2007年9月30日

晴れた日に

当地では、昨日9月29日から天候がくずれています。
今日も雨天。降雨量が気になります。

日照率が日本一高い明野。
先日9月28日は天高く馬肥ゆる秋でした。
午前中に木を活かす家具職人は、商品撮影に出かけました。
その際に、撮ってきた写真。
八ヶ岳をバックに。
雲と八ヶ岳を望む
「今日の雲は面白い」と感じたそうです。
見ると確かに形状も面白く、不思議な感じがします。
そして、南アルプスをバックに。
雲と南アルプスを望む



オーダーメイドの無垢材のダイニングテーブルのことでしたら
活木工舎までご相談ください。

2007年9月28日

日影のトチノキ(3)

9月26日に見に行ってきた”日影のトチノキ”の連載3回目です。
70分過ごした場所でカメラに収めてきた写真。
大半は木を活かす家具職人による撮影です。
咲いている野草花はこの種類だけ。
hana.jpg トチの実
折れた大枝に近づいていった際に、足元で拾いました。
トチの実は栗色でした。
トチの実の殻
至る所に、地中の根から発芽しています。おそらくトチの新芽。
新芽・若芽
傷ついた巨木の裏側に回ります。樹高があるので見えませんが、
ここにトチの実が沢山なっています。
時折、頭上からトチの実が落ちてきました。
hikagetochi7.jpg

若芽に次世代の命を感じ、この森をあとにします。
masutomi1.jpg
ここは増富。温泉地に続く途中にあります。
私達は、工房の庭にトチノキを植えたい思いを強く抱き、
隣町明野に戻りました。



オーダー家具工房活木工舎

2007年9月27日

日影のトチノキ(2)

昨日の続きです。
北杜市須玉町まで、山梨県指定文化財の”日影のトチノキ”を
見に行ってきました。
(実際にトチノキは日陰に生息していますが、”日影”は地名のようです。)
現地に着いて、声を失ってしまいました。大枝が横たわっています。
hikagetochi1.jpg
そして木を活かす家具職人と私は、70分間その場所で、
それぞれ思いを抱きながら撮影をしました。
hikagetochi2.jpg
樹齢300年以上のこの巨樹。
ヤフー検索で調べたらサイト名「日本の巨樹・巨木掲示板」
(http://www.kyojyu.com/bb7/pic.cgi)の情報ですが、7月13日にこの大枝が折れたそうです。
その事実を知らず、折れる前の姿をサイト名「日本の巨樹・巨木」
(http://www.kyoboku.com/tochinoki/kantou/hikage.html)で事前に
見ていただけに愕然としてしまいました。
hikagetochi3.jpg
このまま放置され、やがて朽ちていく大枝に鎮魂の気持ちを込めて。
私達が目にした痛ましい光景を掲載します。
長い年月、どれだけの人がこの木と関わってきたのでしょうか?
hikagetochi6.jpg
倒木となった大枝を前にして、私達は会話しました。
自然の姿としては、このまま朽ちていけば自然に帰る。
例えば完全に朽ち、腐る前にこの倒木を製材し、例として家具に
姿を変えるならば、今後100年はこの大枝は生き続けることができる。
でも木を御神木として崇められているならば、
製材するような手を加えることは許されないこと。
また巨木として大事にしたい思いは、
いつまでも木に対して長寿であり続けて欲しいと願い、
「哀しいと感じる」のは、人間の自然を管理したいエゴでもあること。
いろんな視点により、異なる価値感。

ただどうしても、木を活かす家具作りを信条にしている私達には、
このまま放置され朽ちていくのは「もったいない」と感じてならないです。
県の指定文化財だけに処分するにも簡単に行かないのだろうと推察しました。

