2009年3月31日

幼児のお手伝い ータイヤ交換ー

 お手伝いをしたがるようになった3歳児。
 普段、保育園に預けているため、家族で過ごす休日は格別に嬉しそうにしています。

 先日の日曜日、朝から夕方遅くまで父と一緒に行動を共にしました。
 お客様先に配達後、森のようちえんの園舎・園庭整備に参加し、帰宅後にタイヤ交換。

 お父さんのお手伝いをしたくてしかたがなかった息子は、森のようちえんでは、大工仕事をしていた父に近付くことが許されず寂しかったようで、帰宅後のタイヤ交換には意欲的でした。
自家用車2台のうち、普段自分が通園で乗る車のタイヤ交換に参加。タイヤ交換父の説明父の指示:「ボルトを5個ずつ、各タイヤの傍に置いてね。」
3歳児:「はい!」
と数をカウントするのがマイブームになっているので、大喜び。
タイヤのボルトカウント中
真剣な眼差しで仕事をします。
嬉しくてしかたない3歳児。一番楽しかった作業は「タイヤ転がし」。
 
タイヤ転がし 作業が効率的に運ぶには子供の介入がない方が捗るのでしょうが、
子供の意欲を尊重し、日々のお手伝いと通じて、やる気を育むことの大切さ。
数を数えることは、生活の中で必要であること、あらゆる場面につながっていることを感じる体験。
 キラキラと輝く瞳と嬉しいときに見せるダンス。
体中から、数を数えることや、自分に与えられた役割を果たしている喜びを表現。

 お父さんと一緒に働くことで何かを得た3歳児、いよいよ年少組に進級します。

2009年3月30日

ダイニング椅子・テーブル納品

 昨日は山梨県内の施主様宅へダイニングテーブル(お預かりしたテーブル天板への脚製作と反り止め加工)とダイニング用椅子の納品・配達がありました。
k様オーダー椅子とテーブル加工
 今回の施主様のご意向を踏まえたオーダー製作を通じて、活木工舎の新作のダイニング用椅子"ゼブラチェア"が誕生しました。
ゼブラチェア
 クラフト好きな施主様ご夫婦は、県内外近隣各地で開催されるクラフトフェアにも良く足を運ばれていらっしゃるそうです。
 木工をご趣味となさるご主人様の手作り家具もあり、ウッディな家屋に合わせて、室内調度品が素敵です。

 ゼブラチェアに近付く今回の配達には前日から張りきって「一緒に運ぶんだぁ♪」と目を輝かせていた3歳児が木を活かす職人に同行しました。
 家具屋さんとしてお手伝いをしたかったようで、父親と一緒に二人で椅子を運んだり、正座をしてテーブルの組み立て作業を見守っていたりしていたそうです。
 良い表情をして帰宅しました。

 ブビンガ材のテーブル天板は非常に重たいため、木を活かす職人一人では搬入が困難なため、H様、S様のお力添えを賜り設置できました。ありがとうございます。
 

2009年3月26日

工房では -塗装ー

 今朝は八ヶ岳も南アルプスも良く見えます。
 
090326yatsu.jpg 南アルプスをご近所の家庭菜園から眺望

 昨日から3日間の予定で"春の大掃除"をはじめました。
 我が家は一昨年から年末の大掃除は寒くて、水も冷たく、日照時間も少ないことや、帰省もあるので中止して、春にしています。
 
 パソコンから離れて、今日は洗濯三昧。
 メールチェックが遅れ気味だったりしています。

 木を活かす職人は、オーダー製作のダイニングテーブルと椅子が塗装工程に入り、作業の合間で昨日と明日、大掃除に参加です。
ということで、洗濯の合間に仕事場面を撮ってみました。
 プラネットカラーでのオイル塗装仕上げの予定のテーブルの脚。
(下画像:1回目の塗装を終え、2回目の塗装の為に、軽くサンディング中)
オイル塗装2回目をする為のサンディング

