2009年4月 3日

1対2

 昨日は愛息が通っている保育園で入園・進級式がありました。

 我が家では、息子の通園生活も3歳未満児保育を別の保育園含めて2年半が過ぎ、晴れて3歳以上児として小学校就学前までの3年間が始まりました。
 1歳児クラスから2歳児クラスになる際は、同級生が2倍となり、今回3歳児(年少組)に上がると新入園児が同じ数加わり、人数が倍となりました。
 毎年2倍同級生が増えると同時に、昨年から男児:女児の比率は1対2のまま人数では女の子優勢。
 
 2歳児の頃は、女の子の方が成長が早い傾向があるようで、おしゃまな言動もみられるそうで、そのパワーに押されているのかマイペースなのか、男の子達はおとなしくて優しい子達。
 わりとおままごとが好きだったり...。
 今度の3歳児クラスで男児は2倍に増えたので、多少はワンパクになるかなぁ。
 
 息子の場合、まだ性別に対する認識があまりないので、気になっていないらしい。
 ピンク色が好きだし、キティちゃんも好きだったり...。
そぉっと見守っていきたいです。

 昨日の日本経済新聞の家庭欄で、認可保育園の園児数を定員以上の受け入れをしている園が増えていること内容の記事が掲載されていました。
 昨日の様子では息子の通う保育園は定員数マックスとなり、大所帯に。
記事中にあった全国社会福祉協議会の「機能面に着目した保育所の環境・空間に係る研究事業」で発表された研究結果では、"食""寝"分離別の必要性を提言されているそうです。
 いやはや、まさに今年度の息子のクラスは、この研究結果の提言内容の食寝分離となります。
 その理想が、研究結果の期待した通りとなりますでしょうか?

コメント

1対2なんですね。
女の子の出生率が多かった年まわりなんでしょうか?
それとも男の子は遠征して幼稚園に通っているのですかね。

>そぉっと見守っていきたいです
年少さんのころは好きな遊びを楽しむので良いのでしょうね。
我が家の長男は幼稚園時代はおままごとのさくって切れる
魚とかケーキで遊ぶことを気にいってましたね(笑)

⇒のぶちゃん様
こんばんは。
>女の子の出生率が多かった年まわりなんでしょうか?
そうではないのです。といっての市内データを把握できていないので…。
厚生労働省の人口動態調査では暦年ですが、男児出生数の方が全国でも山梨県内でも
多いのです。
面白い巡り合わせです。
>それとも男の子は遠征して幼稚園に通っているのですかね。
出産時に保健婦から聞いた学年の人数は、あと5~6人。
男女比はこのまま行きそうな予感です。
 おままごとはざくっと切れる魚、野菜、ケーキは我が家で遊んでいます。
園ではオーブンレンジがお気に入りのようですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)