明日は、このトチノキの周辺で目にした写真をご紹介します。


家具職人の無垢材手作りオーダー家具活木工舎

2007年9月26日

日影のトチノキ

今月の初めに、木を活かす家具職人にお願いをしました。
連れて行って欲しい場所があると。
その姿の写真を撮りたいと。
そこは”日影のトチノキ”という名称がついている巨木。
木を活かす職人が4年ほど前にそこで拾ってきたトチの実を見ながら、
いつか自分も見てみたいと思っていました。
解説案内板
昔は農村でもトチの実でトチモチを作ったりすることで、大事にされてきた木。
家具材としても使われるので、無垢の一枚板として活木工舎でも扱うことが多いトチ。
このトチの巨木が、北杜市内にあります。
昭和54年2月に山梨県指定文化財にも指定されている立樹です。
根回り10.5m、目通り幹回り8.2m、樹高約30m。
入り口案内板
やっと仕事が一段落ついたので、今日午前中に連れて行ってもらいました。
隣町の須玉町にあります。山間の田に囲まれた場所を進みます。
日影のトチノキが視界に
山菜畑を抜け、視界にうっそうとした森林が迫ります。
そして、自然の力によるとてもショッキングな光景が目に飛び込んできました
まだ写真を整理できていなので、続きは明日に。

2007年9月25日

経営革新塾

8月下旬から全6回で、毎週土曜日に韮崎市商工会主催の経営革新塾セミナーを
受講しています。
経営革新塾 加藤先生
講師はアイ・リンク・コンサルタントの加藤先生です。

先日9月22日は、講義が最終となり、午後には商品撮影会がありました。
講習では、撮影キットが用意される中での撮影となるので、
1週前に事前通達で撮りたい商品を参加者各自持参とのことでした。
活木工舎製品で撮影キットに納まる大きさの商品として、木皿、ウッドトレイを選びました。
演出用小道具も各自準備せよとの話で、
スワトウのハンカチやコーヒーカップ、お菓子等も用意。

シロクマさんのアクセサリーとウッドトレイとのコラボレーションのことで夢中になって検討中。
私の知らぬ間に、木皿がいつのまにか手元を離れ、撮影キットにセッティングされており、
皆さんパシャパシャと。私空返事していたと思います。
折しも早朝撮影会に参加された八ヶ岳の青い月さんが、アケビを収穫してこられたので、
それが木皿に載せられ皆さん撮影していました。
そうそう私、アケビを初めて見ました。
出足が遅れた私は焦ります。
(うちの商品なのに、私自身がまだ未撮影とは納得できない!!)
三脚を急いで出したら、青い月さんが立て方のご指導を。
ありがとうございました。
あけびと木皿
そして加藤先生のご指導のお陰で、
見た目と同じ色で木目も綺麗にクリアに撮れました。
その後は、各自自由に撮影を。
ゲルマニウムペンダントとウッドトレイ
さらにシロクマさんの商品のペンダントとを撮る為に、一緒にウッドトレイもセッティング。
ウッドトレイお茶セット
お茶の時間も演出し、私のお気に入りのカップ&ソーサーと
好物のヨックモックをセットして撮りました。
皆さんが活木工舎製品を熱心意撮影しているのが嬉しかったです。
シロクマさんとあーでもないこーでもないと演出に
工夫する時間も楽しかったです。

商品撮影はまだ慣れませんが、講習会を通じて学んだことを生かし、
少しでも実物に近い色、風合いをお伝えできる写真を
撮れるようになれればと思います。

2007年9月24日

辛夷(コブシ)の実

連休をいかがお過ごしですか?
工房周辺では、別荘の方がおみえになっていて、いつもより車の往来が多かったです。

昨日は午後から天気が崩れる予報だったので、正午過ぎに急いで
韮崎市中央公園に行ってきました。
ここには子どもが喜びそうな滑り台の遊具があると聞いていたので、
初めての地元付近での公園デビュー?でした。
ミニSL
休日にはミニSLが走っています。
ミニSLは1回100円(3歳未満は無料)。汽笛も鳴らしてくれます。
グラウンド

サツキ、クヌギや桜など公園内には色々樹木が植栽されています。
芝生の手入れが行き届いたグラウンド。月2回日曜日限定で開放されていました。
こぶしの実
グラウンドに向かう手前で辛夷(コブシ)の並木がありました。
辛夷(コブシ)の実です。形状がゴツゴツしていて面白いですね。
この日は小1時間程楽しんで降雨前に帰宅。