 
 こちらは椅子の座面です。
椅子座面
  活木工舎では、塗装工程に入ると納品予定日の目処がたちますので、施主様と納品日について具体的に調整を図ります。
 
 K様大変お待たせいたしております。納品日に向けて予定通り進捗しております。

 

2009年3月24日

納品配達

 先日の祝日に、埼玉のお客様の天然酵母のパン教室ぷれっちぇる様にテーブルの納品・配達があり、私も木を活かす職人さんに同行しました。
中央道下りにて車中より  お彼岸の日ということもあり、行きも帰りも高速道路は中央道も首都高も渋滞でした。
メープルミニテーブル
 
昨年春に天然酵母のパン教室開校なさって、もうすぐ1周年。
 開校以降、順調に教室運営をなさっていらっしゃるご様子。
ブログ (天然酵母と国産小麦の自然派パン工房ぷれっちぇる日記) を拝見するとお教室の活気が伝わってきます。)
 このたびのオーダーは、パン教室の生徒様の作業スペースを広くするために、昨年お納めしたダイニングテーブル兼パン教室作業台に合わせた小テーブルの製作を賜りました。
配達設置作業
 配達先のぷれっちぇる様にて、テーブルの設置作業をしました。
 これはお客様に頂いた画像です。我ら夫婦の珍しい共同作業場面です。
 
テーブル兼パン教室作業台 常に心配りをなさるお客様。
 素敵なティータイムのおもてなしを受けました。
 トレンドに詳しく、生活に素敵にさりげなく取り入れていらっしゃるので刺激を受けました。
また参考になる新しい情報をたくさんご紹介くださり、とても会話が弾み、楽しい楽しいひと時となりました。
 おいしいグレープフルーツ入り緑茶、早速入手してみようかと思います。
 
 ご馳走さまでした。
 また当初の予定よりも長居をしてしまい、ご迷惑をおかけいたしました。

2009年3月20日

今年の椎茸

 木を活かす職人さんが管理している椎茸のホダ木。
 約3年半前に庭のコナラを一部伐採した際に菌を植え付けたホダ木から、一昨年は1つだけの収穫。
そして昨年春にはようやく沢山のシイタケを収穫できるようになりました。
 
 春先の虫がつかない時期のシイタケは干しシイタケに向いているらしく、
昨年は食べるよりも保存を優先してせっせと天日干しをしました。
 がっ!!
 秋に使おうと大事にしていたシイタケの保存した瓶には虫が繁殖しており、調理に使えませんでした。
2009年春椎茸
 今年は初物はオーブントースターで軽く焼き、ポン酢で頂きました。
 その後は、虫が出る時期までは天日干しにするという木を活かす職人の考えを優先し、あとは適当に食材としてお惣菜に使っています。

 今年も収穫できて嬉しいです。

2009年3月19日

工房では ーダイニングテーブル天板ー

 ウグイスやコジュケイの鳴声を耳にするようになり、"春うらら"を感じています。
春霞で、南アルプスもよく見えず、遠く八ヶ岳が薄らぼんやりと眺めることができます。
 
イス組み作業さて工房では、昨日ダイニングチェアの組み作業を終えました。

今日は天板の加工をしています。
お客様がお持ちのブビンガの天板をお預かりし、
それに脚をつけるための加工をしています。
テーブル天板加工
 治具(型紙のようなもの)を用いて、ルーターで作業をしている姿を撮りました。
 
さて、ブビンガ材はアフリカ産の木で、活木工舎で扱う堅木といわれる樹種の中でも、特に堅く重いのが特徴。いろいろ扱いに苦慮しながら製作を進めることが多いようです。

 

2009年3月18日

鴨川シーワールド

 先日千葉県・鴨川に遊びに行きました。

 地元の図書館で、いつも借りている"バーチャル水族館(複数の水族館の映像のミックス)のビデオ"に登場するシャチやイルカのショーなどを楽しみしていた息子。
"鴨川シーワールド"に連れて行くことが、トイレトレーニングの目標になってから、布パンツで過ごせるよう頑張りだしました。
「これなら鴨川シーワールドに行けるよね?」と確認をする日々。
鴨川シーワールドベルーガパフォーマンス
昨年年明け・夏とトレーニングを失敗して以降、機が熟す時を待ちながらの冬。
年少組への進級を控えてのラストスパートの冬でした。
 本当はマイペースで本人の自覚に合わせて進めたいのですが、保育園での未満児保育の集団では徐々に成長とつれて同級生からの指摘を受けるようになり、子どもなりに感じだしたようです。
鴨川シーワールドシャチパフォーマンス1 鴨川シーワールドシャチパフォーマンス2
 
