2008年4月30日

丸脚スツール製作場面より(2)

先日ご紹介した作業場面の続きです。
いよいよ組み作業の準備段階に入ります。
maruashi-ashi.jpg
丸脚スツールの脚部分の鉋がけが継続します。
前回掲載した鉋がけの画像で使用していた治具は、今回用いません。
使用している鉋も異なります。(よろしければ、前回投稿記事をご参照ください。)
maruashi-kanna2.jpg
その後は、座面の仕上げに、再度サンディングをします。
(撮り損ねているのですが、これ以前に、既に座繰り工程でサンディング作業は済ませています。)
maruashi-sandding.jpg
さて、組みます。
maruashi-kumi1.jpg
楔を打っていきます。
ひたすら打ち込みます。
maruashi-kumi2.jpg
この後、塗装をし、乾燥させてから、納品可能となります。

無垢の木で作るオーダー家具木工房・オリジナル家具の通信販売(全国発送可能)の活木工舎

2008年4月27日

ヒヨドリ

先日、清美オレンジを腐らせてしまいました。
もったいないので、ヒヨドリにあげることにしたのですが、
置いて数分したら、殆どなくなっていました。
恐らく、カラスが持っていってしまったのだと思います。

後から、遅ればせながらヒヨドリ”ツンツン”(名前をつけています)が、僅かに残った実を食べに訪れました。
hiyodori-orange1.jpg
加えて、まずは一飲み
hiyodori-orange2.jpg


とっても満足そう
hiyodori-orange3.jpg

2008年4月26日

オリジナル丸脚スツール製作場面より

 現在、工房では座面がウォールナット角座のオリジナル品の丸脚スツールを製作しています。
通信販売での取り扱い商品です。
今日は、座面のサンディングを終え、組み作業に入る予定のようです。
maruashi-kanna.jpg
先日、丸脚製作をしていた場面を撮りました。
鉋で削って、丸くしていきます。
maruashi-parts.jpg上の写真はスツールのパーツ。この段階では、まだ座面のサンディングはされていません。
丸脚も、円柱になってきていますが、まだ完成形にはなっていないようで、手と目で確認しながら、1本ずつ仕上げていきます。

yomogipan.jpg
その日、私は庭先で摘んだ蓬で、ヨモギパンを焼きました。
レシピがないので、「ベターホームの手づくりパン」に掲載されていたホウレン草パンのホウレン草の分量を参考に、同量のヨモギを使いました。
草もちを作るよりも、2倍以上の量のヨモギが必要となり、冷凍ストック分を使いきってしまいました。
この日は晴天で車中の温度が上がり気味。
思いついて、パンの発酵を駐車中の自家用車の中でしてみました。
残念ながら、時間差で発酵させていた食パンは、温度が足りなかったようで、膨らみが足りませんでした。

また近日中にヨモギ摘みをしたいなぁと考えています。
しかし、最近天候不順で、摘もうと思う時間ができる時に限って、雨天だったりします。
今も、降り出してしまいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オーダー家具木工房の活木工舎では、椅子やスツール・木工雑貨の通信販売は全国発送対応しています。

2008年4月25日

山桜やがて葉桜に

今週の初めに楽しめた山桜。
yamasakura08041.jpg
ここ数日の強風と雨天により、葉桜になってしまいました。
望遠レンズで撮れる高さと思い、樹高の高い場所の桜を撮ってみたりしました。
視点を変えると、新鮮に思えてくることってありますよね。
樹高が30m以上ある桜の樹。空が近くに感じてきます。
yamasakura08042.jpgオーダー家具木工房の活木工舎・スツール・ベビーサークル等通信販売取扱中

2008年4月24日

つばめ

工房付近の雑木林からは、キジ、ひばり、うぐいす、そして私の無知で種類がわからない野鳥のさえずりが響きわたり、
耳に心地よいです。
自然環境に恵まれた場所に、私は住み始めて3年半。
東京の生活では得られない幸せを感じる時間です。

先日、道中、新緑と山桜の木木のグラデーションを撮ろうと思って、カメラを持って郵便局へ。
ちょうど郵便局の駐車場に停めた際に、気が付きました。
tubame1.jpg
つばめ。
特に郵便局の建物に巣があるわけではなかったのですがtubame2.jpgただそれだけの話。
当工房にはなかなか訪れないツバメなので、撮れて嬉しいです。
ささやかですが、そんなことが楽しく、撮った写真を休憩中の夫に見せ、たわいのない会話をする日々。

