2009年4月20日

日曜日

 なかなか行く機会が見つからず、昨日初めて小海町高原美術館(長野県南佐久郡小海町)に
"第6回暮らしの中の木の椅子展"が会期中だったので家族で行ってきました。
小海町高原美術館
 安藤忠雄大先生の設計の建物です。

 我が家から車で片道1時間の旅行となりました。
意外にも3歳児は親の真似をして、展示の椅子に座って楽しんでいました。(この展覧会は一部の作品を除いて、会場で来場者が自由に受賞作品に座ることが出来るよう展示されています)
靴を脱がなければならない座椅子で要領を得たのか、自ら進んで靴を脱がなくても良い場所でも脱いでお行儀良くしていました。

 帰路は清里のキープ協会経由で。
 昼食をどこかでと迷っていたのですが、結局キープのパン工房で買い求めた天然酵母のくるみレーズンパンをメインに店舗外デッキで頂きました。
 快く相席を薦めてくださったDご夫妻。バナナやミルクのお裾分けもしてくださいました。
初めてお会いしたにも関わらずお声をかけてくださり、"ログハウス""モンテッソーリ"など話題が尽きず、またビジネスに関するアドバイスも頂き会話が弾むとても楽しいランチタイム。
 
 旅先での偶然の出会いは本当に不思議で、モンテの専門家のJ様とめぐり合うことが出来るとは思いがけずこのめぐり合わせには驚きました。ここ半年はお休みしていた家庭内でのモンテッソーリ教育のこと刺激を受け、もう少し勉強せねばと反省した次第。

大人の会話で退屈気味だった息子と八ヶ岳自然ふれあいセンターで少し遊んだ後、帰宅。 

 夕方になってから母子で近所を散策。自生の山吹の花が眩しかったです。
そして目的の野生の山蕗を採ってきました。
(前日土曜日は庭で土筆採りとヨモギ摘みを一緒にしました)
 
3歳児の弾んで歩く姿に、こうやって山菜採りの楽しさを日常の一コマとして、この子は覚えていくのだろうかと思いました。
 暮らす場所で養う感覚、季節感。
 自分の生まれ育った環境とは若干異なる分、私にも未踏の経験ばかり。
いっしょに息子と育まれていくのかもしれない里山の生活。
 
 初めての土筆料理、山蕗料理。私でもどうにかこなせそうな範囲で頑張る。
それがまた"新たなる挑戦"で楽しい。
スローな生活で、近隣の自然の恵みをおいしく頂くことができる環境に感謝です。 

コメント

こんにちは

>安藤忠雄大先生

大阪出身の偉大な先生 と私も思ってます

>"第6回暮らしの中の木の椅子展"

参考になりました?
感想聞きたいなー (^^)

ウッディマムさん。。こんにちは。
山梨のお天気はいかがですか??
鹿角は、今日は雨が降って寒いです。
今鹿角は、流行遅れのインフルエンザが流行しています。
我が家の新入生も・・・熱を出して休んでいます。

先日、前から欲しかったノートパソコン(自宅用)を購入したので
久々のブログ訪問(はしご)をしています。

都会育ちのウツディマムさんが自然豊かな土地で
暮らすことは・・・本当に大変かと思います。
いろんなことを勉強して、一生懸命、坊ちゃんを子育てする姿に感心します。
いろんな方のブログを訪問しながら・・・
自分の日常を振り返り・・・
また頑張ろうという気持が湧いてきます。。


→木仙人さんへ
この「木の椅子展」は、木製椅子のコンペとしては、日本で一番レベルが高いものだと、
私は思っています。
第一回二回は、定かではないですが、毎回実物を見に行ってます。
大変参考になるもの、私にはとても作れないなーと思うもの、?と思うもの、
いろいろあります。
実際に座れるから、お薦めの椅子展です。

⇒narumi様
今日は当地も雨でした。
インフルエンザが未だにということで、新学期早々大変ですね。
念願のノートパソコンgetは良かったですね!!
>本当に大変かと思います
虫が苦手なのです。カメムシは即捕獲して外へ。
この時節からいよいよムカデ!
今夜風呂上りに、ムカデの幼虫のようなものが息子のクレヨンの箱の上を歩いていて、私の影響で「キャーッ」と息子が反応するようになってしまいました。
 興味持って読んでも、本に書いてある通りには子育て出来ない私です。トホホ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)