 さてさて念願叶った「鴨川シーワールド す・い・ぞ・く・か・ん」では、お目当てにしていたマンボウ、ウツボ、ウミガメ、イルカ、セイウチ、ラッコ、ペンギン、シャチ、アシカを見て大はしゃぎ。
 
鴨川シーワールドイルカパフォーマンス2 鴨川シーワールドイルカパフォーマンス1
 
 平日は空いているとのんびり構えたら、鴨川シーワールドは老若男女で賑わっていました。
 小さな子ども連れの家族や、観光バスでのご年配の方の来場も多く、ベルーガ、シャチ、イルカ、アシカのパフォーマンスは各回満席で、ショーが始まる10分前には席を確保できないと立ち見となる状態でした。
 私は3回目の訪問でしたが、行く度にパフォーマンスでのトレーナーとのコミュニケーションを介して、それぞれの海獣の知性や運動能力の高さに圧倒されます。
 
 是非、機会があればお出かけになってみてください。
鴨川シーワールドhttp://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

2009年3月17日

ラジオ中継

 本日午前に山梨放送(YBS) のラジオ中継がありました。
 番組は「765MUX」http://www.ybs.ne.jp/765mux/)内の午前10:25~スコーパー情報のコーナー。
090317山梨放送中継車
 来房されたのはスコーパーキャスターの早川佳身さんと種市佳子さん。
 今日の午前のスコーパー情報の担当は早川キャスター。
午後は種市キャスターとのこと。
 お二人で手際よく準備をなさり、生中継の本番を迎えました。
090317スコーパー情報放送前
 活木工舎のオリジナル品のウォールナットのデスクを前にして、早川キャスターの軽快なしゃべりに誘導されながら、生中継で緊張しながらも木を活かす職人・赤石浩之。
緊張すると超早口になる私と違い、比較的落ち着いてお話しができたようです。

 番組内で話題にして頂いたデスクはこちらです。
ウォールナット机 ご清聴くださいましたお客様をはじめ知人・友人の皆様、ありがとうございました。 
机 引き出し




無垢を使ったオーダー家具木工房の活木工舎
電話0551-25-0041

2009年3月16日

海へ

 うみほたる2子どもと約束をしていたことがありました。
 トイレトレーニングの目標としていたこと。
 その約束を果たすために、千葉県鴨川まで遠路車で片道約6時間かけて行きました。
うみほたるにて
 途中、中央高速道の八王子・石川P.A.にて休憩後は、東京アクアラインの海ほたるにて休憩をとり、子どもは生まれて初めての海を見ました。

鴨川 海岸にて1 鴨川海岸にて 砂あそび

その後は午後2時過ぎに目的地の鴨川市に入り、砂浜で海辺を体験。
貝殻を拾いながら、波に近付いて見たものの怖くなったのか、離れた場所で父とトンネル作りをして砂と戯れていました。
 保育園の砂場の砂との違いを感じてくれたかどうか。

サーフィンを楽しむ人々
 陽射しは暖かいものの、予想よりも寒いと私達が感じる中、サーファーで賑わう浜辺。
 打ち寄せる波の音やトンビの鳴声に癒されました。

2009年3月14日

工房では -ダイニングチェア製作中-

サンディング 昨日から天気が下降して、一昨日の青空が恋しくなります。
 日本全国的に強風・大雨の注意報が出ていますが、意外にも当地は八ヶ岳おろしのような強風はなく雨がシトシト降っています。