韮崎市中央公園は、滑り台の他にもちょっとしたアスレチック遊具もあり、
自然散策も出来るのでお子様連れで、韮崎・北杜市周辺の別荘をご利用の方などにも、
お勧めの場所かと思いました。
 



無垢材のオーダー家具木工房 活木工舎

2007年9月23日

胡桃の木

工房から、バス通りに抜ける道沿いに胡桃の木があります。
胡桃の木
先日、木を活かす家具職人が、胡桃の実を拾ってきてくれました。
私は、胡桃の殻は市販品でわかりますが、実そのものを見るのは
初めてでした。後日実を向いて殻を見せてくれました。
胡桃
韮崎のJA直売所では、鬼胡桃を販売していますが、
こちらの木は違うようで、アメリカ産で目にするものに似ています。
胡桃の実.jpg
いつも自動車で通り過ぎるだけなので、散歩がてら見に行ってきました。
実がタワワになっています。
意外にも青々している実です。
私は、栗の木なら珍しくないのですが胡桃の木を物珍しがる私の反応に、職人は驚いていました。
同じものを目の前にしても、育った環境や、住む環境によって珍しさって異なりますね。

続きを読む "胡桃の木"

2007年9月22日

明野子ども美術館 賢治祭

工房のご近所(徒歩2分の場所)に、明野子ども美術館があります。
幼児からおとなまでを対象にしたワークショップを開催されているようです。
我が家はまだ子どもが小さいので、直接利用したことはなく、詳細はお答え
できませんが、ご興味がありましたら、お問い合わせしてみてください。
子ども美術館

明日は、毎年恒例の幻想的名森と銀河の夜祭り「賢治祭」があるそうです。
活木工舎に、駐車場の協力依頼があり、チラシと招待券をいただきました。
賢治祭ちらし
賢治祭チケット
以下チラシ内容を抜粋します。

9月23日18時~19時半。
○<賢治の手紙から>賢治をしのんで保阪庸夫さん
○賢治を歌おう、踊ろう 子ども達が作曲した歌を歌手が美しく歌い上げます。
○観客参加型野外劇<かしわばやしの夜>素敵な歌と生演奏にのせて
観客全員が出演し、衣装をつけて森の仲間になります。

2007年9月21日

コスモス咲きました

一昨年種で植えたコスモスが、今年は大きく成長し1mを越し、やっと開花。
ちなみに昨年は40cmでした。
大きく成長するものですね。
工房庭コスモス
工房に初めて植えたヒマワリと対照的です。
昨朝は久しぶりに雲が少なく、青空がきれいだったので、
撮影してみました。
ちなみに今日も晴天ですが、雲が多いです。
赤とんぼ
赤とんぼは、先月下旬からみかけるようになりました。
ラズベリーの生育ぶりを観察中に撮りました。
暑さは戻り陽射しはきついですが、
すがすがしい涼風が吹いている青空の明野です。
蝉も命の限り鳴いています。


無垢材の手作り家具工房活木工舎

2007年9月18日

コレクション?

今日は所用で早朝に高速バスに乗り、東京に行ってきました。
いつもは他の用件も合わせて、忙しく動き回るのですが、
昨日は暑くて好物のアイスを2個食べた影響で、昨夜にお腹の調子を崩したため、
今朝は調子がいまひとつ。
メインの用件済ませた後は、帰路のバスの時間まで
新宿でのんびり過ごしました。
webbooks.jpg
結果、一番時間を費やしたのは、紀伊国屋書店でした。
売り場はパソコン関連本コーナー。
アマゾンだと自分の目で確認できないので、上京の折には
大型有名書店に足を運びます。
吟味した結果、絞り込んでweb制作の本を4冊も購入。
今日は折しも、アマゾンで予約注文していた本も配達され、
一気に5冊になってしまいました。
読破するというよりも、よく勉強してリニューアル予定のホームページ作業に
早く反映させねばなりません。
この場を借りて、購入した本を公開することで、自分にプレシャーをかけたくて
書いてしまいました。
では明日から頑張ります。