無垢を使った手づくりのオーダー家具木工房の活木工舎・全国通販展開中。

2008年4月23日

丸脚スツール製作中

日増しに陽気が暖かくなってきました。
当ブログの4月のカンバンにしている画像は昨年撮影したものですが、今年も同じ場所で桜と新緑のグラデーションを
楽しむことができる時節となりました。昨年は気が付きませんでしたが、菜の花が彩り鮮やかです。
080422hayashi.jpg
ただいま工房では、ウォールナット座面の”丸脚角座スツール”の製作に入りました。
通信販売取扱い商品ですが、お陰様で在庫切れとなり、先日承った追加のご注文に合わせて、
昨日から製作に入りました。

maruashi-kitori.jpg
画像は、木造りの作業場面です。
maruashi-kidukuri.jpg
追加分としてご予約注文を頂きましたT様。
お待ち頂くこと、ご理解いただきましてありがとうございます。
 ご連絡した納期に合わせて、作業も進めております。
恐れ入りますが、今回のご注文に併せて、弊舎在庫分も一緒に製作をいたします。
(実は、1脚の椅子・スツール類を作る手間は、複数脚作るその手間や工数に大きな差がないため効率性を持たせて製作活動をしておりますのでご了承くださいませ。)
よろしくお願いいたします。

無垢の木を使った手作りオーダー家具木工房の活木工舎

2008年4月22日

新府 桃源郷にて

先日の日曜日、新府の桃源郷へ行ってきました。
shinpumomo0420.jpg活木工舎のある茅ケ岳を臨んでの桃畑です。
菜の花と桃が満開で、綺麗でした。
momo.jpg
毎年夏は、ここの共選所で完熟桃を買うのが、とっても楽しみな場所でもあります。
この日は、雲が多かったのですが、お花見観光で賑わっていました。
momo2.jpg




2008年4月20日

庭に訪れる野鳥 4月中旬

いろんな野鳥の鳴声を耳にするようになってきました。

といっても、庭先に訪れているのは、雀、ヒヨドリ。
木を活かす職人が撮影したものです。
suzume1.jpg上の画像は、つがいで訪れた雀の片方です。下は、コンポストの手前で仲良く合流。
suzume2.jpg
ヒヨドリは連翹の花がお気に入りのようです。
hiyodori-rengyo1.jpg
下の画像は、ついばんだ花を口に加えているショットです。意外な発見でした。
hiyodori-rengyo2.jpg
無垢の木を使ったオーダー家具工房の活木工舎

2008年4月19日

開花しています

昨今、執拗に当ブログが記事を更新するたびに、スパム攻撃を受けており、特定記事のコメント受付の設定の変更を何回も繰り返していましたが、今日の朝よりコメント投稿を一時利用できない設定にしてみました。
その後、コメント受付可能に再設定を試みてもし、受付できない状態に陥ってしまいました。
先程、原因が判明し、修正をいたしましたので、これでコメントを受け付けることが可能となりました。
ご利用できずにご迷惑おかけし、申し訳ございませんでした。
tulip0419.jpg
今朝は曇りがちでしたが、時折雲間から青空を仰ぐことができました。
木を活かす職人が撮影したものです。
写真の手前は新顔のフレンチラベンダーです。
先日見切り処分品だった苗を買ってきました。
(私、苗の見切り品をみると引き取ってあげたくなってしまう性分で、つい購入してしまいました。)
元々3株あるフレンチラベンダーは越冬できたものの元気がなく、ちょっと気がかりです。

工房の庭先では、現在チューリップが開花し始めています。
そして、ラズベリーも新芽を出し始めました。

今日は午後、工房の庭先でヨモギを摘みました。
明日、草もちを作ってみようかと思っています。
土筆は終わってしまいました。

今、当地明野では、山桜が見頃になりました。
久しぶりに活けてみました。部屋で桜を愛でる幸せを楽しんでいます。
その写真は後日改めて。

オーダー家具工房・木工雑貨通信販売の活木工舎

2008年4月18日

四方転びハイスツール(2)

昨日の昼より雨天が続いています。
工房の周辺は徐々に靄がかかってきています。
今日は、雨天・靄の中での坂道、カーブ走行に気をつけて、保育園へ息子をお迎えにいかなくてはいけない状況のようです。
shiho-sanding1.jpg
さて、工房の作業をお伝えします。
四方転びハイスツールの製作状況ですが、脚部の組み作業を終え、本日は座面の座繰り加工をしています。
先程、望遠レンズに慣れるために作業場面を至近距離最低1・5mの場所から撮りました。
shiho-sanding2.jpg
丸座面の丸ノミによる手彫りで座繰りを終え、サンディングをしているところでした。
この後は、四方転びのハイスツールは、塗装工程に移ります。


オーダー家具木工房の活木工舎


2008年4月14日

庭に訪れる野鳥 4月上旬~中旬

晩秋から春にかけて、リンゴの皮や痛んだみかん、苺など果物を野鳥用に庭の片隅に置いています。
大概、ヒヨドリが食べに来ているのですが、時折お呼び出ないカラスもやってきます。
昨年春は、カワラヒワがタンポポをついばんでいた姿を見ました。
トラツグミを見て以来、息子も野鳥を見るのが楽しみになってきた様子。