 現在工房では、木を活かす職人が先日からのダイニングチェアの製作をしています。
椅子はパーツが多いのでテーブル製作よりも手間がかかるそうです。

 活木工舎からのご案内> 
・3月16日は臨時休業日となります。
・3月17日火曜日
 山梨放送(YBS)のラジオ番組「765MUX」http://www.ybs.ne.jp/765mux/)内の午前10:25~スコーパー情報のコーナーにて 活木工舎が生中継で5分程度の扱いで取材を受けることになりました。
 山梨県内に限定となりますが、ご都合がつくようでしたらご清聴いただけると幸いです。
 
 つきましてはお客様にご迷惑をおかけいたしますが、
3月17日午前中取材時間中は、留守番電話に切り替えます。
また当日の工房見学はご遠慮願います。
頂いたメールへの対応は午後以降とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2009年3月13日

桜もち

 先月から計画をしていた桜もち作り。
 昨日昼になって、ようやく重い腰を上げて作りました。

 ホットプレートに生地を伸ばして焼いて皮を作り、
冷めたら皮の内側に市販の漉し餡を入れて巻く。
 更に市販の桜葉を巻く。
以上。
 
090313自家製桜もちということで、生地を焼くこと以外は何も作っていないので
料理をした感じではないのですが。
約30分かけて、大小11個出来ました。
 不恰好な皮ではありますが、桜葉が七難隠す感じで仕上がりました。

保育園から帰宅した子どもが喜んで食べてくれたので
得意気に「お母さんが作ったんだよ!」というと
木を活かす職人が「本当はほとんど巻いただけ!」と突っ込む。

 実は昨年年末に焼いたクリスマスクッキーの失敗以降、
子どもが私の手作り生菓子を嫌がり、市販の生菓子を食べたがるのです。
 すっかり評判を落とした「母の手作りおやつ」の復活にかける私です。

次回は自家製つぶし餡で作ります!

2009年3月12日

春 山並

 昨日は前日夜からの八ヶ岳おろしの冷たい強風の日でした。
 こういう日に限って工房入口のガラス戸のドアに、ホオジロが激突。
様子を見守っていましたが、結局再び飛ぶことはできませんでした。

 さて今日は、風力は比較的強くないものの、昨日と同様に冷え込んでいます。
 ストーブをつけても室温が17℃~19℃。
なかなか上がりません。
南アルプス
 陽光はすっかり春。
 工房から見える南アルプスも朝のうちは画像のようによく見えるのですが、
正午近くなってくると霞んできます。
八ヶ岳八ヶ岳の眺めは良好。時間が経過しても、霞みなく見えます。 

2009年3月11日

桃の花

 当地界隈は梅が満開の時期です。
 でも今日は桃の話。 
 2月下旬に入ってすぐのこと、ご近所の方が"頂き物の桃の枝"をお裾分けしてくださいました。
 そのままにしておくと開花すると云われ、一部を梅の枝と一緒に、一輪挿しに入れて居間において様子を見ること1週間。
 同じような蕾に見えた梅は開花する一方で、桃は3月2日ひな祭り直前になっても、ネコヤナギのような感じで蕾には変化がなく、この日予定していた"一輪挿し"の商品撮影には使用できず。

 活け花にするには早すぎる枝の大半はバケツに入れたまま工房の片隅に放置。
こちらも変化ナシ。
桃のつぼみ
 が、ようやく一昨日から蕾が色味を帯びてきて、今日あたりから徐々に咲きそうな感じです。

桃の節句はやはり旧暦なんだなぁと改めて感じます。
 よく利用する韮崎のスーパーでは3月3日を過ぎても、雛あられが店頭に並んでいます。
この4年間で全然気が付かず、最初「3月3日を過ぎて売れ残った処分品?を売っている?」と
一瞬疑問に思い、特売セールでもなく、値段が先月から変化ないことに気付き思い至りました。
おなじ商材でも地域の慣習で販売期間の長さが異なるのですね。

