショップサイト"無垢クラフトby活木工舎"へ少しずつ販売を移行しています。
 電話やEメール、FAXでも引き続きご注文は承っております。

 昨日は四方転びスツール(座面の高さサイズ全4種類)の全商品を移行いたしました。
キッチン用ハイスツールハイスツールミディアムスツールロースツール
 脚はウォールナット材。
そして座面はアルダー材で丸ノミで削りの仕上げています。 
四方転びスツール

2009年5月11日

工房では  椅子製作

 昨日の青空が続くと思っていたのですが、今朝は曇りです。
 工房から車で2~3分走った場所になりますが、野生の藤が開花していて見頃です。
 普段通過している場所でも、花が咲く時期には改めてその存在を意識します。
 
 実は「明日晴れていたら、時間を見つけて散歩がてら撮影してみよう」と昨日目論んでいたのです。
 srチェア用治具                                                              さて、工房ではダイニング用椅子"SRチェア"の製作に入っています。
 厳密には施主様のご意向で、ウォールナットで作るのでオリジナルとは別バージョンとなります。

 製作にかかせない治具。
 特に椅子製作の場合には治具の点数が多くなります。
 
 左右間違わないように慎重に作業が進んでいるようです。

横切り盤にて治具を用いている

2009年5月 9日

散歩

 木を活かす職人はただいま肘掛椅子の製作に入っています。
ウォールナットでのオーダー製作が続きます。

 さて今朝は久しぶりに太陽を。青空っていいですね。

 今日は土曜日なので、午後から私は仕事をお休みにして息子と過ごしました。
 5日か6日にと予定していて雨天順延となっていた"野蕗摘み"。
 昼食後に現地へ。(自宅から徒歩で数分の場所です)
足跡1 続く足跡
 
蕗が群生しているエリアから5m離れた場所には、動物の足跡が。
 粘土質な土壌なので、雨上がりには足跡が残っていることが多く、前回も確認したのですが、
今回は20m程移動したことがわかる足跡がありました。 
多分、イノシシか鹿。
 近くの深い沢があるのですが、その奥の方から出てきた感じです。
マムシグサそして、このエリアにはマムシ草をたくさんみかけます。
毒々しい雰囲気。
ネットで検索して名称を知ったのですが、蝮の出そうな場所に生息などと書かれていて嫌な気分に。
 実は今日は蛇と遭遇する可能性も意識して、長靴、ジャンパーの装備で行きましたが蒸し暑くなり、沢山汗をかきました。無事母子共々帰宅いたしました。

 実はここ連日室内で至近距離でムカデと遭遇し続け、その度に割り箸で捕獲後キッチン用塩素漂白剤でご臨終頂いているので、何だか嫌な遭遇率の高まりの予感がしている日々。
 不惑を迎えるまで、ムカデや蛇は遭遇した経験がなく生きてきた私には、彼らと自宅内で出会うのは自然豊かな場所とはいえ、低山地で住むことが少しだけ憂鬱になる瞬間です。 

 さてさて結局蕗摘みに夢中になっていて、息子に見守られながら気がついたら2時間半も費やしていました。
たくさん摘んだので、キャラブキ作り第4回目に挑戦しようと思います。
 その前に皮とり作業があるので大変なのですが、マイブームなので頑張ります!!
 

2009年5月 7日

雨の日

 大型連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
 当地はこどもの日の朝から雨天が続いています。
  
雨の日というと気になる洋書があります。
十数年前に紀伊国屋書店で、当時幼児だった姪と甥と一緒に遊ぼうと思って、「RIchard Scarry's Best Rainy Day Book Ever」というアクティビティブックを買った記憶があります。
1冊で1ページずつ切り離せ、ぬり絵、モデルカー、着せ替え人形、紙飛行機、カレンダー、モビール、点結びのコネクトドット、指人形、カードなど500の事柄を楽しめます。
rainy day book
洋書でアマゾンや紀伊国屋書店などで検索すると子供が雨の日に楽しく過ごすのためのアクティビティブックとして"Rainy Day Book"というジャンルがあるようです。
モビール  他にも"Activity Book"でいろいろ検索するとピーターラビットのものなど気になる本もあるようですが入手が困難なようなので、リチャードスキャーリーのこの本はお値段的にもオススメです。
 
 我が家の3歳児は、ぬり絵は模範的な完成度からいうとほど遠いので着彩がほとんど出来ていないのですが、とにかくハサミやのりを使うことに今は夢中なので、いろいろ切り抜きたくて気に入ったページをどんどん挑戦しています。
 
今度はこれに頼らずに、オリジナルで切り絵をしてモビール製作してみたいなぁ。
モデルハウスとモビール

2009年5月 1日

工房では 幼児用机(小テーブル)製作

 工房では、以前より温めていた新作の製作に入っています。
 幼児用の机(小テーブル)です。
 小さいお子様も机に向かってお絵かきや折り紙、貼り絵や絵本を拡げたり。
また、おやつを食べたり、そこをおもちゃたちの舞台に見立てて遊んだり。
 自分のテリトリーでしたいことはたくさん。
 
新作幼児用机製作中1活木工舎オリジナル製品にはキッズチェアがありますが、キッズ用机製品がない状態でおりましたが、お客様からのお問い合わせも頂くことが多く、製品化する運びとなりました。
 
 実は図面だけは出来上がっていたのですが、なかなか製作する時間がとれずにおりました。
天板はナラ材、その他タモ材、楔はブビンガ材の構成です。
 これに引き出しがつきます。
 ちなみに今日撮影している姿は未完状態です。
新作幼児用机(キッズデスク)製作中2
 新製品のキッズ用椅子と合わせたデスクチェアセットになります。

ご注文承ります。
お問い合わせは活木工舎まで
電話/FAX 0551-25-0041  e-mail:shop@katsumokkousha.com