先日念願だった望遠レンズを手に入れたので、早速”木を活かす職人”が野鳥を撮りました。
まずは、顔馴染みのヒヨドリ。
hiyodori1.jpg
このヒヨドリ、何と180度頭部を回転させています!
hiyodori180.jpg
hiyodori2.jpgいつも訪れると観察していましたが、改めて写真を撮ると思わぬ表情がみれるのですね。

そしてツグミです。
tugumi.jpg
遊びに来ていたことすら知りませんでした。
きっと、私達が気がついていないだけで、様々な野鳥が庭に寄っていってくれているのだと思います。
非常に近くにいて見つけにくいウグイスも遊びに来てくれるいいなぁ。
少しずつご紹介できるといいです。

無垢を使った手づくりオーダー家具木工房”活木工舎

2008年4月12日

四方転びハイスツール

 活木工舎オリジナル製品スツール”の丸座四方転びスツールは、ハイスツール、ミディアムスツール、ロースツールの計3種類のサイズ違いがあります。
 このたび、お陰様で丸座面の四方転びハイスツ-ルが在庫切れとなりました。
日頃よりお客様におかれましては、ご愛顧賜りましてありがとうございます。
 インターネット通販で椅子スツール等お求め頂くには、お客様が実際に座り心地をお試しになれない為、私共としても歯がゆさがあります。
 お客様の方も、ご不安も抱えながらも、活木工舎製品をお買い求めくださいます。
更に、実際にお使いくださった上で、お気に召して頂け、”追加ご注文”という形で再度ご注文くださるケースが増えています。
 お客様の懐の深さに甘えながら、活木工舎製品をお届けしていると日々感じ、感謝している次第です。
kidori.jpg
 さて過日、追加分としてご予約注文を頂きましたT様。
大変お待たせいたしました。昨日より製作が始まりました。
(恐れ入りますが、今回のご注文に併せて、弊舎在庫分も一緒に製作をいたします。実は、1脚の椅子・スツール類を作る手間は、複数脚作るその手間や工数に大きな差がないため効率性を持たせて製作活動をしておりますのでご了承くださいませ。)
kidori2.jpg
まずは図面を見て、計算し、木とり作業工程から始めます。
この後は木造りに工程が進んでいきます。
兎にも角にも、T様からのご注文品は、お伝えした納期に間に合うよう製作していきます。
引き続き、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。
kidori3.jpg
◇------------◇◇-------◇◇-------◇◇-------◇◇------------◇
活木工舎のオリジナル家具は、在庫があるものと受注製作のみの商品とがございます。
また仮に在庫切れとなりましても、受注製作を承っております。
ただし、工房の製作スケジュールの調整で、納品までのお時間が都度変わりますので、納期に関して
ご遠慮なくお問合せください。
◇------------◇◇-------◇◇-------◇◇-------◇◇------------◇

2008年4月11日

桜・さくら

工房の山桜は、まだまだですが、先日から保育園への通り道で目にしてきた満開の桜。
撮りたくてウズウズ。
昨年春に一眼レフカメラにしてから、写真を撮ることが息抜きになる時があります。
(商品撮影は、とても疲れるのですが)

先月末に東京へ帰省の折、見慣れた桜並木を懐かしさと共に楽しんできました。
でも当地、明野の里山の桜はまた風情が異なり、味わい深いです。
どこの桜も素敵なのですが、今日は図書館がある明野総合会館の敷地内になる古木を鑑賞してきました。
たまたま駐車場から見えたので、近づいてみると明治時代の石碑の傍に古木を発見。
今日気が付いたので、樹齢はわかりませんが、古くから住んでいらっしゃる地元の方に機会があったお伺いしてみようと思いました。
080411oldestsakura.jpg
何百年か経過しているクラスの桜だと思いますが、特に市内で有名な桜の観光地ではないようです。
今日、出会った私にとって身近な古木の桜として来年以降も眺めていきたいと思います。
080411sakura3.jpg一帯には若い木や他の種類の桜も植えてありました。

080411sakura2.jpg
無垢の木で作るオーダー家具工房活木工舎

2008年4月10日

キッズチェアと遊ぶ

私が子どもの頃、兄も私もレゴで遊んでいました。REGOのロゴマークは親しみがあります。
あの頃、ダイヤブロックを持っている友達も多かったけど、我が家はレゴ派でした。
どこか、国産のダイヤブロックとの違いを子供ながらに、触感、視覚で見分けていた記憶があります。
子供の頃の夢は、海の彼方遠い国のレゴランドへ遊びに行くことでした。
大人になって、レゴランドへの思いはどこか何処へ消えていってしまいましたが…。