 端午の節句の時は新暦で、お盆の時期は旧暦で商品が販売されているので、ひなあられは意外にも販売期間が息が長い商材と知りました。

2009年3月10日

工房では ー椅子製作ー

 現在、工房ではお客様のオーダーで椅子の製作に入っています。
 ブビンガの天板のダイニングテーブルに合わせる椅子となります。
椅子 部材
ちょうどカメラを抱えて工房へ入ると木取りを終え、木作りの作業をしていました。
椅子 木作り
 一方、私は花粉アレルギー症で先月から治療を受けているのですが、安直に友人の薦める医者に変えたことが災いして、その治療と処方箋が合わず。
 最悪なことに重症となってしまい、昨日、元もとのかかりつけ医で受診をし、事情説明を。
治療と処方箋が替わり、わずか2日間で改善されつつあります。
 「己の健康面のことは己の判断を信じるべき。良い医者の定義はその価値観で異なるので安易に人の評判を信じるなかれ。たとえ友人知人であってもアドバイスはホドホドに。」と反省。

ということでマイペースで仕事をしています。
新しいショッピングサイトのオープンに向けて準備もぼちぼちと進んでいます。
4月オープン予定!
一部商品は現在もご利用いただけますが、情報不足な面も否めず。
まだまだ手を加えていきます。

2009年3月 6日

工房では -セミオーダーベビー用サークル製作中-

 当地は土砂降りです。
 こういう天気の日は、工房からは遠景の南アルプスや八ヶ岳は白く霞んでしまい見えません。
 
 部屋の中からの景色もいつもと印象が異なり、背景が白となった効果で、近景の赤松を中心として雑木林の木々の幹や枝がよく見え、まるで自分が大きな鳥の巣の中にでもいるような感じがしてきます。
ベビーサークル製作サンディング1工房ではセミオーダーで承ったベビー用サークルの製作に入っています。
 赤ちゃんがお使いになることを配慮し、面取りは5R。
 サンディング作業が続きます。
 
 以前サンディング作業を手伝いたいと木を活かす職人に志願したのですが、私には適していないと却下。
 作業工程では工具のサンダーも併用しますが、全体を通じて素手にサンドペーパーを持ちサンディングをして、触って確認しながらの作業。
 私の手が冬になると乾燥で白くカサカサ乾いてきヒビ、アカギレだらけとなってしまう、皮膚が薄く手が荒れやすい体質には託せないといったところです。(優しい気配りから)
ベビーサークル サンディング作業より
 私の場合は、当地に済み始めてから冬になるとヒビ、アカギレになるのは、ここの水温と気温が影響していると思うのです。
でもこの一週間程で回復して、良くなりました!
ということは一体気温何度以下が皮膚の適応力がなくなるのだろうか?と興味が尽きません。 

2009年3月 5日

コースター 商品撮影

 今日は雪が跡形もなく解け、春を感じる1日となりました。

 今後しばらく天候が崩れる予報に、今日しかチャンスがないと思い先日に続いて商品撮影をしました。
商材はかれこれ2ヶ月前には、製作が完了していたコースター。
 お陰さまで在庫切れの樹種もあり、補充分を製作を昨年末にしてくれたのです。
活木工舎オリジナルコースター
 あれから何故か商品撮影に至らずに、とうとう今日まで。
 在庫が僅少となって以降は、一度はご検討くださったお客様もいらっしゃると思いますが、品数が少なくお迷いになられていることと思います。
 いろいろと行き届かずに申し訳ございません。
 
 実はクレジットカード決済などをご利用いただけるように、在庫がある活木工舎のオリジナル製品販売用に新しいショッピングサイトの準備に入っております。
 先月、そちらのデザインをどうするか、「あぁでもない、こうでもない」と一人で自問自答を繰り返し、木を活かす職人に候補から選択してもらったりしながら、こだわりたい部分は後回しということで、どうにか形になりました。
 
 カード会社の審査も通過し、来週には正式契約。
あとは、商品掲載作業を進めるのみ!!
 必要な商品画像の撮影は晴天狙いで天然光の下で木製雑貨小物の撮影をすると樹種の色が伝わりやすいと思いこだわっています。
(撮影用照明器具を持っていないものですから...。)
 
