2007年8月 3日

作業場面 ”無垢タモ材の寝椅子”(5)-ホゾ作り凸編-

オーダー家具工房活木工舎では、
当ブログにて、お客様からご注文を頂いた無垢の家具製作の作業場面をご紹介しています。
今回は”無垢のタモ材で作る木製寝椅子”の
製作作業を7月14日から不定期連載で、ご紹介しています。
今日は、その第5回目になります。

第4回目の前回は、ホゾ作り凹編でした。今日は、引き続きホゾ加工作業工程の凸編になります。
nchair1hozoh.jpg
ホゾのメス凹は、角ノミ機で加工していきましたが、
オス凸は、昇降盤で加工します。
この機械の製造年は、機械に添付してあるプレート部分に
その欄はあるのですが、何故か消えています。
「高級木工機械 加藤製作所 静岡市○○町○○番地」だけ読めます。
察するに何となく昭和40年代以前ではないかと…。

細かい作業になるので、家具職人の表情も険しくなります。
一歩間違えれば危険と隣り合わせの機械です。

既にホゾ加工作業を終えたものが、こちらに並べてあります。
当然ですが、ホゾ組にするために、凸凹一つずつ丁寧に加工作業をしていくので、
手間はかかります。

オーダー家具製作は、1品ずつ細かい作業の積み重ねを手作業で進めていきます。
ご注文から納品までのお待ち頂くお時間は、お客様のための家具製作をする時間でもあり、
お客様のご要望にお応えできるよう励んでおります。

コメント

今晩は
<細かい作業になるので、家具職人の表情も険しくなります>
性格ですね 雑な職人さんもみえますよ
周りもいつも綺麗で 一生懸命さが伝わります カッコいいですね

こんにちわ。
ずいぶんとご無沙汰しております。
今、工房の裏手に事務所を建築中で、その作業を見るのがとても楽しいので、
きっと、家具職人さんの作業を拝見するのも楽しいでしょうね。
モノを作れる人って本当にすごいと思います。

いつか、家具職人さんに家具を作ってもらいたいっ!!

こんにちは。
>オーダー家具製作は、1品ずつ細かい作業の積み重ねを手作業で進めていきます。
 お客様も待ってる間、ワクワクしていると思います。
 待ってるのも良い気分なのかも知れませんね。

ご無沙汰してしまいました。いつもコメントありがとうございます。体調がはっきりせず大変な日をすごしましたが、やっとパソコンにも向かえるようになりました。ブログまたゆっくり拝見させていただきます。あなたもお体お大事になさってくださいね・

こんばんは。
ようやく過労から回復しました。
ゴブサタです。
『高級IT機械 加藤製作所 静岡市』って、
加藤先生のこと?

こんばんは。
ようやく過労から回復しました。
ありがとうございました。
ゴブサタです。 
『高級IT機械 加藤製作所 静岡市』って、
加藤先生のこと?

交流会ではお世話になりました。
前の席に陣取ってしまい、申し訳ありません。
今後とも、よろしくお願いいたします。

色々物語さんへ

整理整頓好きで、几帳面な性格なので、工房は綺麗です。
でも、私は整理整頓が苦手なので、凸凹夫婦です。

牧場娘さんへ

お久しぶりです!
>工房の裏手に事務所を建築中で、その作業を見るのがとても楽しい...

工程を撮っていらっしゃいますか?きっと面白いと思います。
>いつか、家具職人さんに家具を作ってもらいたいっ!!
お気持ちありがとうございます。
そう思って頂けることが、とても嬉しいです!

あいさんへ

今日お客様がお見えになりました。
待つことをワクワク楽しみにしてくださっていた様子です。
作り手も嬉しいです。

山里の木地屋さんへ

お元気になられたようで嬉しいです。
暑さ厳しき折、ご無理なさらずに
お過ごしください。
またお邪魔させていただきます。

うめちゃんへ

やはり熱が目に…。なんて
復活されたこと、良かったです。
暑さ厳しき折、油断大敵ですぞ!!

kiaiさんへ

こちらこそよろしくお願いいたします。
席のこと、何もきになさらぬとも良いのに~。
私、遅刻して行きましたし、、、

友人達のこと入社年とかお話しできたら、何かの機会に近況ご存知だったら教えて欲しいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)