無垢の木を使ったオーダー家具のご相談承ります!活木工舎

2007年9月17日

若い木の芽

現在、ホームページのリニューアルを計画しています。
5月から頭の中だけで、構想を練ってばかりいた日々を
脱して、ようやく手と体が動き始めました。
最近読んだ絵本の影響で、トップページに使いたい画像が
思い浮かび、手始めに身近な場所から撮影を。
ブナ科若芽
先日工房の向かいの東の林道を
数メートル歩き沿道で見つけました。
ブナかもしくはクヌギの若芽です。

赤松新芽
工房西方向にある”コローの小道”にもありました。
松クイ虫で病気になり伐採された赤松。
その朽ち始めた幹に着床し芽生えた命。
松の芽。
(松は結構芽が出やすく、工房のウッドデッキの隙間にもあります…)
足場が悪く、近寄れずに望遠レンズで撮ったら手振れしてしまいました。

2007年9月14日

秋の訪れ

最近、曇りがちですっきりとした青空を仰ぐことが少ないです。
昨日の朝は八ヶ岳がきれいに見ることができました。
木を活かす家具職人が、昨日北杜市内のお客様先にお伺いする道中に
(といっても撮影地は工房付近です)撮影してきました。
八ヶ岳at浅尾新田
手前はの黄緑は稲穂です。
当地の方は”八ヶ岳”のことを「ヤツ」と呼ぶそうです。

工房のムラサキシキブが実をつけ始めました。
紫の実が美しいので、秋になると鑑賞を楽しみにしています。
ムラサキシキブ
所蔵の植物事典『庭木 花木 果樹』(小学館)によると
やはりこの実の美しさ→紫式部のイメージから命名されたそうです。
結婚記念樹としても植えられたりするそうです。
(余談ですが、工房の以前の持ち主の方が植えていたので、
わが夫婦の記念樹ではありません。)


無垢の木を使った手作りオーダー家具工房 活木工舎

2007年9月13日

ラズベリー畑

ラズベリーの話題を時々しますが、
その実態をご紹介します。
隣の家と隣接している場所で、幅が狭い細長い土地ゆえに、
ラズベリーの状況を撮影しずらかったのです。
しかし、先週末に、韮崎市商工会主催の経営革新塾受講時に、
AZAZUでお世話になっているしろくまさんから、
望遠レンズをお借りしてきました。
そのお陰で、道路側から撮影できました。
コローの小道
道路の奥は、こんな感じで森の小道。
私は”コローの小道”と勝手に名付けて心の中で呼んでいます。
この雰囲気が大好きです。

ラズベリー棚
ラズベリーを植えているエリアには、
合併浄化槽があります。
塀の上は、工房建物がある敷地エリアです。
浄化槽からの養分を吸って、このラズベリーは大きく育っています。
現在、夏の収穫期を終えましたが、秋収穫期を迎える株は、実が青くたくさん。
熟すまでもう少し時間がかかりそうですが、また収穫が楽しみです。
ワクワク。
塀の上から南瓜のつるが降りてきています。実が熟すかどうか??
上の敷地のカボチャは大きくならずに成長が止まってしまいました。


無垢の木を使った手作りオーダー家具工房 活木工舎

2007年9月10日

北杜市大泉の名所

昨日、北杜市大泉町まで行ってきました。
目的の用件を済ませた帰路に、木を活かす職人の希望で
史跡谷戸城址に向かいます。
谷戸城址看板 谷戸城址にて
中に入るとかなり歩くことになりそうなのですが、女房がハイヒールのミュールを
履いていたので入り口付近で退散。
谷戸城址入り口
駐車場にあった観光案内簡易マップの看板を眺め、”トチの林”に興味が湧いて、急遽向かうことにします。

逸見神社参道1 逸見神社参道2
ポイント地点の逸見神社の駐車場に車をとめ、職人が付近にトチの林がないか探しました。
簡易マップの位置にはそれらしき場所は見当たらず、やっと見出した場所がありました。
トチの木?
でもトチの実が周辺に落ちていなし、肉眼で見ても木に実がなっている様子もなく、決め手にかけました。目的達成できず、帰宅。