そうそう、ショッピングサイトは準備が整いましたら、後日ご案内いたします。 

2009年3月 4日

待ち遠しい雪でした

 雪かきがしたくて仕方がなかった我が家の3歳児。
今年は暖冬で2月までに雪かきが必要となる程度の降雪はなかったので、もしかしたら3月に雪が降るかもしれない予感はしていました。
090303夕方の降雪1
 昨日子どもは保育園から帰宅直後、雪に大喜びで家には入らず黙々とウッドデッキの雪かきをして、遊んでいました。
降雪の中、結局1時間。
その間に「明日は保育園をお休みするぅ~!○○ちゃんおうちで雪かきして遊びた~いんだもん。」と自主休園の申し出もありました。
090303夕方降雪の中 工房
 結局、我が家よりも標高が低い保育園では、彼の望む雪遊びはできないことを考え今日はお休みしました。
 今朝は自宅に面している林道を歩くと、複数の動物の足跡をみる"けものみち"を確認できました。
 自宅周辺に野生動物が生息していることをあらためて感じました。 
 足跡で動物がわかるようにならないと!!と反省。
 
自宅からわずか徒歩2分程度の場所でも、雪道となるといつもの林の雰囲気とは異なるようで
「○○ちゃんちはどこ?」と不安気に。
早々に庭に戻り、雪だるまを作り、軽く雪かきをして遊びました。

今日は、温暖だったので雪解けも早く、午後2時過ぎには土が顔を現していました。

 3歳最後の雪体験。
自然からの贈り物の時間だったようです。思う存分遊んで満足気でした。
 でも一番雪を楽しんだのは、子どもにソリ遊びに誘う私のはしゃぎぶりをご覧になったご近所の方にご指摘受けた通り、私なのかも...。

 私には、雪が降ると電車等の交通マヒで大変だった記憶が鮮明なので、電車通勤・通学時の不安の方が先に立つのですが、故郷東京を離れ、かれこれ4年半弱。スローな生活と職住一致のせいか「終日外出しなければいい」とノンビリ悠長に構えるようになりました。

2009年3月 3日

工房では ーメープルの小テーブル その後

 先日製作中だったメープル材の小テーブルは、塗装工程に入りました。

 サイクルとしては塗装乾燥期間中に、他の案件の製作に取り掛かり始めることになります。
  さて、先日の作業場面から。メープルのテーブルの脚です。
お客様のご要望でテーブル下に棚板を設けるデザインです。
メープルテーブル脚  天板の鉋ガケをする直前、鉋の刃の手入れをしました。(砥ぎの場面を撮影したものの、ブレブレで使える画像が1枚もありませんでした。あしからず)
 
刃を鉋台に収める  鉋ガケをします。ハラリと屑が。かつお節だったらどんなに美味しそうなことでしょう。
天板鉋がけ カンナ屑
棚板のサンディングをして仕上げます。
工具サンダーを使って、最後はサンディングペーバーで手仕上げ。
テーブル天板下の棚板サンディング
このあと塗装後は、お客様先に配達して、現場で組み立ててテーブルとして設置します。

2009年3月 2日

一輪挿し 商品撮影

 天候が気象予報通りにはいかない数日を過ごしていましたが、今日は朝から晴れました。
少し風が強かったので寒かったですが、気持ちの良い快晴。

 ということで、午前中はバタバタと過ごしてしまったので、午後に慌てて日が翳らないうちにと商品撮影をしました。
新製品一輪挿し1
 一輪挿しのペアタイプで2種類です。
樹種:画像上左 A)本体/タモ 軸棒/ブナ 
画像上右 B)本体/タモ 軸棒/カツラ、ウォールナット
商品価格:ペアでの販売に限定で1組6300円(税込) 
どちらも1点限りのお品です。
新製品一輪挿し3 
 近日中にオンラインショップ用に写真の厳選と、画像サイズの変更作業を済ませ次第、販売開始となる予定でおります。
 準備が整いましたら弊舎HPのトップページ内"お知らせ"にてご案内いたします。
少々お待ちくださいませ。