2歳になる息子の大好きなおもちゃといえば、レゴブロック。
やはりレゴで育った姪からのプレゼントです。
毎日、手にして遊んでいます。
kidschair_rego1.jpg
彼の遊び方は、子供用椅子・キッズチェアが車庫代わりになっています。
我が家には”ガレージ”はないのですが、教えたわけでもないのに息子の頭の中には概念が存在しているようです。
すべて絵本の影響でしょうか。
kidschair_rego2.jpg
車庫からはたらくくるまが出動します。
kidschair_rego3.jpg
無垢を使った手作り家具木工房の活木工舎


2008年4月 8日

絵本紹介『ねずみのなるき』

今日ご紹介する絵本は『ねずみのなるき』(作:さとうわきこ 出版:フレーベル館 初版2001年4月)です。
 長野県岡谷と原村にある「小さな絵本美術館」を主宰されている方です。
ehon_mousetree.jpg
ねこがねずみを捕まえます。
そのねずみが「ねずみのなる木の種」を命と引き換えに猫に渡します。
早速、猫は、その種を蒔き、手塩にかけて育てます。
いつもイメージするのは、木にたわわに”ねずみ”が実っている姿。
やがて花が咲き、実をつけますが、暴風や野鳥達に狙われてどんどん果実がなくなり、とうとう1個だけになってしまいます。
実が成熟し、中にたくさん種のように”ねずみ”が詰まっていると想像しますが…。
出てきたのは巨大なネズミだったようです。

猫のため息一緒に口に出た独り言のような文章だけで、その他は一切説明がない絵本です。

ネズミがなる木なんてあるわけない、オチは別にあるような想像をして読み進めたら、意外な展開でした。


無垢材を使った手作りオーダー家具木工房”活木工舎”・通信販売しています

2008年4月 7日

オリジナルTシャツ

先日、活木工舎オリジナルTシャツプリントを1枚発注しました。
特に今年、Tシャツを着る時期に、イベントがあるわけではないのですが…。
originalT.jpg
VistaPrint を利用していたら、Tシャツ1枚無料製作の案内メールが届きました。
無料と言っても、プロセス料という手数料プラス送料で、最低860円程は費用が発生します。
ただ一度に複数申し込むと2枚目からは正規料金になります。
自分でデザインしたロゴなので、原稿をアイロン転写プリント用紙を利用して印刷すればいいのですが、
Tシャツ代、プリント用紙代やインク代を考えると、VistaPrintにはかなわない。
それに少量数の2枚しか必要ないので、手間を考えると思った時に即実行!
で1回の申し込み1枚無料サービスで、2回に分けて計2枚分申し込みました。
プロセス料も当然2回分発生しますが、計算してもこちらの方が断然お得。
origianlT2.jpg
提供されたテンプレートのサイズいっぱいの版下原稿にしましたが、これ以上のレイアウトデザインは出来ず、
また申し込みイメージでは、胸ポケットがあることになっていたのですが、実際に納品されたTシャツにはありませんでした。
でも値段的には満足。
ちなみに写真はアメリカンSサイズ。MサイズTシャツの場合にはHans製でした。
無垢材を使ったオーダー家具木工房の活木工舎

2008年4月 5日

庭の花々

昨日は、東京から、北杜市武川町にある実相寺の山高神代桜を見に行かれたお客様が、工房に立ち寄ってくださいました。
今、見頃のようです。
ようやく明野町内でソメイヨシノや、枝垂れ桜が7分咲きになり、日々楽しみな時節となりました。
といっても現在咲いている場所よりも、若干標高が高い場所にある活木工舎の工房の山桜はまだです。
雉も無事越冬したようで、なぎ声がよく聞こえます。

先日は外出の折、雉のオスを木を活かす職人が見かけたそうです。私はまだ遭遇できていません。
毎日遊びに来てくれるヒヨドリ以外には、ウグイスの美声も耳にするようになりました。
天候は晴天続きではありますが、夜半は八ヶ岳おろしが吹きまくります。

ようやく庭にも花が咲くようになりました。
08rengyo.jpg
庭の片隅で眩しいくらい鮮やかに咲いているのは連翹。3年前に植えた苗が随分大きくなりました。

musukari.jpg
ムスカリです。

08yukiyanagi.jpg
ユキヤナギはこれからです。蕾があちらこちら。楽しみです。
tulip.jpg
そして、チューリップのつぼみ。
不精をして、昨年咲き終わり後球根を掘り出さずに、植えっぱなしにしていたので、
おそらく花が小さくなっていると思いますが、今年も元気に咲いてくれそうです。
開花がとても楽しみです。

庭に花が咲くシーズンが到来。とても嬉しいです。
そろそろバジルも蒔きどき。ハーブ栽培にとりかかりたいです。
無垢材を使ったオーダー家具木工房の活木工舎