2009年4月16日

幼児生活団

  幼児教育というと、○○チャレンジなどを代表にいろいろ通信教育はありますが、特定のキャラクターなどが登場するのは抵抗があり、それは利用せず。
  福音館の絵本の定期購読もいいのですが、市内の図書館で"かがくのとも""こどものとも""ちいさなかがくのとも""こどものとも年少版"など対象年齢を関係なく縦断的にバックナンバーを借りて、気に入った号だけ出版社に申し込んで購入していて充分。

 親としてのこだわりで今年は自由学園の幼児生活団 通信グループに申し込みました。
家庭で子どもと一緒に過ごす時間は限られていますが、自由学園の教育を取り入れながら楽しんでいきたいです。
 
自由学園幼児生活団今日はその第一回目の教材が届きました。
自分宛の手紙にどんな顔をするかなぁ。ちゃんと名札もあります。
  造形教材は鯉のぼり。
次回は種蒔き。教材が届くまでに畑の準備が必要のようです。

コメント

通信講座を使っているころを懐かしなりながら

>自分宛の手紙にどんな顔をするかなぁ。ちゃんと名札もあります。
  造形教材は鯉のぼり。
名札ってすごいですね。
自分宛の手紙に名札・・体全体で喜ぶ姿が目に浮かぶようです!
鯉のぼり仕上げたら見せてくださいね。

⇒のぶちゃんさま
名札はいつ身につけさせようか?という感じですが、
一つのカリキュラムが達成するとシールを1枚貼るシステムのようです。
鯉のぼりは和紙に自分で切った色紙を貼ったものを竹に結んで楽しむものです。
非常にシンプルですが、本人は大喜びで振り回しています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)