インターネットで調べたら、なんと逸見神社の本殿脇にトチの大木があるようです。
思いつきで行動しても、詳細な案内図や知識がないままではわかりませんでした。いつかまた行ってリベンジしたいです。

2007年9月 8日

作業場面 ”無垢タモ材の寝椅子”(9)-組み編-

<初めて当ブログをお読みになる方へ>
7月14日から当ブログにて、お客様からご注文頂いた
無垢タモ材の木製寝椅子”の製作場面の一部を、
カテゴリー"無垢の家具製作の作業場面"にて不定期連載でご紹介しています。
今日は、その第9回目になります。
ご紹介する作業内容は、前回予告した”組み作業”の続きです。



部材を一つずつ組んでいきます。作業箇所は、寝椅子の座面を支える部分になります。
ある程度のところまで組み、最後は写真のようにスツールの上に乗って玄翁でドッドンンドンと。
nchairkumi6.jpg
組み終えたら、ハタガネで締めます。
締めている間に、座面製作にとりかかります。(その写真は後日ご紹介します)
nchairkumi7.jpg
これが今回ご紹介した箇所の組み終えた姿です。
nchairkumi8.jpg
ようやく形が見えてきたところです。


無垢の手作りオーダー家具のことなら活木工舎 にご相談ください。

2007年9月 7日

工房のひまわり報告

今年6月に工房の庭に初めてひまわりの種を4個植えました。
6月7日のブログに投稿したのですが、結局、発芽率50%でした。
息子の通っている保育園を通じて配布された種です。
配布された向日葵の種
植えた場所は、工房の敷地内東側。
道路に面したよく蟻が巣を作る場所です。特に土壌改良もせず、野放しにしていました。
ブログで発芽した姿を紹介したこともあります。
2個だけ芽が出て、昆虫に葉を食べられながらも、少しずつ成長し、開花しました。
工房ひまわり1
結果からいえば、土壌の栄養状態が悪くひまわりには、可哀想なことをしました。
それでも息子に、このひまわりを通じて、”大・小”の概念を教えることが出来ました。
工房ひまわり2
ガーベラみたいなひまわりが咲きました。種はとれるでしょうか?
現在観察中です。


無垢の木を使ったオーダー家具木工房活木工舎

2007年9月 5日

メール送受信障害のお詫び

サーバー移転に伴い、独自ドメインも移りました。
ホームページは昨日朝9時から新しいサーバーから
閲覧可能となりました。
が、
メールの送受信に障害が発生しておりました。
本日夜にサーバー管理会社側の設定ミスが発覚し、
送受信可能となりました。

ここ数日間のメールを一気に受信しましたが、
逆にこちらから送信したメールがお手元に届いて
いない連絡も頂きました。
一部送信できているメールもあったようです。

いずれにしても、皆様にご迷惑をおかけし、
申し訳ございませんでした。

今回のレンタルサーバー移転は、
独自ドメインの管理会社も移転した上で、
即実行に移りましたが、メールでの障害、MTの移行など
いろいろあり、かなり根をつめる作業でした。
7月の時は、同一企業内のサーバー移転だったので
こんなことは生じなかったので、痛みを伴う作業でした。

今日はフォームCGI設置も無事済みました。
ひとつひとつ自力で対処していく分、勉強になります。
会社勤めだと、情報管理部門のSEに任せておけば済むことですが、
自営の場合は頼りようがありません。
一つまたMT設置のこと含めて、強くなりました。
とにもかくにも、結構こういう作業が好きなのかもしれない女房です。

2007年9月 4日

お知らせ(ブログアドレス変更のお詫び)

先日からレンタルサーバー移転作業を開始し、本日ドメインが移行しました。
それに伴い、本ブログもアドレスが変更となりました。
また、移転作業を終日かかってした為、皆様にご心配、ご迷惑を
おかけしましたこと申し訳ございません。
システムの都合上、旧アドレス表示ができず、
新アドレスをご案内できず申し訳ございませんでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

近日中にリンクを貼って頂いている皆様におかれましては、近日中にご挨拶の
メールを送信する所存でございます。